Jariaの玉手箱【更新終了】

鉄道ニュースについて管理人のツッコミ、そして時に自論を展開するブログ(※このブログは既に更新を終了しています)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

JR東日本・東武 新宿~日光・鬼怒川間直通特急の詳細が決定 運転開始は2006年3月

2005年11月10日 23時18分18秒 | 鉄道ニュース(総合)
関連:
JR東日本ホームページ:プレスリリース(PDF)

その発表がなされた時、鉄道ファンを騒然とさせたJRと東武による直通特急計画。
いよいよ、その詳細が決定したようです。

今回発表されたのは、列車名や運転開始日、運賃、ダイヤなど。
とりあえず、細かいことは関連のリンク先を御覧下さい。










で、終わっちゃったらこのブログの存在意義はないのよ。(いや、こういう終わり方をしている記事の方が多いだろ)

とりあえず、気になる列車名は以下の様になっています。

新宿~東武日光間 「日光号」(現時点ではJR485系のみ)
新宿~鬼怒川温泉間 「きぬがわ号(JR485系)」「スペーシアきぬがわ号(東武100系スペーシア)」

単純すぎるとか言ってはいけません。
一応、日光号に関しては、往年の準急「日光」の復活な訳ですから。
しかし、かつて東武特急と競り合った準急「日光」と同じ名前の列車が、それもJRの車両で運転されるとは、運命の悪戯でしょうか。

でも、かつての準急「日光」に使われた153系や東武特急に使われたDRCと比べると、どうにもお手軽というか、安っぽい感じがしてなりません。
逆の言い方をすれば、それだけ日本全体が裕福になったということなのでしょうが。

ちなみに、JRの485系ですが、最初の発表では今夏に特急「あいづ」として走った改造車が導入される様子だったのですが、今回のプレスリリースのイメージ画像を見る限りでは、その塗装のまま青森や上沼垂車の様なお色直しが行われるみたいです。

そういえば、古い車両を改造して見違えるように生き返らせる(騙し騙し使うといった方が正確か?)ことは、JR東日本も東武も共に得意とすることである訳で。
案外、両者は似たもの同士なのかも知れません。

詳細は関連のリンク先を御覧下さい。
コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« JR東日本 小海線に世界初の... | トップ | 西鉄 11月19日から『九州国... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

鉄道ニュース(総合)」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

JR東日本と東武、2006年春から特急相互乗り入れへ (kqtrain.net(blog))
 JR東日本と東武鉄道の特急列車直通運転の開始について - 東武鉄道プレスリリース(PDF)  JR東日本と東武鉄道の特急列車直通運転の開始について [PDF/110KB] - JR東日本プレスリリース  JR東日本と東武鉄道は、特急相互乗り入れの概要を公表しました。  運行開始
新宿~東武日光・鬼怒川温泉間特急、ダイヤ発表 (大沢3丁目)
JR東日本と東武鉄道の特急列車直通運転の開始について(PDFファイルです) 以前より発表されていたJR新宿~東武日光・鬼怒川温泉間を直通する特急列車だが、このほど列車愛称と運行ダイヤが発表された。詳細は上記のプレスリリースの通りである。 JR車と東武車で愛称が分
「日光」復活。 (Simplex\'s Memo)
1956年10月に上野・日光を結ぶ準急の名称として登場した「日光」。 当時はキハ55系が使用されていたが、日光線の電化が完了した1959年には冷房装置の有無を除けば「こだま」用151系に遜色ない157系電車に置き換えられた。 その結果、東武1720系DRC登場のキッカケを作り出した
JR・東武 特急乗り入れは、来春3月18日から (レイルウェイ・ライター種村直樹公式BLOG)
 JR東日本と東武鉄道は、本日プレス発表を行い、栗橋駅構内を接点とする、両社の特急相互乗り入れの概要を公表した。  それによると、運行開始は来春2006年3月18日(土)。JR側車両は485系電車、東武側車両は100系(スペーシア)電車を使い、相互に2往復、合計4往復/日の
日光直通特急の運行開始日決まる (mattoh)
 JR新宿駅から東武日光及び鬼怒川温泉を結ぶJRと東武の直通特急の運転開始日が、
日光☆鬼怒川温泉で探した、良かったホテル! (栃木のホテルで探した、良かったホテル!)
日光☆鬼怒川温泉で探した、良かったホテル! !それは、鬼怒川温泉 山楽ホテルの外観は、きれいでしたよ最寄り駅は、鬼怒川温泉(東武鬼怒川線)車5分と近くて助かりました。ホテルの場所はどこでしょう?栃木県...