我里(Gari)のブログ

家紋デザインの紹介他

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

糞にやられる

2017-04-25 23:17:19 | 日記
天気が良かったので布団を干した。
そして、午後になって布団を取り込もうとして・・・
鳥のフンがその布団に付いていた!
しかも四カ所も!!

布団カバーを洗濯する羽目になった

この記事をはてなブックマークに追加

ウドもらった

2017-04-24 23:39:34 | 日記
父方のいとこがウドを持ってきた(^0^)
畑からの堀たて!




夕飯で食べてしまった。

この記事をはてなブックマークに追加

予感は的中

2017-04-24 13:16:24 | 日記
昨日の洲浜。
実は2件の「ご注文がありました」メールが届いていました。
最初が13:06で
次が13:36でした。
この短い間に、二件とも「丸に洲浜」紋の注文内容で、しかもどちらも静岡県の方でしたので(デザイン販売者側には、購入者の都道府県名までの情報は公開される)、「もしや・・」と直感的に嫌な予感がっ!
2件の注文内容の違いは、サイズと枚数。

そして、本日8:48「ご注文が取り消されました」メールが届きました。
注文は365日24時間いつでも自動的に受け付けても、キャンセル処理は手作業なんでしょうね。昨日は日曜日だからね。

キャンセルは残念だったけど、注文枚数が多い方が残ったら嬉しかった~。

この記事をはてなブックマークに追加

葬儀

2017-04-23 21:45:19 | 日記
先日、家の前の前のお宅のお婆ちゃんが亡くって、今日は隣組は葬儀のお手伝いでした。
お手伝いといっても斎場で行われたので、名ばかりのお手伝いですが・・。

この記事をはてなブックマークに追加

警棒振られて停車させられた

2017-04-23 20:46:02 | 日記
先月の月初のこと。

日帰り温泉施設から自家用車での帰路、国道(県道かも知れない)沿いにある派出所前にお巡りさんがいて、私の車に対して警棒を振って派出所脇に停車させたのだ。私は前の車の速度に合わせて運転していたので、何故自分の車が停止を命じられたのか、その理由が全く見当つかなかった。

お巡りさんが私の車の助手席側に近づけてきたので、運転席側から電動スイッチを押して左側の窓を下すと、その窓に顔を近づけて
「驚かせてすみません。後ろの車を止める為に止まっていただきました。どうぞ安全運転で行って下さい」とのたまわったのだっ!
「@_@)」こんなのあり!?
私はお巡りさん類にはかかわりたくないので、文句の一つも言わずに車を発進させた。

そして、私は考え始めた。お巡りさんは後ろの車を何故止めなければならなかったのか?

私の前を走っていた車は、皆、派出所を通過していった。つまり、スピード違反は関係ない。
もしや、盗難車?

いや、一つ思い当たることがあった。
さっき通過した交差点の信号機、あの時、後ろの車は黄色が終わろうとするところを強引に侵入した。
私はバックミラーでそれを見ていた。
もしや信号無視で御用となったか・・・。

信号を通過した直後に御用となったわけではないから、つまりは、交差点付近に設置されているカメラの映像が派出所で見られる仕組みにでもなっているのだろうか?
それとも、別のお巡りさんが身を隠して交差点の信号無視車を無線で派出所に知らせていたのだろうか?
恐るべし警察!

私は運転を続けながら思った。
その道は中央にセンターラインが一本引かれた対面通行の道路であったので、前の車を停車させれば必然的に後続車もブレーキを踏むわけで、お目当ての車を停車させるには効果的な手法だ。

ではあるが、前の車を運転している者にとっては迷惑千万でしかない。

この記事をはてなブックマークに追加

家紋デザイン「丸に洲浜」

2017-04-23 17:22:29 | 家紋
【まるにすはま】
スハマは州浜台、州山ともいわれ平安の初期のころから用いられていた。調度品や絵巻物等にもみられ、慶賀の式などにも部屋に飾った。・・江戸時代に結婚式のカザリに用い、現在餅菓子に用いるのもみなめでたい意味がある。これは、スハマが中国から渡ってきた神仙のすむユートビア、蓬莱(ほうらい)島に似せたものだからである。平安貴族のなかにも庭園をスハマ形につくり、蓬莱島などと呼んでよろこんでいたものもあった。(丹羽基二著「家紋大図鑑」)
「平安紋鑑」「紋之泉」は”須浜”と表記しているが、ここでは「紋典」「紋章大集成」等の表記に従った。


T-Trinityにて
静岡県の方、ありがトン

この記事をはてなブックマークに追加

家紋デザイン「丸に地紙」

2017-04-22 21:34:13 | 家紋
T-Trinity にて
東京都の方、三点お買い上げ、誠にありがトン!

