Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

高い給料をもらっている看護師でも、より高い収入

2017年11月18日 | 日記
高い給料をもらっている看護師でも、より高い収入を得ようと、Wワークに励む人は少なくありません。


一般的なほかの職業とは違って、ツアーナースやイベントナース、健康診断、人間ドッグのサポートというような単発の仕事や短期の仕事も、正によりどりみどりで、本業の休みの日を使ってWワークというのも、体力さえあればやりやすいようです。


ただ、本業の医療機関において副業を禁止、としていることもあります。


また、何と言っても、看護師の仕事そのものが大変な激務なので、無理をしてまで副業を行うのは、感心できません。


看護師の職業は、白衣の天使と呼ばれることもあるくらいですから、往々にして、職業的なイメージは悪くないという人が大半だと思います。


とは言え、看護師の現状はというと、給料としてはまあまあもらえてはいるようですが、実際は夜勤や長時間残業をしている看護師がたくさんいます。


たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、現実問題として看護師の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。


ナースが仕事を変えるに当たって窓口としては、今はネットサービスを役立てるのがマジョリティと言えるようになってきました。


看護職員にフォーカスしたウェブの求人サポートの利点を生かせば、出費もありませんし、見たい時に、見たい場所で最新オファーを確認することができるのです。


華麗なる転身のためには、たくさんの情報に触れて吟味するのが肝心ですから、違う職場を見てみたいと思ったら早速会員になりましょう。


国家資格を有した正看になるためには、看護課程の専門学校や大学を卒業するのが必須になります。


看護師試験の受験資格が看護課程を卒業していることなのです。


しかし、専門学校や大学は倍率が高く狭き門になっています。


ですから看護学校受験のための予備校も人気があるのです。


もう准看として働いている人が正看を目指す場合は、看護学校の通信課程もありますから、働きながら勉強することが出来ます。


夜勤は看護師にとって避けられるものではありませんが、体の健康を害してしまうのであれば、日勤のみという条件で転職するのも間違いではありません。


でも、注意点ですが、夜勤の際の深夜労働手当てが支給されないので、どうやっても夜勤のある看護師と比較して給料の額が減ってしまうことがほとんどです。


今後の人生設計や体調を考えて、年収が下がっても、転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 基本的に定休制の会社員とは... | トップ | 看護師の人間関係は、構築が難し »