浜人ブログ

ビーチサッカーの素晴らしさを伝えます!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

気温33度 福岡県シニアリーグ vs大川シニア戦

2011年07月31日 | Weblog
左足の調子も悪く・・・戦半ベンチスタートの浜人
そんなキックオフ5分も経っていなかったのではないでしょうか・・・
右サイドから放りもまれたセンタリングをいとも簡単の合された失点
あまりにも早い失点に・・・・・ゲームプランが揺らぐ・・・・
しかし徐々にリズムを取り戻した三宅シニア
相手バイタルエリアまでは、攻め込むもののフィニッシュで終われない不完全燃焼のまま・・・前半終了

後半から浜人もセンターバックで出場
個人技の高い大川シニアのパスサッカーに、中盤からプレスをかけ奪ったら切り返しの早い攻めでゴール前に攻め込む
そんな波状攻撃に好セーブを連発していた大川GKがハンブル・・これを押し込んで1-1の同点に追いつく
しかし浜人がマークする大川6番のドリブラーにゴール前を斜めに切り込まれシュートを決められ1-2再びとリードを許してします。
ゲームは最後まで諦めずに攻める三宅と体を張ってゴールを死守した大川との内容のある試合ではあったが、昨年に引き続き負けてしまい。
残念な結果となってしまった。
コメント (5)

ビーチサッカーチャンピオン・ブラジルとのチャリティーマッチ速報!

2011年07月30日 | Weblog
SONYプレゼンツで開催されたチャリティーマッチ「苦しい日本にエールを送ろう!」の意味でブラジルはリオデジャネイロで開催されました。
何とキックオフは我らがジーコ、ここリオはフラメンゴの地元、彼はリオの永遠の英雄なのです。
そしてワールドカップを控える日本代表にとっても、ブラジルとゲームができることは、自分たちの実力を測るとともに、強い相手と戦う時の駆け引きを磨くにもいい経験となるでしょう。

そして第1ピリオッド
GKは宜野座、南米修行でレベルアップした田端やアジア予選で好調をキープした河原塚に、安定感を増した牧野と當間といったラモスファミリーを中心に、誰がピッチに立ってもしっかりとしたプレイをしてくれる、上原・新垣・鈴木に照喜名といったソーマプライア軍団、そしてMrマッチョ小田にG.CMerineのエース山内、最後に新人SPOSiCJAPANの小牧(少し緊張気味か・・・)が今回の遠征メンバーだ。

第1ピリオッド
田端のキックオフシュートでスタート
日本のプレッシングサッカーが、ブラジルにフリーでシュートを打たせない、これが功を奏してブラジルと互角の戦いを展開する日本代表
しかし、残り時間6分44秒・右からドリブルで持ち込んだブラジルの9番ダニエウ・ソウザが當間を股抜きで抜き去り、そのまま立ちはだかる宜野座も反応できずシュートがネットをゆらしてしまう。
日本 0-1 ブラジル

第2ピリオッド
日本チームはこのピリオッドから果敢に攻めだす。
左サイドを駆け上がった田端のシュートは、惜しくもブラジルの守護神マンに阻まれる。
その後小田のファウルから、ブルが強烈なフリーキックを放つが、宜野座のファインセイブでピンチ逃れる。
そのまま終わり 日本0-1ブラジル

第3ピリオッド
コイントスに勝った日本のキックオフ
スコップで上がったボールに魂を込めて蹴るのは山内
蹴られたボールは鋭い弧を画いてマンの横をすり抜けて日本1-1の同点に追いつく

が・・・・・その直後相手のシュートがバーに当たって跳ね返ったところをベンジャミンが冷静に押し込んで再びリードを許す。
その後も悪い流れが断ち切れず、ゴール前で田端がキープし、宜野座にパスしようとしたボールをインターセプトされ、シジニーに決められブラジルとの差は2点と広がる。
追い打ちをかけるように、ファウルからフリーキックをブルに決められ1-4
残り時間も5分31秒、宜野座に変わって入ったGK照喜名から素晴らしいスローがピヴォで待ち構えていた山内に収まり、そのまま振り返りざま豪快に蹴りこんで2-4と追いすがる。

