JAWAみんなの声

JAWAグループ職員、約500人の看護師、介護職員、保育士が、書き綴っていくブログです。

紫陽花★

2018年06月10日 15時53分55秒 | さらさ秋田駅前

こんにちは

さらさ秋田駅前の相場です。

今日はラウンジでフェルトで紫陽花作りを行いました

フェルトをボンドでつけて、はさみで切れ目を入れます

みなさん真剣に作って下さっています

たくさん作っていただきました

写真右下にあるものが作ったものになります

小さい物を合わせ大きな紫陽花にします

完成した紫陽花はまたブログでアップしたいと思います

 

コメント

平成30年度トライやる・ウィークのご報告

2018年06月10日 08時59分47秒 | そよか

皆様お疲れさまです

今年も毎年恒例となっています中学2年生の5日間にわたる職場体験トライやる・ウィークが行われました

女子生徒2名がここそよかにきてくださいましたよ

一人の生徒さんは昨年のそよか納涼祭にも遊びに来てくれていたとの事でしたなにか嬉しいですよね

まず、トライやるウィークとは何か兵庫県民以外の方はご存じないと思いますのでまずはご説明を

Jump to search

トライやる・ウィークとは、兵庫県が、1995年阪神・淡路大震災1997年神戸連続児童殺傷事件を機に中学生に働く場を見せて学習させようとする趣旨から、県内の中学2年生を対象として1998年度から実施されている職場体験である。(出典:Wikipedia)とのこと

ことしで、20年目となる兵庫県の取り組みで、ここそよか職員もトライやるウィークを経験したパートナーが何人もいます

私自身、トライやる・ウィークの記憶は鮮明に残っており一生に一度きりのかけがえのない体験であったと記憶しています

せっかく、そよかに来てくれたなら私たち同様、かけがえのない特別な体験と思い出を作ってもらいたいそんな気持ちで取り組ませて頂きました

緊張していたお二人ですが、勇気を出して皆さんの前に立ちラジオ体操を行いました

恥ずかしそうにしている初々しい姿にご利用者も表情がほころびます

初日は、昼からご利用者と共に近所のスーパーまで買い物へ

翌日の夕食に使う材料の買い出しを行いました

そして、次はご利用者と共同制作です

Nさん「あんたらかわいいなぁはよ一緒に作ろ」「ここにこのピース入れたら繋がるやん」など中学生たちに優しく接しておられる姿が心象的です

もっかEさんは少し離れたところから監督役を行って下さいましたよ 笑

「そこそこはいったはいった次もはよいれてねぇ」との指示がリビングから聞こえてきます

そして、昼からはNさんTさんと地元では美味しいと評判のケーキ屋さん『ナルミ』さんに散歩がてら買い物に行ってきました

ちなみに『ナルミ』さんでも中学生のがトライやる中でした

帰ってきたら皆さんにケーキを選んで頂きティータイムです

美味しい想い出もできたでしょうか

そして最終日には、車いす体験をして頂きました

小学4年生の時に、車いす体験したことがありますよ‼と言われていたのですが開くのもちょっと一苦労されていました

平らな所・でこぼこ道・坂道・段差 車いすは便利であって大変な所も数多く存在する事を身をもって体験できたと思います

そして、最終日の昼からはこの5日間を通して人生で初めて働く場所を見て経験したことを通し、親に向けて感謝の気持ちを手紙につづって頂き責任をもって郵便局から私が送付をさせていただきました

お二人がどのような手紙を書かれたのかは分かりませんが感謝の気持ちは伝えなくてはという気持ちが書いている最中の背中から伝わってきました

そして最後には、生徒さんから歌のプレゼントです

緊張しながらもかわいい歌声でご利用者や私たちパートナーをなごませてくれました

そして最後は、みんなで記念写真です

その他にも、たこ焼きパーティやご飯づくりなど様々な体験をして頂きました 写真に収める事が出来なかったのが残念です

短い期間でしたが彼女たちの、初々しくも笑顔が溢れるその表情は私たちも見習わくてはならないと強く感じました

この5日間が彼女たちにとって、将来へはばたく糧となる事を願っています

楽しいひと時を本当にありがとうございました

そよか職員一同より

 

 

 

コメント

新宿歌舞伎町

面白い所だ!楽しいね。