Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

日本での看護師の年収は平均すると、43

2017年11月30日 | 日記
日本での看護師の年収は平均すると、437万円くらいです。


ただ国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務のため年収は平均すると、593万円くらいになります。


公務員看護師は給与の上がる割合も民間の病院より高く、福利厚生の面でも充実しています。


準看護師の場合、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。


看護師は、何年も勉強し、実習を重ねてきた資格職ですから、仕事にあぶれる心配はなく、転職も難しくありません。


結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといった単に私事からの転職もよくあるものの、人によっては看護師としてのスキルをあげるために、転職を志す場合もあります。


こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ転職そのものが危ぶまれます。


今よりもっと専門的な看護の知識を得たい、とか、小規模な病院では引き受けることのない、高難度の治療に関与したい、など積極性を感じられる理由を挙げたいところです。


意外に思うかもしれませんが、病院外の看護師の仕事場として保育園もあるのです。


保育園を職場にするのは、育児の経験があったり子供の世話が好きな方は適任の職場だと言えます。


病院とは違って、保育園での看護師の仕事は園児の体調管理と共に、子どもの相手をするなどして保育士の補助をする必要不可欠な仕事なのです。


高い給料をもらっている看護師でも、更なる収入を求めて、副業に精を出す人もいます。


病院以外の働き口も看護師には多く、人間ドッグや健康診断のサポート、団体旅行に同行するツアーナースなど短期や単発の仕事が探すとたくさん出てきますから、うまく休みを使えば、Wワークで稼ぐことも結構、簡単にできるのです。


しかし、メインの方の職場で休みをきちんと取らせるためにも、Wワークを禁じているところはありますし、そもそも看護師の仕事そのものがかなりきついものですから、収入のためとはいえ、無理をしてはいけません。


収入の話になりますが、看護師という職業は、主に女性が担う一般の職に比べ、相当高めの給料をもらうことできます。


特殊な、医療現場という場所での労働ですし、各種手当、例えば夜勤、残業につく手当もきっちりもらえるから、ということです。


どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか仕事の虫で、残業も苦にならないといった看護師の場合、体を張った分、相当高額に達しているでしょう。

看護師は、患者と関わらねばならないため、髪形にも

2017年11月30日 | 日記
看護師は、患者と関わらねばならないため、髪形にも配慮しなくてはなりません。


いち看護師として、病院内で自己主張が過ぎないように留意しながらも、清潔感を重視した髪形を選ぶことが良いと思います。


職場の環境によっては、ヘアスタイルの規則の厳しさが違う場合があることを覚えておきましょう。


ドラマのようには上手くはいかないのが看護師の仕事です。


ハードな通常業務だけでなく、業務時間以外にも仕事が多くあり、時間通りに帰れないということはよくあるのです。


とはいえ、いかに多忙で、疲労困憊でも、笑顔で患者さんやご家族とは接しています。


さっきまで愚痴っていた人がぱっと笑顔を作れるのですから時々、看護師は女優みたいだなと思うことがあります。


看護師国家試験に受かるよりも、断然に看護学校を卒業する方が難しいことだという人もたくさんいます。


看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートの提出が遅れたりテストに通らなかったといったちょっとしたことで留年してしまうようです。


それほど厳しい学校を卒業し、国家試験も見事に合格した方にはできれば、看護師の職についてもらいたいですね。


働く看護師の休日に関してですが、働いている職場で各自違うようです。


とりわけ3交代制が敷かれた職場ですと、シフトを組んで働きますので、休日出勤や平日休みも珍しくありません。


一見大変そうなシフト勤務ですが、職場の環境によっては、希望する休日のシフトを組むことも可能ですから、そういう意味では働きやすいと言えますね。


看護師の国家試験は、年に1度開催されます。


看護師の人数の不足が深刻になっているわが国にとっては良いことに、直近数年において看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準を保ち続けています。


看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格可能な国家試験です。

看護師の職場といえば、病院と想像

2017年11月29日 | 日記
看護師の職場といえば、病院と想像するのが一般の考えでしょう。


しかし、看護師の資格を活用できる職場は病院の他にも色々とあります。


保健所で保健師の方と連携して、地域の住民の様々なヘルスケアをするのも看護師の職務です。


それと福祉施設には医師常駐のところは少なく医療行為の大半を看護師がやります。


医療のスペシャリストである看護師が必要な施設というのは、病院だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。