しかし反撃もここまで・・・・終わってみるとシュートも数もブラジルの29に対して日本の19、この差が得点の差にも比例していると思える。
私がいつも感じるのは、ブラジルのビーチサッカーはただ単に勝つだけではなく、魅せることを多く知っていて、それを実際にプレイできるスキルと感覚の高さを持っているのが、他の国と違うということ!
日本もブラジルの良さを学び、日本らしい戦い方が出来上がれば、きっとブラジルを破る日も夢ではなく現実として見えてくるでしょう。




コメント (4)

速報!今晩20:00からビーチサッカー日本代表とブラジル代表の試合が放送されます!!

2011年07月30日 | Weblog
インターネット配信となります。
SONY BEACHSOCCERで検索してください。
王者ブラジルとラモスJAPANの魂で戦う日本の戦士達にエールを送ろう!

http://www.facebook.com/sonyxfootball?sk=app_132552313497990
コメント (5)

北信越の挑戦者へ!

2011年07月30日 | Weblog
浜人様
いつも楽しく拝見させていただいています。
私は全国大会北信越予選に出場するチームの者です。
以前のブログで関東のチームが地方大会に流れることについて書かれていましたが、今年も関東のチームが北信越大会に出場するというお話を聞いたのでコメントさせてもらいました。
関東のチームが地方大会に出場することはビーチサッカーの裾野を広げるという役割もあるのかも知れません。しかし私達地方のチームにとっては他地域から出場し全国の出場権を得られては、納得ができません。スポーツなので実力が全てかもしれませんが、これでは選手に不満だけが増えてしまいます。またその地域で活動していないチームが代表では地域に根付かないように思えます。裾野を広げるのであれば別の形もあるのではないでしょうか。
経験者や場所がない中ゼロから全国を目指そうとしているチームもあるということを知って頂きたいと思います。
本日のブログと関係のないコメントをしてしまい申し訳ありませんでした。


私も同意見
ビーチ後発の地域や北部の地域などは、どうしても体験する機会も少なく、いつも強豪同士で試合ができる環境の地域とは格差がついてしまいます。
だからと言って、普及が遅れている地域の代表が育つことを軽んじては・・・・日本のビーチサッカーの発展に歪みを生じてしまいます。
それぞれが活動している地域で戦うことこそ、自然な姿でしょう。
現時点では未だに各地域サッカー協会の判断にゆだねているようですが、私の思いとしては直ぐにでも、越境して全国大会の切符を取るような行動は止めてもらいたいものです。
又、全国大会だけが、頂点と思わないでほしいのです。
もっと楽しく素晴らしいビーチサッカー大会は、沢山あるはずですし・・・そんな大会を各地域で作ってしまうのも、地域活性化のいいチャンスになるのではないでしょうか?
サッカー協会が開催する地域予選も大切かもしれませんが、手作りの大会の中から人材も地域も育っていくと確信いしています。
コメント (5)

TASHAgee 7月24日にWILLでCDデビューしました!!

2011年07月29日 | Weblog
昨年よりビーチサッカーを応援してくれているTASHAgeeが、ついに宮崎からCDデビューしました。
※TSUTAYAなどで好評発売中
そのTASHAgeeが、8月20日のふくつビーチサッカーフェスタィバルのウエルカムパーティに、メインゲストとして出演してくれます。
彼女のデビュー曲「WILL」そしてJAPANビーチサッカーネットワーク応援曲「Stand up」など「どんなことにも負けないで!」という熱いメッセージを歌声に込めて届けてくれます。
ミニライブは8月20日(土)19:30頃~20:15頃まで ステージは福津市津屋崎海水浴場 夕日館海側の特設ステージで行います。
パーティーは大会参加者を対象としますが、ライブを観るのは無料なので、どうぞ津屋崎海水浴場へお出で下さい。
※雨の場合は、海の家で開催予定です。(この場合入場人数に限りがありますので、先着順とさせていただきます。)
TASHAgeeと共に、最高の夏の思い出を残しましょう! 皆テルテル坊主よろしく

