猫好き司会者日記

東京で働く司会者の日記。
12歳の息子、公園猫ロコとの日々の暮らしを綴っています。

新国立競技場理想と現実

2020-01-11 17:49:00 | Weblog
今日は東京オペラシティ54階にある披露宴会場にてご披露宴でした。

絶景の高層階からの眺めは圧巻です。

新宿のビル群をバックに、代々木公園と明治神宮前の森の緑が美しく

その先には、先日こけらおとしをしたばかりの新国立競技場…

って…

あれ、れ….


その姿はまるで…

今川焼きのよう…😭

思えば、

ザハさんがデザインした新国立競技場は、目を見張る美しさでした。


シンボリック〜✨

多少お金がかかっても

作って欲しいと願ったものです。

町の真ん中にフェラーリがとまってるみたい。

さぞや美しかったろうと、しみじみと高層階から眺めつつ

ふと、視線を右にパーンすると

そこには、流線形の美しい代々木オリンピックプール!


美しい!

「世界のタンゲ」と呼ばれた建築家「丹下健三」さんが、50年以上も前に考えた代々木オリンピックプールのデザイン。

そして思ったのでした。

流線型が2つあるより、一つは今川焼きの方が、メリハリがあって良いのかも。

😅

2020年新国立競技場の完成で、改めて1964年のオリンピックに完成した代々木オリンピックプール、現在の国立代々木競技場の美しさに気付きました。

世界のタンゲ!ブラボー!
コメント   この記事についてブログを書く
« マメ | トップ | 目つきの悪さマフィアのごとく。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。