Jariaの玉手箱【更新終了】

鉄道ニュースについて管理人のツッコミ、そして時に自論を展開するブログ(※このブログは既に更新を終了しています)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

JR西日本 宝塚線でATS-P型の設置工事を再開

2005年05月04日 18時07分52秒 | JR関連ニュース
関連:
朝日新聞:JR宝塚線で新型ATS設置工事 国交相の意向受け

マスコミ各社の報道によると、今月2日に北側国交相が「ATS-P型を設置しなければ、事故路線の運行再開を認めない」との意向を示したとか。
で、これを受けてJR西日本は大慌てでATS-P型の設置工事を再開したそうです。
現時点では原因が分からない以上、北側国交相に言われるまで既存のATS-SW型のままで運行再開しようとしたJR西日本を責めるつもりはありません。
それよりも、大臣に限らず、マスコミ各社もATS-P型を「設置するだけで事故を防げる魔法の装置」の様に思っているみたいなので、そこが気になるところではあります。

例えば、今回の事故の原因が、仮に速度超過だったとしましょう。
その場合、確かに速度照査機能の付いたATS-P型を設置すれば、今後同種の事故が発生する確率は限りなく低くなります。
でも、それでは根本的な解決にはならないのです。
速度超過が原因なのであれば、まずは「何故、速度超過を起こしたのか」を考え、その原因を解決しなければなりません。
で、実際に考えてみると、それは、過密ダイヤでもあったし、マスコミや労働組合が騒いでいる日勤教育でもあった。
では、もう一段階進んで、過密ダイヤは何故作られたのかといえば、利用者が求めたから。
更にもう一段階進んで、利用者が何故求めたのかと言えば、それは必要だったから。

こうやって原因を探っていけばいく程、ATS-P型の設置が単なる対症療法でしかないということがお分かり頂けるかと思います。
確かに、ATS-P型の設置は安全性の向上という点では必要でしょう。それは否定の余地はありませんし、否定することもしません。
しかし、それによって今回発覚した問題が全て解決するのかと言えば、答えはノーです。
大切なのは、単にATS-P型を設置したからそれで終わりというのではなく、ATS-P型の設置も含めて、今回発覚した問題点を総合的な視点で解決する必要があるということ。
今はマスコミも、国土交通省も、我々利用者も、あるひとつの方向ばかりを見て、全体を見るということを忘れている様に思えてなりません。
コメント   この記事についてブログを書く
« JR西日本 事故列車に乗り合... | トップ | 水間鉄道 会社更生法の適用... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

JR関連ニュース」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

8 トラックバック

宝塚―尼崎間の運転再開、最新ATS導入後に (Mizunoto Note)
北側国土交通相は2日、JR福知山線の脱線事故で不通となっている宝塚―尼崎間の運転再開について「新型ATSの整備が前提だ」と述べ、最新型の自動列車停止装置「ATS―P」の整備をJR西日本が同線で完了させない限り、認めない考えを明らかにした。JR西日本はこれ
福知山線、ATS-P設置で運転再開とは? (鉄路的部落)
いささか食傷気味な事故ネタですが、あくまでもメディアの事故報道にフォーカスして続
福知山線再開の条件 (GonbeのMyBlog)
この記事に関連する項目もご覧ください http://blog.so-net.ne.jp/Gonbe123/2005-04-27(福知山線事故について) http://blog.so-net.ne.jp/Gonbe123/2005-04-29(現場第一主義なぜできない) http://blog.so-net.ne.jp/Gonbe123/2005-05-02(JR西日本なぜそこまで?) と
福知山線の復旧とATS-Pの設置 (たなか@さくらインターネット)
先日の列車脱線事故から、2週間が経ちました。いろいろと報道がなされ、少しづつ状況や背景などが分かるようになってきました。 その中で、「速度超過」と「ATS-P」というキーワードが注目されています。事故の原因と、防護できた可能性ということでよく出てくるわけですが、
JR神戸線・京都線には、ATS-Pは設置されていない (鉄道ニュースと日記)
== JR神戸線・京都線には、ATS-Pは設置されていない == 事故当時の多くのマスコミは、JR神戸線・京都線にはATS-Pが設置されているような報道を一部でしていました。 しかし、実際にはATS-P2なるシステムが同線には設置されています。 詳しくは、下記の記事を読めば分り
安全意識とは何か。JR福知山線事故。 (鉄道ニュースと日記)
== 安全意識とは何か。JR福知山線事故。 == 事故列車に2人の運転士が乗客として乗車していたのに、救助しなかったことが大問題として 昨日からマスコミで扱われています。 とにかく、この2人の運転士が何を考えていたのか理解に苦しみますし、組合が言っている通りで
土佐くろしお鉄道の事故原因 (かきなぐりプレス)
同じ鉄道事故でも、犠牲者が少なかったので話題にもならなくなった土佐くろしお鉄道の駅舎激突事故は、一つ手前の停車駅から宿毛駅間8・2キロを平均時速123キロで走っていたことがわかったようだ。 宿毛駅の停車位置から約180メートル手前で、ATSによる非常ブ
脱線事故(続きその13) ATS (薄唇短舌)
少し前に、この件は、今後は当局による捜査と原因究明に委ねるべき、と述べたので、お