Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

事務的な手間はかかるものの、それ以上にメリットの大

2016年01月31日 | 日記
事務的な手間はかかるものの、それ以上にメリットの大きい看護師の能力評価ですが、実行している病院がほとんどのようです。


看護師個々の、今現在持つ能力がどれほどのものか測定し、評価をつけられるよう、きちんとした評価基準を作っているところも多いです。


月毎に、こうした能力評価を行なう所があったり、一年分、年に一度だけ行う所も多いということです。


自分の能力評価を受け続けることで、以前と比べて良くなった点、次回に上げたい評価項目などを決めて仕事に反映させることができますから、自分の仕事に正しい評価を得られる喜びもあり、現場では好評のようです。


国家資格を有した正看になるためには、看護課程の専門学校や大学を卒業するのが条件です。


そもそも、卒業が受験資格になっているのです。


とはいえ、看護の専門学校は人気があって倍率がかなり高いため、こうした専門学校に合格するための予備校があるほど、難関なのです。


准看として働きながら正看の資格取得をめざすならば、通信過程で学べる学校がいくつかあるので、こちらを利用してみましょう。


看護師の勤め先といえば、病院と想像するのが一般的でしょう。


しかし、看護師の資格を使える職場は病院以外にも多々あります。


保健所では、保健師と連携し地域の住民の様々なヘルスケアをするのも看護師の仕事です。


また福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく医療行為は看護師が行うことが多いです。


看護師のためだけの転職サイトには、祝い金をくれるところがあります。


転職するだけなのにお金をもらえるのは嬉しい気持ちになりますよね。


けれども、祝い金を出してもらうためには条件がほとんどの場合にありますから、先にチェックしておくようにした方が吉です。


それに、お祝い金がもらえないサイトの方が充実したサポートを提供している場合も少なくないです。


産業看護師とは、従業員が健康に仕事に従事できるように保健について指導したり、鬱病防止のメンタルケアも行います。


産業看護師は求人の公開が一般にされていませんから、ハローワークなどで見つけるのは無理かもしれません。


興味がある場合は看護師転職サイトを活用してください。


そういったサイトでは、産業看護師の求人もたくさん掲載されています。

病院で看護師としてフルで働く場合、夜勤で働くことからは

2016年01月31日 | 日記
病院で看護師としてフルで働く場合、夜勤で働くことからは逃れられないといっても過言ではなく、子持ちの看護師からするとかなりの悩みどころとなっている場合が多いです。


小学生になる前の子供だったら、24時間保育を実施している保育所を利用したり、院内の託児室の利用で対応することもできるのですが、小学生になると預け先がぐっと減ってしまうという問題が浮上します。


そういう理由でやむを得ずパートで勤務を続けるという看護師の方も相当数いると思われます。


ハードワークで知られる看護師ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。


特に病棟勤務の場合ですと、重症患者さんもいて急変がいつ起こってしまうのか予測ができませんし、必要な人には、身の回りの世話や手伝いといったことも看護師が行います。


急に手術の予定が入るようなことはしょっちゅうですし、少ない人員で仕事を回している夜勤業務の時間に幾度もナースコールが鳴り、駆け回ることもありますし、気の休まる時間はないくらいゴタゴタする夜を過ごすこともあります。


24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として看護師があります。


勤務先が外来病棟であれば、勤務時間が決まった日勤になる事もありますが、一般的には病棟の方が必要な看護師も多いので、まだ経験が浅ければ、シフト勤務は避けて通れないと思います。


妻が看護師としてシフトに入っていましたから、特に夜勤の夜は、子供がなかなか寝付かず大変でした。


看護師は、何年も勉強し、実習を重ねてきた資格職ですから、仕事にあぶれる心配はなく、転職も難しくありません。


きっかけが結婚や出産だったり一個人のライフステージが変化することによる転職もよくみられますが、中には、自らの看護師スキルをさらに向上させる目的の転職を考える人もいます。


こういった動機で転職しようとする際は、明確な志望動機が必要で、そうでないと転職させてもらえないことだってあるかもしれません。


もっと多くの経験を積むために総合病院を希望したい、公立病院が担うような、救急の患者の看護に挑戦したい、などといった積極性を感じられる理由を挙げたいところです。


入院施設のある病院に勤める看護師は、絶対に夜勤が必要になる職業です。


実際、夜勤はどのようなシフトで動いているかというと、勤める病院が2交代勤務か3交代勤務かによって変わります。


主に2交代制勤務のシフトでは、夜勤が17時間(休憩含む)と長いです。


一方の3交代勤務では勤務時間は短くなりますが、同時に休みも短くなって厳しいスケジュールに追われる傾向にあります。


応募する病院が2交代と3交代のどちらの勤務形態なのか調べておきましょう。

日本全国の看護師の年収は平均して437万円ほどです。し

2016年01月30日 | 日記
日本全国の看護師の年収は平均して437万円ほどです。


しかし国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員としての勤務であるので年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。


公務員看護師は給料UP率も民間の病院より高くて、福利厚生の点も充実しています。


準看護師の場合であると、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。


看護師がかぶっている、いわゆるナースキャップ。


あれは看護師になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。


よく料理人が帽子を被っていますが、それ以上に意味を持つものといえるかもしれません。


しかしながら、ここ数年の間に看護師のユニフォームも変わりつつあり、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。


特別な意味がない、ただ髪をまとめるための制服の一部と化してしまうのはちょっとさみしくも感じられますが、これも世の中の傾向なのでしょうね。


転職を希望する看護師の、その理由を聞いてみるといろいろな答えが返ってきます。


働く看護師が不足している病院などいくらでもあって、結果として、求人が大変多いわけです。


今、働いている仕事場ではどう考えても給料が労働に見合わなかったり、人が少なすぎて全然休むことができない、というように、看護師が転職を希望するようになったわけは多様です。


