JAZZっぺ★が走る!

イタグレジャズと家族の日記。時々デトックス広場

食いしん坊の不調 (年始) お腹オーケストラ

2018年02月15日 | 身体のこと
written by H

1月16日夕方から、ジャズのお腹がギュールギュールゴーロゴーロ、音痴なオーケストラみたいな音で鳴り始めた。

これまでもお腹が空きすぎて胃酸過多になり、胃がグーグー鳴る事はあって。
そんな時は少し胃が気持ち悪いようで、ヨーグルトをなめさせると音が収まり、食欲も戻る。

でも今回のは何か違うな…食後だし、胃では無い感じ…
オーケストラは一旦始まると半日以上、真夜中でも構わず演奏が続く。
指揮者がいないよー。
その間はお腹が痛そうで元気もなく、ご飯も食べられない。
丸くなってじっと動かない。
下痢や嘔吐の症状が出たらすぐに病院だけど
嘔吐は無し。うんちも普通。
新ビオフェルミンSを飲ませても、ダメチック 泣
(過去の大腸炎ではコレとヨーグルトで落ち着いた)
今度は何なのーーー
ダイジョーブ、ダイジョーブ〜と不安そうなジャズを撫でながらも、
初めての良からぬこと続きに私だって頭いっぱい胸いっぱいじゃ。
心配しすぎて私のお腹までオーケストラ。


翌17日、病院で整腸剤を処方して貰ったけれど、その後も良くならず…。
(犬無し、お薬のみの場合は保険適用されないのね〜 ちぇっ)

3日目の真夜中から明け方にかけて4回、血を吐いた。ぎゃーっ
何度も祈りのポーズをして、そわそわして、苦しそう。
こういうの、夜とか休診日に限って起こりがち。なんでかね。
でもお利口なのがね、ちゃんとトイレシートの上まで行って吐くの。地獄絵図にならず、おかーさんは助かりましたよ。
私に向けてドヒャーされたら、わたしゃまるで返り血浴びた落武者だわさ。
ダイジョーブ、ダイジョーブだよ〜
と引きつったうそんこ笑顔で言いながらジャズの身体を撫で続ける。朝まで長かった…


本当は19日は甲状腺ホルモン値の検査の予定だったけれど、それどころではなーい。
朝イチ病院へ駆け込んで、お腹の方を診てもらう。
オーケストラは腸の亢進によるものだったみたいです。
嘔吐により脱水が進んでいる上に、結局病院でドロッドロッの血便が…。
数日入院となりました。

原因に心当たりは… 最近与え出したものかな… 少しだけ、しかも途中でやめてたのにな…
そのものが悪いのではなくて、ジャズには合わない物が入っていたとか、普段なら大丈夫でも年末の不調から回復しきってなかったから、とかね…

私が焦りすぎたせいかな
善玉菌を増やそうとしたのに、悪玉菌が大暴れですよ
かえって具合悪くしちゃった
ごめんよ、ジャーちゃん。


また、この日新たな物が…
・胆泥症 / 胆のう粘液嚢腫
・膀胱にポリープまたは腫瘍らしきぽっつん
(この話はまた改めて)

……ネガティ部入部 4ヶ月、抜け出せる要素が無い。
ぺしゃんこ 凹凹凹凹凹
ジャズに試練はもうよくないですか
やさぐれますわよ ( ´Д`)y━・~~


どんまい、なのジャ❤︎
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 母は焦りで空回りなのジャ | トップ | 胆泥症、胆のう粘液嚢腫と膀... »

コメントを投稿