Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

ほとんどの病院では、看護師長の主な仕事内

2017年11月16日 | 日記
ほとんどの病院では、看護師長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、それぞれの看護師に指導したり、看護部長の手伝いをするなど、一般の会社組織においては課長職に近いものです。


課長職といっても年収も中小企業と大企業では全く違うのと同様に、看護師の収入も、勤めている病院の大きさで違ってくるのです。


他にも、公立病院と民間病院の差や、都会や田舎といった地域差も年収に影響しており、ついでに言えば、最も高額と考えられるケースは公立病院に勤めた場合で、750万円位だと想定されます。


年々志望者の増える看護師ですが、この職業につくためには、そのための学校、看護専門学校や短大、大学といった機関で勉強し、その上で国家試験を受け、合格してやっと看護師になれます。


この試験は毎年、ほぼ例外なく合格率9割前後をキープしているということで、在学中きちんと勉学に勤しんでいた学生にとっては、そう難度の高いものではないということです。


そして、看護師を育てる専門機関は看護専門学校や短大など、いくつかありますが、今日では、幅広く勉強できて、関連資格の取得もしやすい4年制大学に進む人がどんどん増えてきている現状があります。


医療機関、それも病棟に勤務する看護師であれば2交代制や、あるいは3交代制の形で夜勤勤務に従事することになるはずです。


なくてはならない夜勤業務ですが、人手がだいぶ減ってしまい、また、夜中になって眠れない、熱っぽい、腹痛がする等、担当患者から訴えられたり、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。


そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、おそらく日勤を超えるでしょう。


一般的に看護師の職場というと病院を思い浮かべますが、その病院といっても複数の科を持っている総合病院から、地域の町医者まで規模は様々です。


意外なところでは、介護施設や保育園も看護師の職場です。


それぞれの会社で給料が変わるものですが、その点は看護師にも同じことが言えます。


町医者と総合病院とでは、どうしても貰える給与に違いがあるのです。


これらの事を考慮すると、看護師として働く人の平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。


仕事をし続けていると不満や悩みが出てくるものですが、看護師で多いものは、対人関係の問題や不規則な勤務形態です。


どうしても、女性が多い職場になると、モラハラや職場いじめがあったりと、ドロドロした人間関係がつくられているような職場も多いのです。


夜勤が多い勤務形態もストレスになるでしょう。


あまりにも問題の多い職場ならば、心機一転で転職し、人間関係も良く日勤で働ける職場を探すのもアリだと思います。

将来を見据え、キャリアアップのため、転職をする看護師

2017年11月16日 | 日記
将来を見据え、キャリアアップのため、転職をする看護師も少なくありません。


看護師の能力を向上させることで、高収入を狙うこともできます。


看護師のやらなければならない仕事は職場次第なため、自分に合う職場を見つけられるといいですね。


内科の外来が適しているという人もいれば、特養が合うと思う人もいるので、自ら進んで転職していくのもアリですね。


看護師として働く人は大半が女性なので人生の中の、結婚や出産といった出来事をきっかけに退職する人も多くて離職率が高めの仕事であると言えます。


それにプラスして、勤務する時間が不規則だったり、過酷な労働環境だということも相まって、結果的に離婚してしまう方も多いようです。


お金に関しては一人でも子育てに困らないくらいの給与があるということももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。


高校進学時点で進学先が衛生看護科だと、国家試験の受験資格を得るのが他の方法よりも早いので、看護師の資格を得るのが一番早いでしょう。


ただし、途中で看護師以外の職業に就きたくなっても変更は困難です。


また、受験資格を得るまでには、最低5年でいいのですが期間が短いことが理由で勉強したり実習をこなす量が少なくて合格するのが難しいともいえます。


病院に初めて看護師が就職を果たした時、配属先がどこになるか、というのはどうしても気になるものですが、大体希望を叶えてくれることもありますが、人事担当者の考え次第で確定されたりすることもありそうです。


全く意外なところに配属されたら慌てますが、しかしそれも、その場所にその人が最適だという判定から、検討された結果であることがほとんどでしょう。


もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、上司にそれを伝えて、相談してみることもできます。


よくきく話として、看護スタッフが違う仕事場を求める訳としては、ステップアップと説明するのが良策です。


たとえ事実であったとしても、元の仕事で人との関わりが辛かったとか、待遇が良くなかったといった、否定的な事由だったりすると、それだけで評価を下げることになりかねません。


この場合は、仕事を変えたい本当の訳を真意は胸の内だけでよいので、建設的にキャリアを積もうとしているということを述べるようにして下さい。