Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

転職をするのが看護師の場合であっても、

2017年11月10日 | 日記
転職をするのが看護師の場合であっても、違った職種に転職を考える人も少なくないです。


そうは言っても、頑張って看護師の資格を取得したわけですから、その資格を活かすことのできる仕事を探したほうが良いでしょう。


かなり異なる職種であっても、看護師の資格が良い方向に働く職場は少なくありません。


大変な思いをして取れた資格なのですから、利用しないのは損です。


働く看護師にとって頭が痛い問題といえば、職場における対人関係や夜勤で体調を崩すといった問題があります。


看護師には女性も多いので、複雑な人間関係がつくられているところも多いのです。


夜勤など不規則な勤務時間によって、育児といった家庭と仕事を両立できない事も問題です。


自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、環境の整った職場へ移るのもひとつの選択として、覚えておきましょう。


病気の治療では患者との信頼関係が重要になります。


患者に不信感を与えないためにも、看護師はその外見に問題がないのか気を付けておく事を忘れてはいけません。


メイクをする女性の場合、色味の強いアイシャドウや口紅は避けて、印象の良いナチュラルメイクにするのが一番良いでしょう。


ノーメイクとも違いますから、患者に与える印象も変わりますよ。


皆さん想像がつくと思いますが、看護師は女の人が多いので、結婚、もしくは、出産を理由に、いったん退職する方もいて、比較的離職率が高い職業です。


さらに、勤務する時間が不規則だったり、キツい仕事だということも原因となり、離婚してしまう人も多いと言われています。


たとえシングルマザーであっても十分子育て出来るくらいお金が入ってくることも離婚へつながる一因とも考えられます。


私がなぜ看護師になりたいと思ったのかというと、中学校の授業の一環で仕事を体験するという時間があったのですが、介護施設を訪問し、そこでの看護師さんの働きぶりを見て感動したのがきっかけです。


将来、仕事を選ぶとき、こういった職業で働いていきたいと思って看護学校へ進み、晴れて看護師になりました。


辛くなってしまうようなことだってあるのですが、毎日が充実しています。

受験資格を得て、合格後、看護師として働くための教育

2017年11月10日 | 日記
受験資格を得て、合格後、看護師として働くための教育を受けられる機関として医療系の大学または専門学校を選択する必要があります。


それでは、大学はどんな特徴があるのでしょうか。


その時点での最先端の医療を含め、高度な勉強が可能であるということと、より幅広く知識を修得できるということでしょう。


そして、専門学校の場合は、カリキュラム的に、実習の割合が多く、実践的であり、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。


加えて、学費の面についても専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。


日夜、病院で働く看護師は休日がどのようになっているのか気になりますよね。


実際には本人が働いている医療機関で違っています。


その中でも、3交代制での勤務形態の場合、先にシフトが組まれていますので、休日勤務や平日休みになることが一般的です。


むしろ、休日を好きに設定できるというメリットがあるので、上手く休日のスケジュールと予定を合わせるのが良いでしょう。


一口に看護師といっても、その職場は多種多様で、比較的大きな総合病院から地域の町医者まで様々にあります。


あるいは、介護施設や保育園などに常駐する看護師もいます。


会社によって給料が変わるもので、もちろん、看護師も同様です。


町医者と総合病院とでは、どうしても貰える給与に違いがあるのです。


ですので、平均的な看護師の年収には、大幅な違いがある事を知っておきましょう。


現実は、看護師が出てくるドラマとは程遠いです。


普通の業務だけでも多忙を極めるのに、業務時間以外にも仕事が多くあり、残業しなければならなくなることが多いです。


それでも、もしもひどく忙しく、疲れている場合でも笑顔で患者さんやご家族とは接しています。


つい先ほどまで愚痴をこぼしていたとしてもすぐに笑顔になれるので、看護師は女優顔負けだなと感じてしまうことさえあります。


看護師という仕事は特殊な仕事と認識されることが多いですが、そうは言っても、労働者の権利を訴えるような組織がなければきちんとした雇用条件が得られないような場合も出てきて、患者にとっても不利益となるようなことも起こりかねません。


ストライキを起こそうにも看護師という仕事では難しいため、看護婦を雇う側がちゃんと考えてくれることが最も大切です。