Jariaの玉手箱【更新終了】

鉄道ニュースについて管理人のツッコミ、そして時に自論を展開するブログ(※このブログは既に更新を終了しています)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

JR東日本 遠隔操作の対話式券売機「Kaeruくん」を導入

2005年03月17日 19時59分09秒 | JR関連ニュース
関連:
JR東日本ホームページ:プレスリリース(PDFファイル)

JR東日本では、遠隔操作でオペレーターと話しながら切符の購入等ができる新型券売機「Kaeruくん」を3月25日より青梅線の7駅に導入すると発表しました。
この券売機では、今まで券売機では取り扱えなかった払い戻しなどにも対応しているそうで、恐らくJR東日本としては、これを成功させてローカル線の更なる省力化を行いたいのでしょう。
ただ、現在のタッチパネル式でさえお年寄りなどは結構混乱しているようなので、先は長そうです。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« JR西日本 義経キャンペーン... | トップ | JR北海道 「ドラえもん海底... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
対話型券売機かえるくんについて (滝口)
2006-12-17 15:47:25
僕は長野原草津口駅の対話型券売機をよく使います。普通の、みどりの窓口より倍時間が、かかります。切符の変更などに、ひどい時には、10分以上かかる事があります。

コメントを投稿

JR関連ニュース」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

対話型自動券売機「Kaeruくん」が登場 (kqtrain.net(Blog))
 対話型の新しい自動券売機 もしもし券売機「Kaeruくん」が登場します [PDF/62KB](JR東日本プレスリリース)  JR東日本は、遠隔操作でオペレーターと話しながら切符の購入等ができる新型券売機「Kaeruくん」を3月25日より青梅線の7駅に導入することを発表しました。
明日から使用開始のもしもし券売機「Kaeruくん」を見てみよう (ねぎしせんBlog)
詳細はこちら(PDF)をご覧いただきたいのだが、就職人気企業ランキングで毎年上位を飾る企業が名づけたとは到底思えないネーミングセンスに脱帽。これが一体どんな機械なのか、管理人が興味を持たないはずがなかった。
何でも買える?? 「もしもし券売機 kaeruくん」 (THE diary from ・・・)
JR東日本がさらに多機能化した「対話式」自動券売機を開発しました。 ネーミングは「もしもし券売機 kaeruくん」と言い、券売機とオペレーターとを通信回線で結ぶ事により乗車券・指定券・定期券の発売の他、乗車変更や払い戻し・・・さらに、「えきねっと」で予約したき