どういったところかというと、グループホームという介護施設です。


こういったところでも看護師は必要とされています。


このグループホームにいるのは、認知症患者の方であるため、十分留意したうえで関わらなければなりません。


介護の分野に関心があるという看護師は、一つの選択肢として、グループホームで働くというのも考えてみると良いでしょう。


一般的に、看護師は離職率が高いです。


そのため、結果的に転職率が高いと言えます。


ですので、看護師だけを対象にした転職サイトなども多くあります。


こうした看護師専用の転職サイトであれば、さらに効率よく希望に沿った求人を探すのが容易に出来ますから、仕事で忙しく働く看護師にはうってつけのサイトです。


それぞれの転職サイトで求人の傾向や強みが違いますから、こうした転職サイトをランキングにしたサイトを合わせて活用すると、さらに便利だと思います。


学校卒業後、ずっと同じ病院で勤務していますが、気がついたことと言えば、看護師はタバコを吸う人、アルコールを好む人の割合がかなり多いように思います。


タバコが有害という認識が広まったこともあって、少しずつ看護師の世界でも喫煙する人は減ってきたようですが、まだまだ、喫煙率の高さは群を抜いているかもしれません。


また、お酒の席での看護師たちの酔いっぷりといったらまあ、お察しの通りです。


ちなみに酒豪が多いです。


そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。


ただ、健康には気をつけてほしいです。


国民の四分の一ほどが高齢者、それほどに高齢者人口が増えたこともあって、着実に病院を利用する必要のある人たちが増えていっています。


ということは、看護師に関してもどれだけいても足りないという程、看護師が足りなくて困っている、という病院はたいへん多いのです。


でも、人手が足りていないというのなら、それは、求人募集がとても多いということでもあり、転職先に困ることはない、という良い面もあるのです。

病棟勤務の看護師として働いてい

2017年11月29日 | 日記
病棟勤務の看護師として働いている者ですが、ちょっと気になることがあって、看護師というのは喫煙をする人、アルコールに強い人が多いようなのです。


タバコが有害という認識が広まったこともあって、ヘビースモーカーの看護師も減ってはいますが、やはり、他職業と比べたら、相変わらず喫煙率は高いです。


それから、たまにあるお酒の席などで見られる、看護師たちの酔い方、といいますか、酔態は阿鼻叫喚とは言いませんが、そこに白衣の天使はいません。


そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、なるべく発散できるといいな、と思いはするのですが、身体にはくれぐれも気をつけてほしいところです。


実際の看護師資格取得の難易度はどの程度だと思いますか?看護師国家試験の受験生の合格率ですが、90%前後となっています。


内容も学校でしっかりと勉強していれば難なく合格できるものですから、これといって取得が難関な資格という訳でもないようです。


看護師が転職をするにあたっては、未来のことを考えて早めに行動を起こすことが大切です。


それから、どんな点が大切なのかを決めておくことをお勧めします。


将来の自分の姿を明確にして、その希望に沿った転職先の情報を集めるようにしましょう。


給与額とか職場環境、勤務形態など、自分にとって重要な条件もリストアップしておきましょう。


もし、看護師が外科を勤務先として選択した場合の長所と短所を知っておきましょう。


これから手術を受ける患者や手術を受けた後の患者の看護を行うことによって、スキルアップに繋がります。


考えられる短所はといえば、一人の患者を担当出来る期間が術前術後に限られることが多いこともあり、長い間落ち着いてそれぞれの患者の経過を診ていくことが出来ないという点です。


病棟勤務に就いている看護師の勤務形態ですが、2交代制や、あるいは3交代制の形で誰もが夜勤を経験します。


夜勤中の業務については、日勤の場合と比べると現場から医師や看護師も減ってしまいますし、そうやって人がいなくなった夜中にナースコールが鳴りやまない、重体患者の容体が悪化したなど、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。


もちろん通常業務もおろそかにできませんから、結果として夜勤の作業量は、日勤のそれを上回ることになります。

看護師がどんな風に思われているかとい

2017年11月28日 | 日記
看護師がどんな風に思われているかというと、白衣の天使という呼称があるほど、往々にして、好印象を持つ人が大半でしょう。


けれども、昨今の看護師の働き方の実情を鑑みると、収入としては決して少なくはありませんが、なかには夜勤や長時間残業の看護師も多くいるのです。


たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、看護師が実際どのような働きをしているのかを知ってほしいと思います。


昔から看護師さんになるのが夢でした。


ですが、家庭の事情があって会社勤めをしていました。


ですが、看護師の夢を諦めきれませんでした。


資格を持たないまま看護関係の仕事に転職するということも出来たのですが、夢をかなえるためにも資格の取得を考えていました。


すると、医療の現場で看護助手としての仕事をしながら看護師の資格が取れる方法があると分かりました。


諦めかけていた夢を叶えられる道があると分かって、やる気が出てきました。


看護師は給料が良いことで知られているものの、実はその金額はどこで働いているかによって、大きく額が異なります。


個人病院、大学病院、公立病院など勤め先はいろいろあります。


看護師が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、国立や公立の医療機関の場合は、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。


翻って個人病院の状況ですが、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、どうやらその辺は、トップの胸三寸といったところがあるようです。


公立病院に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。


他はそうとも言えない、ということになるでしょう。


高い給料をもらっている看護師でも、より稼ぎたいということで、Wワークを始める人も意外に多いです。


病院以外の働き口も看護師には多く、ツアーナース、健康診断のサポート、その他いろいろと単発の仕事や、短期の仕事もたくさんありますので、休日を利用してWワークをしたければ、できてしまいます。


しかし、メインの方の職場で副業を禁止、としていることもあります。


また、第一、本業の看護師としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。


看護師でも転職回数が多いとマイナス評価となるのかというと、必ずそうだとは言うことができません。


自己PRをうまくできれば、経験が多くあり、意欲的であるという印象にもっていくことも可能でしょう。


とは言っても、勤務の年数があまりにも短いと、雇っても少し働いたら辞めると考えられてしまうこともありえるでしょう。