JAZZっぺ★が走る!

イタグレジャズと家族の日記。時々デトックス広場

ガラ、トランスシベリア、幽玄

2018年03月02日 | jazzcoの愉しみ

written by H

過去数ヶ月分の鑑賞履歴です。
(インスタやらにもUPしそびれていたもの)
ずぼらなのよね、わたし…



2018年2月12日

ORCHARD BALLET GALA
〜世界名門バレエ学校の賽宴〜


学生たちの演技がキラキラ、初々しかった。
プロのものなら
立ち位置ちょっと甘くない?とか、動きが揃ってないなぁ とかもね
素人なりにも小うるさく見ちゃうけど(笑)、おば…おねーさん許しちゃう♪
そして、精力的に次々と新しい企画を打ち出し成功させているクマテツ芸術監督。
すごいですなぁ。(確か同い年よ

そういえば以前、ラジオで
・踊っている最中の手拍子
・ブラボー!を何故かボー!と短縮して叫ぶ
…など、これらの行為が最近多いがバレエの流儀に反するので遠慮して欲しい、怒鳴りつけたくなる。というような旨を…
キレッキレのトークをされていました。笑

わたくし毎度途中ついお舟を漕いでしまう(静かな場面は特に…) けしからん観客なので、いつかつまみ出されないよう気をつけよう。


クマ子さんと。



2017年9月某日 (忘れた

トランス-シベリア芸術祭 in Japan 2017


このポスターがあまりにかっこよく、観たいー!!と思いまして。
世界最高のバレリーナと讃えられているスヴェトラーナ・ザハーロワ。
日によって演目が異なり、私は「アモーレ」を観ました。
んー… オトナの愛、な感じでしたわ〜。
ザハーロワがとても美しく、かっこよかった。


この男性は彼女の夫でバイオリニストのレーピン。夫婦 夢の共演企画だよん♡

母と。



2017年5月某日 (忘れた

幽玄 坂東玉三郎 × 鼓童


鼓童は新潟佐渡のプロ和太鼓集団です。
若い鼓童達のフレッシュな演技と筋肉にドキがムネムネ♡
本当にかっこよかった!
玉三郎さんの…演出センスは…芸術的なのかなぁ…?
ちょっと大衆的というか…
たまに苦笑してしまった…
私の知識不足、勉強不足ですね、きっと。
(あくまで個人的感想です)


母と。

コメント

DVN と MB

2018年02月28日 | jazzcoの愉しみ
written by H

最近観たドキュメンタリー映画ネタです。

映画や舞台の鑑賞履歴は FB(とっくの昔にヤメタ)やらインスタやらその時々であっちゃこっちゃになってしまったけれど、これからはここにしよう(の予定)。



2月8日

Dries Van Noten
ファブリックと花を愛する男
/ ファッションデザイナー



ハンドメイド研究会の都合が合わず、おひとり様で。

随分いっちょまえ風の生意気な感想ですけどね、
デザインの起こし方から生地選びの方法、ポリシーまで、今まで観たファッションデザイナー物で一番フィットした気がした。
お人柄も、好きな感じ〜〜 笑
デザイナーってイケメン多いよね。笑

タイムリーなことに
観に行った週にBSプレミアムでファッションの特集番組をやっていて。
(3日間の特集、すごく良かった)
ベルギーのアントワープ王立アカデミーやアントワープSix、ドリスの事も取り上げられていたので、頭の中に全部が纏まって入ってきた。
とても勉強になりました。




1月16日

Manolo Blahnic
トカゲに靴を作った少年
/ シューズデザイナー



マノロの靴は華奢で、遊び心があって、若い頃好きなテイストだった。
デザイナーとして、ブランドとして、産みの苦しみの部分や製作のシーンが見られる事を期待したのだけど。
全く苦しんでる気配も無く…お喋り好きのおじいさんでした。汗
私のイメージとはちと違ったかも、、、
*あくまで個人的感想です

トカゲに靴ってどんなだろ♡
とワクワクしてたら
チョコレートの銀紙巻きつけただけかい!(ネタバレ?)

これはジュエリーカレッジ(習い事)時代の友人と観に行って。
あの頃ちょうどSATCやマノロの靴も流行っていたこともあり、色んな思い出がリンクして懐かしかった。
なんで傷だらけの足を引きずりながら頑張って歩いてたんだろかね〜って、とほほ話に花が咲いて。
そういえばわたくし、英会話の先生には Madame-Shoes と呼ばれてた。
当時は真に受けてその気になっちゃってたけど、今思えばお寒いニュアンスだったのかもしれぬ…とほほほ。
今じゃお犬様生活でドタ履がお似合いですよ…とほほほほ。


ちなみに
この日の帰宅後にジャズが体調を崩したので、自分がバカ笑いしてきたせいかもと一瞬真面目に凹んでしもたがな。
全く、ネガティ部ってホントに始末悪いわね〜
(部長だけ?)


よっ、ぶちょー!
とほほほほほ。






コメント