一点め、「丸に地紙」
以前、といっても今年だったが、NHKの「ぶらタモリ」でごタモリさん曰く「うちの家紋は「丸に地紙」です」と。


【まるにじがみ】地紙紋(扇紋)/地紙紋は扇の地紙を象り・・・。扇は普通、紙と竹とで作る。その紙を地紙といい、竹を骨という。(沼田頼輔著「日本紋章学」)

二点め、「尻合わせ結び雁金」【しりあわせみつむすびかりがね】


三点め、「十割りの作図」


分廻し(コンパス)と定規で描く正十角形の作図法/作図にあたっては、泡坂妻夫著「卍の魔力、巴の呪力」参考に作図している。/三角形、四角形を基本とする紋章の場合でも、実際は円を六つ割り、八つ割りにしてから作図してきました。五角形のときも同じです。円を十割りにすることが多いのです。それならば、最初から十割にしてしまおう(同書P160)/十割りで正五角形を作図する場合、「円を切るコンパスが狭いため、精度は五つ割りより落ちる」(同書P160)と指摘されている通りだと思います。これは何も手書きに限らずPC作図でも言えることで、かつ、PCで作図画面を拡大して正確に描けば描く程、別の意味で誤差が発生します。例えば10cmを三等分しようとしても数値的に割り切れない事が表面化する類のものです。しかし、目視上ではほぼ正確に三等分できます。これは端数を作図の線幅が呑み込んでしまうからです。さて、今回のab線については、ab x 100.75%程度に調整しないと円を綺麗に10等分できませんが、だからといって、泡坂さんの作図方法が使えない事はなく、家紋作図レベルにおいてはまずまずの精度であると思います。

この記事をはてなブックマークに追加

家紋デザイン「丸に隅立て四つ目」

2017-04-22 20:50:20 | 家紋
CafePressにて

CA,US ありがトン

高澤等著「家紋の事典」によると、五大家紋といわれる紋があって、
酢漿草(かたばみ)

木瓜(もっこう)
鷹の羽(たかのは:注⇒「たかのはね」ではありません!)

とのことです。これに
柏、橘、蔦、茗荷、沢瀉(おもだか)
を加えて十大家紋というんだそうです。

さて、今回の「四ツ目」ですが、これは目結(めゆい)紋に属します。十大家紋に入っていないんですが、結構人気な紋でして、目結紋の中でも「丸に隅立て四つ目」が圧倒的に売れます(^0^)

Zazzleでもこの傾向は同じでして、今年に入って売れたアイテムをいくつかご紹介すると・・・
ラペルピン


サービングトレー(お盆)


猫用飯皿(大きさ違いで、犬用もあり一緒に購入されている)


クーラーボックス


画像を貼ってリンクするのが面倒なので、以下は手抜きで
冷蔵庫などにくっつくマグネット、ギフトボックス、ティーポット、マグカップ、ネクタイピン、キーホルダー等が売れています(^0^)

同じく「家紋の事典」によると家紋の分布についての記述があって、全国平均占有率では
一位が酢漿草(かたばい)
二位が木瓜(もっこう)
三位が鷹の羽(たかのは)
で、目結(めゆい)は10位となっています。

この記事をはてなブックマークに追加

家紋デザイン「大一大万大吉」

2017-04-20 14:00:06 | 家紋
【だいいちだいまんだいきち】文字紋。
名義:大一大万大吉字紋は、大一大万大吉の六字を合わせて書いた紋章である。これを紋章とした理由は、是等の文字がいづれも、瑞祥の意味があるので取ったものと思われる。
歴史:大一大万大吉紋は、関原陣に名高い石田氏の家紋として、名高いものである。今弘前市に杉山氏と云ふがあって、三成の後裔としてこの紋を用ひてゐる。
形状類:大一大万大吉と、大吉大一大万と二種類ある。
姓氏関係:大一大万大吉紋を用ひたものに、藤原氏郷流の山内氏がある。山内氏から出た五味氏も、亦、これを用ひた。(沼田頼輔著「綱要日本紋章学」)
本図案は「綱要日本紋章学」掲載のものを参考に作図している。


Zazzleにて購入して下さったJapanの方、ありがトン! 本来はここに感謝状アニメを表示したいところ(Bootanが住んでいるサーバーに障害が発生しているようで、アニメが表示されない)
Zazzle

先日は、T-Triniyにて「大吉大一大万」を購入していただき、その時も書きましたが、当時の字体が偲ばれて一興です。400年以上も前ですからねぇ。

この記事をはてなブックマークに追加

T-Trinityが手帳型スマホケース取り扱い開始

2017-04-19 15:09:40 | 日記
昨日、T-Trinityのアイテムが少ないと書いたばかりだったが、なんと、本日お昼頃から手帳型スマートフォンケースが追加されました(^0^)
Bootanをこんな感じで配置してみました。

どうかな?
こちら

この記事をはてなブックマークに追加

「家紋デザイン」十六菊

2017-04-18 23:25:39 | 家紋
丸に根笹のキャンセルもなんのその、日本で新たな「十六菊」の売り上げが! 

