Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

新卒ですぐに勤めた病院では、その

2017年12月31日 | 日記
新卒ですぐに勤めた病院では、そのハードさと人間関係に参ってしまって逃げるように辞職し、看護師は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。


さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、「転職しよう」と決めたのです。


決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。


ネットに頼ったり、本を買ってきて参考にしたりして試行錯誤を繰り返しながら、とにかくなんとか書けましたけど、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、なんでも自分自身で決定し、責任をもってやっていかなきゃ、ということが当たり前の事ですが、やっと実感できたのです。


病院などで看護師という仕事に就いていると、やはり辞職を考えることも往々にして起こります。


仕事自体で間違ってしまうことや心ない患者さんの発した言葉に傷ついたりといろいろです。


しかしながら、やりがいを感じたり、仕事を続けていきたいという風に思う日も多いです。


先輩からの励ましや優しい言葉など、いろいろな方に支えられながらやってこれていることを感じています。


看護専門職が職場を移る根拠としては、看護技術をさらに磨きたい等、意欲的なものにすると好印象です。


以前の上司や同僚ととそりが合わなかったとか、賃金や労働時間などが実際の仕事に見合わなかったとかの、デメリットがきっかけだと先方に伝わると、相手側の心証を悪くしてしまいます。


それがいくら事実であろうとわざわざ報告するにはおよびませんから、建設的にキャリアを積もうとしているということを告げるようにして下さい。


看護師が上手く転職するためには、未来のことを考え迅速に行動を起こす必要があります。


また、どんな点を重視するのかを決めておく方がいいでしょう。


将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、そのビジョンに合致した転職先の情報を集めてください。


給与額とか職場環境、勤務形態など、自分にとって重要な条件も数え上げておきましょう。


実際の看護師資格取得の難易度はどのくらいだと思いますか?調べてみると、看護師国家試験の合格率は90%前後となっています。


試験内容も、学校で勉強しておけば十分に合格できるものですので、特別に看護師の資格を取るのがものすごくキツイということもないみたいです。

新卒や既卒で看護師としての就職先が

2017年12月31日 | 日記
新卒や既卒で看護師としての就職先が見つからずに失敗が続くという場合、年齢が原因になっている可能性があります。


一般的に、求人には年齢制限の記載がない場合がほとんどですが、事情によっては病院側が独自に採用に関する制限を決めている場合があります。


中でも、30歳以上で未経験の場合、相当な努力が必要になると思います。


看護師の資格を取得するには主に二つあり、看護大学と看護専門学校がそれです。


授業の内容などはそこまで変わらないのですが違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と貰えるお金の面でも、専門卒よりやや良いでしょう。


その一方で、専門学校のいいところは何かというと、大学より安い学費で学べて、実習をすることに重きを置いているので実習を生かして、即戦力となれる場合が多いことです。


私の知人は看護師として病院で働いていたのですが、病気を治療するため看護師を辞めました。


ですが、病気が完治すると早速現場に戻って、医療施設で看護師として今も元気に働いています。


多少のブランクでも、有利な資格があればそこまで苦労なく復帰できますね。


再就職に苦労した経験があるので、資格を取っておけばよかったと思っています。


看護師をするきっかけとして重要な理由の一つに「給料が高い」ということがあります。


例えば、一年目の給料で見てみても同世代の新入社員と比較して多くもらえていることがわかると思います。


そうはいっても、このようにして高収入を得ているのですから、その分、研鑽に励み、患者さんに返していかなければなりません。


仲間同士でだけ意味の通じる業界用語、看護師の世界にもそれはたくさんあり、例として「エッセン」というものがありますが、なんだかおわかりでしょうか。


この言葉の意味は、食事休憩をとります、というものであり、仕事中の他の勤務者に、特定の意志を伝える隠語のような役割を持ち使用している現場は多いようです。


ちなみにエッセンとは何かといいますと、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。


この業界では昔、ドイツ語の単語や用語が多く使われていましたので、それが今まで細々と生き残って現在に至っても普通に使用されているようです。

一口に看護師と言っても、部署が違えば、看護師として

2017年12月30日 | 日記
一口に看護師と言っても、部署が違えば、看護師として必要になる技術や処置もまた違います。


ローテーション研修は、看護師にとってひとつだけの部署では学ぶことの出来ない幅広い技術を修得できるチャンスです。


また、いち看護師として視野を広くして物事を捉えられるようになり、知識を深められるでしょう。


今後どうなりたいかという希望を見付けることになりますし、モチベーションが湧いてきます。


いま日本においては、経済連携を強化するために締結されたEPA(経済連携協定)に基づいて、東南アジアのインドネシアやフィリピン、ベトナムから来る外国人看護師候補生という方々を受け入れています。


とは言え、日本語で作製された看護師の国家試験を受験し、もしも、3年以内に看護師になれなければ帰国しなければならないと決まっています。


働きつつ、日本語の習得に励み、なおかつ、国家試験に受かるために勉強をしないといけませんから、大変シビアであるようです。


医師の仕事と看護師の仕事の間の、二つの職業の差異はどこにあるのでしょう。


端的に言えば、医師とは、病気にかかった人の診察や治療、健康を維持するためのアドバイスをしたり適切な薬を出すことが主な業務とされます。


それに対して、看護師は、必要に応じて医師が出す指示の通りに、医師が行う診療の補助を行い、患者の看護を行います。


看護師として患者から信頼してもらうためにも、看護師は服装や外見を意識しておく事を忘れてはいけません。


中でも、女性の看護師は派手なメイクは避けてTPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのが一番です。


