斑尾の住人

斑尾の開発当時から居座っている人間の裏話。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

斑尾高原の「スター・ダスト」

 | Weblog
2月13日の斑尾高原はで、夜は満月。
  おらっちの”JAZZY”は開店休業状態。  心は

こんな夜は、久しぶりにゆっくりJAZZでも・・・・聞くかって。
  満月の光で、星はすこし影が薄いけど空一杯。
スタンダードナンバーの
   ”スターダスト”なんかのんびり聴いちゃォ。
スターダストを10ものバージョンで・・・・どれも・・いいな~

   この曲、聴けば誰でもって言っていいくらい知ってると思うけど、曲のいろんなこと話せば、へェ~ そ~なんだ。 そ~いうことあったんでロマンチックな曲なんだ。などいろいろあって、それを含めて聴くと想いがその都度変わるんよ。

おらっち団塊世代の少年時代のテレビシリーズに、今ではまったく見られない西部劇で”ララミー牧場”という人気シリーズがありました。淀川 長治さんの解説が最後にあり、「来週またお会いしましょ、それではさよなら、さよなら」ってにぎにぎしてたんだよね。    (ガッツのOK牧場ではありません。)
  放送は、1960年6月23日から1963年3月14日までで、主演の「ジェス・ハーパー」役のロバート・フラーなんか日本で人気者になり来日もしてるんだよ。
  この牧場の「爺や」で出ていた人、覚えてる人いるかな~
     なんとなく記憶にあるな~   ってひと多いいと思うけど・・・・団塊世代の中だけど。

  この「爺や」を演じてた「ホーギー・カーマイケル」(1899~1981)って人が作曲者なんです。
ホーギー・カーマイケルは1899年11月11日インディアナ州ブルーミントン生まれで、大学で法律を学び、法律事務所を開く為にマイアミに恋人のドロシー・ケイトを残し旅だったんだよな~。久しぶりに帰郷してみるとドロシーはすでに別の人と結婚。母校のインディアナ大学の石垣に座って星空を見上げ恋人のことを思っているうちに心に美しいメロディーが生まれ、それを曲に仕上げようと、学生達が集まる”ブッフ・ヌック”というレストランにピアノを借りに行ったんす。
  そして、数時間後に「スター・ダスト」が完成されました。
曲が出版されたのが1927年、2年後の1929年にミッチェル・パリッシュによって詞が書かれたんですよ。

  曲の中では、彼が座った石垣はガーデンウォールとなっているが、その石垣の呼び名は、「ラバーズ・ウォール」というオシャレなネーミングになってます。

  おらっちだってロマンチックな気分になることだってあるんだよ~。

 おらっちが聴いたリスト と スターダスト物語
「あるじの独り言」 その7
コメント

春を想う

 | Weblog
雪だ! 雪だ!雪がどうした、こうした。
   なんていってるうちに春への変わり時期の2月の3週目に入ってしまいました。
   やはり、昔からの言伝えのように、明日は南からの暖かい風と共に
 午後からは、まとまった雨・・・とか
   今年は雪の降り方だけは良くあたった天気予報は 言ってます。

いつものシーズンだと・・おいおい、もう雨かよ・・まだ2月だぜ
        なんて言いますけど。
   今シーズンは・・・ちょっと雨でも、南風でも吹いてちょっと雪溶けてくんな~い
            なんて思ってしまいます。
  スキーやボード楽しむお客様の前では、決して言えない事ですけど

  と、言ってるんですが
もうすぐ春が来るんですよね。
  冬のシーズン、半分済んでしまってるんだから
冬が厳しいと春を待ち焦がれる、昔の人の気持ち・・・解るな~。

  白い自然を、ず~と見てると、あの新緑の自然が、違う世界のように思えるよね~。

  まだまだ雪一杯のこの時期でも、雪の下は確実に春に向かって植物は準備してるんですよ。

  飯山市の市の花は雪ツバキです。
          新潟県の県の花も雪ツバキ なんです。
斑尾高原の山の中にも雪ツバキはいっぱいあります。
  本来、暖かい地方の植物である「雪椿」がどうしてこの雪国で生き延びていられるんでしょうか。
  雪椿の木は柔らかく柔軟なんですよ。 ですから雪の重さに折れること無く雪の下で雪が溶けるまで冬眠してるんですね。

  雪の下は、暖かいんです。  雪の「かまくら」に入ってるんです。
斑尾高原には、いろんな樹木や草花が・・・いぱ~い あります。

  春はまだかと・・・その日を待ってるんだよね。
残雪の中に咲く、水芭蕉、萌黄色の芽を開くぶなの木やカラマツの木
  機会みつけて案内します。      おらっちネイチャーガイドだから。

           いろんな、話しながら・・・     でもいくらなんでもこの話はちょっと早いか・・・。

まだまだ  雪は降るでよ。

 「あるじの独り言」 その6
コメント