そして、今より良い環境を求めて転職したいのでしたら、できれば給料とか労働条件だけではなくて、そこの評判や噂なども知ることばできれば、なお良いでしょう。


病院で病棟勤務に就いている看護師なら12時間交代の2交代制、8時間交代の3交代制によってもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。


日勤と違って夜勤は人手がだいぶ減ってしまい、それなのに、夜半に眠れない、熱っぽい、腹痛がする等、担当患者から訴えられたり、通常の業務外に、対応するべき案件がとても増えます。


そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、大体いつも、日勤より多くなるようです。


看護職員の方が仕事場を変える手段としては、最近ではインターネットを利用するのがメジャーとされるようになってきています。


看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスに相談すれば、無料ですし、見たい時に、見たい場所で最新オファーを閲覧できます。


転職活動が実を結ぶようにするには、多角的に検討するのが鍵ですので、仕事を変えようと思ったら先延ばしにせずクリックしてみてください。

新しい看護師として、初めて病院で働くことになった際に、

2016年01月30日 | 日記
新しい看護師として、初めて病院で働くことになった際に、自分がどこに配属されるか、というのは少々心配かもしれませんが、100パーセント希望通りにしてくれることもありますが、そこで人事を引き受ける人の見解により、決められてしまうこともあるでしょう。


人員配置については、病院側の持つその人のデータから、そこが適任だと評価され、検討された結果であることがほとんどでしょう。


ただし、配属されて、どうしても違和感や不満などが治まらない時は、指導に当たる人や上司にそれを伝え、配属理由について聞いてみてもいいでしょう。


働く時間も休みも不規則な看護師の仕事ですが、一応、土日祝日を休みにするようにもできます。


病棟勤務だから昼も夜も週末も関係なく働くことになる訳で、外来勤務に変えると、基本的に土日は休みになります。


予定にない急な出勤や、たまに休日診療の当番に回ることもあるにはありますが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。


そして、入院施設がなく、個人経営の病院に勤めると、大抵の場合は土曜、日曜、祝日は、お休みです。


国家資格を有した正看になるためには、専門学校や大学で看護を学び、しっかりと単位を取って卒業するのが必須です。


卒業できなければ、試験の受験資格がありません。


とはいえ、看護の専門学校は人気があって倍率がかなり高いため、これらの学校に入学する事を目標にした予備校に通って勉強する人もいます。


准看護師に限らず、働きながら正看護師の資格を取ろうとする場合は、通信で学べる学校もありますから、働きながら勉強することが出来ます。


産業看護師は健康に働けるように従業員に保健の指導や鬱病防止のための精神的な部分のケアも行うのです。


産業看護師は求人の公開が一般にされていませんから、職業紹介所で見つけるのは無理かもしれません。


興味のある方は看護師専用の転職HPを利用してください。


看護士転職サイトには、産業看護師の求人なども頻繁に載っているでしょう。


看護師は、他業種と比べても給金は良い方ですが、それでも、もっと収入を得たいと考えて、Wワークに挑む人もいます。


看護師の資格を持っていれば、ツアーナースやイベントナース、健康診断、人間ドッグのサポートというようなその時だけの単発の仕事や、期間限定、短期集中の仕事もあるため、Wワークをしようと思えばできるのです。


しかし、メインの方の職場でWワークを禁じていることがあったり、第一、本業の看護師としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、体に無理をさせてまで副業をするのは、決しておすすめ致しません。

看護師になろうと思っていました。でも、事情があって就職を選んでしばら

2016年01月29日 | 日記
看護師になろうと思っていました。


でも、事情があって就職を選んでしばらくOLとして会社に勤めていました。


しかし、看護師になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。


資格を持たなくても就ける看護の仕事に転職する事も出来ますが、夢をかなえるためにも資格の取得を考えていました。


すると、現場で看護助手として働くと同時に看護師の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。


夢だった看護師の道が開かれて、前向きな気持ちになれました。


看護士と看護師、発音は当然同じですが、漢字だと、こうして二種の字で表せます。


少し前までだと、「看護士」が男性、看護婦は女性と明確に分けられていました。


それが、2001年に法律が改正され、男性を指す時も、また女性を指す時も使用可能な看護師という呼び方にまとめられることになったわけです。


この職業を選んだ人にとっては大きな利点ですが、看護師というのは常に人手を探しているところもある程、需要の多い職業です。


そんな訳で、もしも職場を変えたい等を望むなら、それはかなり容易なはずで、その際に気を付けてさえいれば、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。


近頃ではインターネット上に転職や求人を看護師に特化したサイトがたくさんありますから、活用しつつ、ぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。


人材として需要が高いため、看護師は転職しやすいです。


することはまず、求人を探し、転職希望先に履歴書を送ります。


履歴書による書類選考に通ったら、雇用する側との面接になるでしょう。


面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての話をしたり、また質問されたりもすることになりますが、実務的なことの他に、職場仲間として適応できるかどうか、性格や人間的なところも注視されていることを、知っておきましょう。


看護師としての能力に加えて、人としての良い部分もわかってもらえれば、かなりポイントは高いはずです。


様々な病気を患い心細い患者にとっては笑顔で患者一人一人を支えてくれる看護師は、時には医師よりも信頼が持てる事もあります。


ですが、その労働は過酷なものであることが多いのです。


具体的には、多くの覚える事や確認作業など、命にかかわる仕事をいくつもこなす必要があるため、優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。


このような仕事のストレスで、こころの病に侵される看護師も意外と多いのです。


性格的に、真面目で責任感が強いと言われる方やストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。