8月21日は宮崎フェニックス・シーガイヤリゾートスクエアにて。Freedam外伝 in宮崎 楽園音楽祭に出演決定! 詳細はGAKUONユニティ・フェイス http://www.gakuon.co.jp 0985-20-7111へお問い合わせください。
コメント (2)

SUMMERCUP2011の写真をアップしましたよ!

2011年07月28日 | Weblog
裸族で~す
どうしようもない奴らですが・・・・よく働いてくれます
こんな写真もカッコイイプレイの数々もJBSNのHPにアップしました。
必見ですぞ
気に行った写真は購入もできます。
コメント (3)

三女のMIYU誕生日!

2011年07月28日 | Weblog
誕生日合わせて三女が里帰りしました。
健康で元気なのが一番の親孝行です。
コメント   トラックバック (1)

予選2戦目ウクライナとは?

2011年07月27日 | Weblog
2005年FIFAが初めてビーチサッカーのワールドカップをリオデジャネイロで開催した時にヨーロッパから参戦してのが、スペインやイタリアなどのサッカー強豪国に混ざってウクライナ?・・・・最初はビーチのイメージも無く、軽視していましたが、ウクライナの試合を実際に見ると、どこからでもシュートを打てる高い技術をもった怖い存在であることが分かりました。
もともと体も大きく身体能力は高いものがあるので、そこに技術と戦術が2005年からの6年間で積み重なっているとすると・・・・2011年も怖い存在であることは変わらないでしょう。
コメント

小野寺氏 ビーチサッカーワールドカップ ラヴェンナ参加決定!

2011年07月26日 | Weblog
FIFAビーチサッカー国際審判員で前回のドバイでも、審判として見事な働きをしてくれた我らが小野寺氏が、今回のイタリアにも参加することが決定いたしました。
日本が決勝に残ることも祈りつつ・・・小野寺氏の決勝の笛も見たいところです。
頑張れ日本 TRY HARD JAPAN 絆
コメント

ビーチサッカーワールドカップ日本の初戦 メキシコについて

2011年07月26日 | Weblog
6月2日に初戦を迎える日本ですが、まずは強豪メキシコ
ベスト4にも入ったことがある実力にあるチーム、ピヴォでキープしてから個人技でシュートまでいくか、アラとの連携で展開するのが、これまでのメキシコの戦い方でした。
日本はメキシコのピヴォをどう抑えるか!
ここに勝敗の鍵が握られていると思います。
運動量と展開力は日本の方が上と思っています。
コメント

宿毛の夕日は綺麗じぇけんの~

2011年07月25日 | Weblog
宿毛にはダルマ夕日という有名な夕日が2月ごろの厳冬の季節に見れるそうです。
そんな宿毛のことを考えながら15km走ってきました。
そして明日からは、8月から始まる芦屋や福津の大会の準備に移っていきます。
コメント

ビーチサッカーを普及するぜよ!

2011年07月25日 | Weblog
日本が世界一のビーチサッカー大国になるため、志あるものは海援隊に入るぜよ
高知の宿毛でも坂本竜馬の人気は凄いですね
コメント (2)

最後に宿毛市中西市長とアグレッソ山口で記念撮影

2011年07月24日 | Weblog
大変素晴らしい1日でした。
これからビーチサッカーが宿毛に普及することを期待しています。
コメント

ゲームも各カテゴリーに分かれて行いました。

2011年07月24日 | Weblog
本当に宿毛にはサッカーが根付いていることを感じました。
良い指導者にも恵まれて、子供達もノビノビと育っているようです。
コメント

宿毛もビーチクリーンを行うことからスタートしました。

2011年07月24日 | Weblog
みんな一生懸命ゴミ拾いをしてくれました。
コメント