ノーメイクという訳でもありませんから、患者に与える印象もまた違ったものになるでしょう。


看護師と言えば、大きなやり甲斐を感じながら働ける仕事の一つであるのは確かですが、この仕事ならではの悩みもまた、大きいようです。


挙げるとキリがありませんが、まず仕事のハードさは言うまでもありません。


そして、職場にいる時間は長く感じる上に、交代制で不規則であり、何より医療現場という特殊な職場で、受けるストレスも相当のもので、そういった空気がスタッフ同士の小さなトラブルを生むこともあるでしょう。


そういったことをわかった上で、看護師という仕事を目指そうとする人が大勢いるというのは、そういった面をプラスマイナスゼロにしてもいいと思えるくらいに良い点がたくさんあるということなのでしょう。

看護師の国家試験は、年に1度開催されます。看護師の人

2017年12月30日 | 日記
看護師の国家試験は、年に1度開催されます。


看護師の人数の不足が深刻になっている日本にとっては良いことに、ここ数年における看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを推移しています。


看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準をパスできれば合格できる国家試験です。


一般的に、看護師の休みは、働いている職場でそれぞれ異なるようです。


その中でも、3交代制での勤務形態の場合、シフトのスケジュールに沿って勤務しますから、休日や出勤日が変則的なこともよくあります。


むしろ、休日を好きに設定できるというメリットがあるので、上手く活用して、平日に旅行に行く人もいるようです。


学校は看護学校を卒業しました。


そして病院勤めが始まったのですが、いろいろとあって辞めることになりました。


辞める時には、自分にはもっと向いた仕事があるかもしれない、などと迷ってしまったのでした。


でもよくよく考えてみて、どうしても自分にはこの仕事しかない、と思えたので、「転職しよう」と決めたのです。


それはいいのですが、履歴書の書き方でかなり手を焼きました。


頼りになったのはネットの情報でしたが、あと本も参考にしたりして試行錯誤を繰り返しながら、とにかくなんとか書けましたけど、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、自分で考えて結論を出し、行動しなければならないのだ、と理解できて、いい勉強になったと思っています。


看護師の仕事は、病棟勤務と外来勤務で大きな違いがありますが、外来勤務は基本的に日勤だけとなります。


子育て中の人には、子供を昼日中だけ預けられればいいので働きやすいでしょう。


それから病棟勤務と違って、外来勤務では、土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。


夜勤もありません。


勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは病院による訳ですが、人気のある診療科や医師のいるところでは大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、その対応にかなりの時間を取られることになるでしょう。


外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかは病院や、診療科によっても違います。


近年、相次ぐ病院の統廃合によって医師不足あるいは看護師不足が叫ばれています。


日勤だけでなく夜勤でも働いて、不規則な毎日を送りながら急患にも応じなければならないので、たくさんの看護師が大変な激務の状態にあるということです。


少しずつ看護師を志す男性も増えてきてはいますが、今のところはまだ女性の仕事という状態なので、ストレスに悩まされたり、トイレに自由に行けず便秘になってしまう看護師も多いというのも分からなくはない話です。

看護師に階級があるのをご存知ですか?一番階級が

2017年12月29日 | 日記
看護師に階級があるのをご存知ですか?一番階級が高いのは、病院によっても違いますが、多くの場合は総看護師長や看護部長と呼ばれている人たちです。


階級を上げる方法ですが、その病院での勤務を長くするなど、一目置かれ、認められるような存在になることが重要でしょう。


当然ですが、階級が高い程、高い収入を見込めます。


病院では普通、看護師が注射や採血を行います。


好んで注射や採血をしてもらうような人は少ないと思いますが、どうしても打たれなければならないなら、痛くないよう、上手に打ってくれる看護師にしてもらいたいのが人情でしょう。


とはいえ、注射をするのも個人の技術の如何によってしまいますから、注射が得意な人と不得意な人がいますから、場合によっては下手な看護師に処置されることもあるでしょう。


こればかりは個人でどうにかできる事ではないので、諦めて気持ちを切り替えた方が良いでしょう。


看護のスペシャリストであり、様々な役割を期待される看護師は慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。


そんな訳で、もしも職場を変えたい等を望むなら、それはかなり容易なはずで、少し念入りに求職活動を試みれば、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。


幸い、ネット上を少し見てみると専門的に看護師の求人などを支援するサイトも豊富にあるようですので、活用しつつ、ぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。


ドラマのようには上手くはいかないのが看護師の仕事です。


普段から大変な仕事量をこなしているところにさらに、決められた労働時間以外の業務もあったりして残って仕事をしなければならないことがよくあります。


ですが、いかに多忙で、疲労困憊でも、患者さんやご家族に対しては笑顔でいなければなりません。


つい先ほどまで愚痴をこぼしていたとしても打って変わって笑顔になるのです。


看護師は女優顔負けだなと感じてしまうことさえあります。


たいていの場合、看護師の人間関係は良くないと、当たり前のように囁かれたりしていますが、看護師の世界は女の世界だから、というのがその大きな理由とされているみたいです。


なにしろ、女性はすぐにグループを作って何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、女性ワーカーの多い職場だと、何か独特の雰囲気が漂います。


職場がそんな人間関係ばかりだと少なからず嫌悪感を覚えることもあるでしょうけれど、そうなってしまうのも、女性の多い環境ならではのことだと達観しておくのが良いでしょう。