Jariaの玉手箱【更新終了】

鉄道ニュースについて管理人のツッコミ、そして時に自論を展開するブログ(※このブログは既に更新を終了しています)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

JR東日本 『Suica ステーション』の本格展開を開始 第1弾は東京、品川、池袋

2005年05月11日 19時10分05秒 | JR関連ニュース
関連:
JR東日本ホームページ:ニュースリリース(PDF)

JR東日本のSuicaと言えば、こんな本も書かれるくらい絶好調なICカード乗車券ですが、そのSuicaを展開するJR東日本では、よりSuicaを浸透させる為に『Suica ステーション』なるものを本格展開するとか。
これはどういうものかと言うと、駅構内に入居している店舗全体へのSuicaによる支払い対応の拡大や、Suica対応の自販機、コインロッカー、食券券売機の導入などを行い、Suica利用者に便利な駅にしちゃおうぜというもの。
こうして着々とSuicaのデファクトスタンダード化が進んでいく訳です。
で、今回は手始めに東京、品川、池袋の3駅(+2月から先行導入試験を行っている上野)で導入を行い、順次山手線内の全駅及び、周辺のターミナル駅(大宮、横浜等)に拡大していくそうな。
これは、なかなか便利になりそうですが、同時に東西のICカード勢力の分裂をより加速させる結果になるという見方もできる訳で、そうなると次世代DVDにおけるブルーレイとHD-DVDの様に標準規格をめぐった争いが泥沼化する可能性も秘めています。(注:次世代DVDの規格については、一応、つい先日に両者が協力して第三の規格を作る方向でまとまったのですが、ここではそこに至るまでの泥沼状態の例えとして挙げることにしました。)
そういうことなんで、西日本の皆さんや中部地区の皆さんはもっと頑張って頂かないと、JR東日本だけに良い所を殆ど持っていかれてしまうという自体にも成りかねません。
次世代DVDの様に規格争いだけが先行して、消費者不在の状態になってしまうのは問題ですが、足の引っ張りあいをしない程度に争ってくれれば良い結果が生まれてくるのではないかと思います。
コメント   この記事についてブログを書く
« 黒部峡谷鉄道 夏休み「チビ... | トップ | JR西日本 奈良駅付近高架化... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

JR関連ニュース」カテゴリの最新記事