十六菊、これが八重十六菊になると皇室の御紋章になる(^0^)
確か、御紋章のデザインは中央の円のサイズ(直径)が外周のそれに対してどの程度の割合か等が細かく規定されていると思う。

書棚から資料を出しました。細かな数値は敢えて書かないでおきます。御紋章だもの。畏れ多いじゃありませんかっ!
例えば、天皇旗の様式の場合、
菊心径 縦の〇分の△
菊全径 縦の*分の□
と、旗における紋章のサイズ、その配置など規定されていました。


愛知県の方、ありがトン!
【じゅうろくぎく】菊紋。
菊花には延命の効果があり、また群芳中の貴種といわれ、百草王と見なされたため、菊を文様として使用することが、藤原時代に最も盛んに行なわれた・・・やがて後鳥羽上皇が深くこの文様を好まれ、御服輿車はもちろん、刀剣懐紙などにいたるまで用いられたので、後深草、亀山の二上皇および後宇多法皇とあいついで後鳥羽上皇に追随され、菊花文様がほとんど皇室の専用の文様となり、ついにご紋章となるにいたったように思われる(沼田頼輔著「日本紋章学」)
十六菊(白色)

ところで、このT-Trinityの人気は凄いなぁと常々思っています。
確認したわけではありませんが、売れると「注文No」が必ず発給され、これは間違いなく連番になっています。これは注文確定単位ですので、1枚の注文でも、3枚注文しても各々注文Noは一つ割り振られます。
23:22のが158959
21:49のが158933
ですので、1時間33分の間に25件の注文が入っています。長年この連番の進み具合をみていると、別段驚く数字ではないのです。
つまり、T-Trinityさんは恐ろしく売りまくっています。
つまり、売れっ子のデザイナーさんはすごく稼いでいることになります。いいなぁ・・・。その人たちに比べたら私はトホホってレベルです。

因みに、私の場合、
売り上げ件数の多いのはCafePress(デザイナー報酬が安い、つまり購入者は安く買える。最近はアイテム数が激減しているので心配している。)
売上金額が多いのはZazzle(デザイナーの希望売価が尊重され、かつ、アイテムが圧倒的に多い。つまり色々売れるから売り上げが上がる)
支払いが早いのはT-Trinity。末締めの翌16~20日の間に振り込まれる。(アメリカ系は原則末締めの翌々月の15日PayPal口座支払い)

T-Trinityさんは品揃えがTシャツ系しかないので、Totoバッグが一種類あるが、もう少しアイテムが増やして欲しいと思うのですが・・・。


この記事をはてなブックマークに追加

家紋デザイン「丸に根笹」

2017-04-18 23:02:05 | 家紋
CafePressでまた「丸に根笹」のiPhone 6 Plus case がっ!

Ordersで販売履歴をみると、先日のはNY(ニューヨーク州)、本日はFL(フロリダ州)であった。
「丸に根笹」はそう売れる紋ではないので、珍しい事態だなぁと喜んでいたのでしたが、いつの間にかFLのはキャンセル処理されていた。

この記事をはてなブックマークに追加

家紋デザイン「丸に抱き茗荷」

2017-04-18 22:39:52 | 家紋
丸に抱き茗荷、この紋は海外でもしばしば売れます(^0^)
沼田頼輔さんの著書「日本紋章学」には、「茗荷の名は発音が冥加と同じであるため、俗に縁起のいいものと認めたことによると思われる。元来冥加とは、神仏の通力によって加護を受けるという意義であるが、通常はこれを前途を祝福する意味に用いている」とあります。


広島県の方、ありがトン!
これ、昨日の分でした。
茗荷紋(黒)
茗荷紋(白)

この記事をはてなブックマークに追加

家紋デザイン「龍の角字」

2017-04-18 22:31:07 | 家紋
角字とは文字を四角の中に閉じ込めた紋。
泡坂妻夫さんの著書「卍の魔力、巴の呪力」では、「角字は正方形の中に閉じ込められた文字です。商標や印半纏(しるしばんてん)に使われ、江戸の文字の中では一番使用されることが多かった」と述べていらっしゃいます。

これは「龍」の角字です。

三重県の方、ありがトン!

角字(黒色)のTシャツ
角字(白色)のTシャツ

この記事をはてなブックマークに追加

家紋デザイン「恋文」

2017-04-15 22:05:53 | 家紋
文(ふみ)紋の中に「恋文」という紋がある。ラブレターといった方がわかりやすいか。いや、今やこれも死語か・・。手紙よりメール、LINEの方がお手軽で便利、切手貼る手間もないし、何よりも相手に早く届く。
そんな時代だからこそ「恋文」には趣を感じる。
こんなデザイン。

【こいぶみ】文紋 文(ふみ)とは、手紙のこと。現在では封筒に入れるが、かつては紙を結んでいたことから、文紋では、文を結んだ形を紋形としている。基本の文形は、細長く折った紙を中ほどで引き結んで団子状や、「く」の字状にしたものが多い。なかには「恋文紋」のように、簪(かんざし)を付け加えた紋もある。(高澤等著「家紋のすべてがわかる本」)


入手先:濃色Tシャツ淡色Tシャツ

この記事をはてなブックマークに追加