火星への道

有人火星探査の実現を夢見て!火星ミッションの情報を提供しています。

Sol0-340 Curiosityの足跡

2013-07-31 00:04:44 | MSL

 

いよいよ来週の6日、Curiosityが火星に無事着陸して丸1年を迎えます。
Sol0からSol340までの主なイベントをまとめました。 

Sol
000    Sky-Crane 着陸成功

016    4.5、2.5m   総移動距離 6m     前進(1回目)            

022    6m  1東へ(3回目)                    
      "前の駆動は可動性システムをテストし、地面に探索車を置いたMSLエンジンのうちの1つからの排気によって磨かれたエリアを検査するために探索車を配置しました。

024    21m                       

025    移動休止、写真デイということでいくつか写真を取ったようです。                                             

026    30m                                                                               

029    30.5m  総移動距離 109m                                                               

032    MAHLIのポートレイト、APXSのポートレイト

035    ロボットアームテスト

038    32m  総移動距離 142m                                                               

039    22m                                                                               

040    37m                                                                               

041    27m  総移動距離 227m                                                               

042    32m  総移動距離 259m                                                               

043              総移動距離 290m   Jake MatijevicをMAHLIとAPXSの調査対象とする

048    42m                                                                               

049    31m  総移動距離  367m                                                               

050    48.9m 総移動距離  416m                                                               

052  37.3m 総移動距離  450m                                                               

055    23.5m 総移動距離  480m     "Rocknest," 手前到着(砂の堆積ですくう作業実施予定)            

056    6m   総移動距離   484m     "Rocknest," へ最接近                                                 

061    "Rocknest,"で初スクープ                                            

062    地表面に光るもの発見 → 何であるか確認中          

066    "Rocknest,"で2回目のスクープ。Curiosity由来物質の存在のため、2回目のサンプルは廃棄。

069    3回目のスクープ実施
         Sol66で発見したスクープ跡の光る物質をサンプルとしてCheMinとSAMで分析する予定と思ったが、別の場所からサンプリング実施。

072    記者会見

074   4回目のスクープ                            

083    記者会見
086    記者会見

093    "Rocknest"で5回目のスクープを実施。

100    1.9m    "Rocknest 3."へ近づく

102    25.3m   "Point Lake." へ向かう

116    記者会見

120-122    79m                                        

123    19m   総移動距離 598m     Yellowknife Bayへ接近    

124    14m                                                                 

125    26.1m                                                              

127    32.8m                                                              

128   "Costello" and "Flaherty." 調査

130    5.6m  総移動距離  677m 

134    クリスマス休暇入り                                                    

147    3m   総移動距離  702m     活動再開                                                       

159    NASA Hosts Jan. 15 Telecon About Mars Rover Progress     

170    "John Klein." でDrill使用準備開始                                                       

173    "John Klein"付近の自動車の取っ手のような画像他を撮影       

175    "John Klein"で"drill-on-rock checkout"を実施                                      

180    "John Klein"で"mini drill test,"を実施                                     

182    "John Klein"でfull drilling 火星史上 初ドリルで岩のサンプルを採取

193    初ドリルサンプルがスコップに載る

195    ChemMinへサンプル投入                                          

196    SAMへサンプル投入                                                  

201    from the A-side to the B-side スイッチした                            

213    news conference で「今回の結果からNASAは、火星に過って生命が存在した可能性のある環境と成分があったことを発見したとしています。」 今回の手がかりから、 "John Klein" は、古代の河の末端であったか断続的に形成された湖底であったと考えられます。

217    セーフモードになる                                                    

219    「the 44th Lunar and Planetary Science Conference(LPSC)」でCuriosityの先週13日のnews conference で発表されなかったデーターがたくさん出てきました。           

220    セーフモードから回復                                                

234    合のため通信途絶える                                                

250    合                                                    

261    合からの通信回復                                                       

273    3.08m                                                                            

275    0.675m    総移動距離 727m        "Cumberland,"に接近                                                 

279    "Cumberland,"でドリルによるサンプル採取                            

290    地球-火星間のRADの測定結果発表                                    

317    Phobosの頭上通過をNavCamで撮影                                     

324    18m Shalerから18m離れる                                              

327    40m   Sharp山目指して40m進む

335  38m    総移動距離 1,029m 1kmを超えた。

340  100.3m 1日での過去最長距離    

今は、ひたすらSharp山の麓を目指して進んでいます。 
頑張れ!Curiosity! 

                      

 


コメント   この記事についてブログを書く
« インドの”Mars Orbiter Mission” | トップ | 火星の庭に集う美女たち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

MSL」カテゴリの最新記事