斑尾の住人

斑尾の開発当時から居座っている人間の裏話。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

除雪と歴史

 | Weblog
本日、雪の晴れ・・?間をみて除雪機のオイル交換しました。
  考えてみると、今年はいつもの年の倍以上機械まわしてるよな~。

おらっちだって倍以上機械と共に歩き回ってるんだから・・・・えらい!!
  今日はよくやったって自分には毎日オイル継ぎ足していながら
  相棒には忘れていました。
が、本日気が付きやってやったことは、おらっちも機械思いだな~。
        (本当は無ければ困るから・・・・)       
  
もし相棒無かったらどうなっているんだろう
            考えると  ぞ~とするよね。

でも、
 おらっちが、斑尾に住み始めた頃は、こんな機械無かったし、あってもちいちゃくて、おまけに、値段も高かったし、性能も
今ほどではありませんでした。
  雪も今よりは平均的に多く、
では、その当時、家の周りの雪はどうしてたでしょう・・・・か。

  朝は4時頃に起床し、除雪車が来る前にスノーダンプ(決して雪を運ぶダンプカーではありません)
  手押しで雪を運ぶ…すぐれもの・・?    そんな説明要らんワイって言われそうですが・・・

  そのスノーダンプにて全て道路に出していたんだよな~。
それを、除雪車に持っていってもらってたんです。

では、何故、雪の日除雪車が来る前に起床し、毎回それが必ず出来たんでしょうか・・・?
  1  年齢が 20代   だった。
  2  斑尾高原に宿泊施設が少なく、お客様も少なく、他に仕事が無かった。
  3  当時の除雪車は、キャタピラのブルドーザーのために、除雪車の出動と共に、その振動が地震を思わせ、目がさめた。

  現在は、タイヤドーザーのため、振動が無く知らないうちに除雪が済んでしまいます。
   年齢も・・・・そうとう往ってます。
   仕事も増えてます・・・・?   (酒飲みすぎると起きれません)

ブルドーザーの振動は、考えられないほどすごかったんだよ~。
  当時、これのために家の壁にひびが入ったこともあったんだよ~。

  たまたま、おらっち設計した人が宿泊していて、この揺れに自分の設計したボイラー室が爆発した夢と重なり、いきなり地下まで夜中に飛び降りて行った事もあったっけ。

 それと、おらちの横だって、玄関の近くまでアーチェリーの谷が入り込んでいて雪かきには楽だたんだよ。
  今のタングラム方面への道路は、”85年におらっちの横を埋め立て造ったんだから・・・。
   いろいろあったな~。      ちょっと歴史。
    
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« お願い。 | トップ | 春を想う »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
笑ってしまいました・・・。 (ごはんや あちゃ。)
2006-02-07 00:32:02
ウチは

いまだに、

バスが通るだけでも

揺れますよ~(笑)



ブルなんて通ったときには

はじめは

地震???

って何度も起きました。

(今となれば普通に寝てますけどね・・・)



自分最後の20代ですが・・・。

起きられません(笑)



タングラム方面の道が

なかったんですね~~~!!!!

ビックリです!!

今朝の雪 (madarabbit)
2006-02-10 00:23:44
今朝の雪かきは、大丈夫でしたか?

でも、ブルドーザーの振動で、壁にひびって、すごいですね。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事