火星への道

有人火星探査の実現を夢見て!火星ミッションの情報を提供しています。

火星着陸は同じだけれど

2011-01-27 22:04:59 | 520MARS
1月26日にESAのサイトで火星着陸シュミレーションについて紹介されています。

詳しくは、ここにて

Diego Urbinaさんの記事です。


それによると、以下の点はロシアの発表と同じです。

・2月1日開始
・着陸メンバー(Diego Urbinaさん、Aleksandr Smoleevskyさん、Wang Yueさん)

ただ、地球からの距離など下記の点が違ってます。

・火星までの距離:44,824.02km
・地球までの距離:191,411,849.9km

現在の地球と火星の実際の距離は、2.38AU(天文年鑑より)となってますので3.57億kmです。
ロシアは、2018年の大接近時を想定していて地球-探査機-火星の位置関係が想定されていますが、ESAは今一分かりませんね。
また、下記の画像が一緒に発表されているのでARABIA TERRA(アラビア大陸)かTERRA CIMMERIA(キメリア大陸)への着陸を想定しているものでしょうか?



大きい画像は、ここ

何はともあれ、いよいよ宇宙服を着ての船外活動が実施されますので楽しみです。





コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 最近変わったの・・・ | トップ | 宇宙生活って! »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
祝 火星着陸 (球磨)
2011-02-17 08:29:39
現実では 長期の放射線被爆・無重力の後の 火星の重力・・・・宇宙服が重いのでは??
そうですね! (観無量)
2011-02-17 23:21:28
現在、火星まで行く場合の放射線被爆量は見積もられていますが、太陽フレアの場合を除けば、往復の1年以上の期間で受ける放射線量は約50レムで普通の人たちが受ける被爆量より多いものの致命的なものではありません。また、重力の問題にしてもエルゴメーターのようなもので筋力に付加を掛けながらアミノ酸などを摂取することで筋力の維持は可能です。事実ロシアのワレリー・V. ポリャコフのLEOではありますが長期滞在記録があるので問題ないと思います。
取り合えず 接近>周回? (球磨)
2011-02-18 09:00:33
1/6の重力用と ISSの微小重力用より 火星用の宇宙服は 軽くしないと 着陸しての探査は しんどいのでは と・・・
行き帰りの居住区は露西亜頼みになるんでしょうね・・・実績が・・・火星軌道のも先に送っておかないと・・・帰りは新しい居住区で 地球帰還カプセル付・・・もっとも リハビリに新ISSで1ヶ月?

これで周回だけならいつでも可能ですね 遠隔操作のマーズローバー降ろして R2D2マーズロボットが 探査>離陸>R2D2も地球帰還させる・・・
ヘビーリフター 結局アレスⅤ???F-1エンジン復活サターンⅤにシャトルSRB4セグ4本付け・・・・は いかがでしょう 
メタンエンジン (観無量)
2011-02-19 00:03:43
やはりアレスⅤが最有力でしょう。気になっているのは、メタンエンジンの実用性なのですが、中々調べきれないです。火星へ安く行くためのキモの技術なのですがね。ズブリンさんは、実用化できると言ってますが、現実に運用されているエンジンはないようです。
LNG(液化天然ガス)のタクシーはあります。
ジェット燃料とLNGのカクテルで飛ぶ飛行機が2012年計画されているようです。
http://ameblo.jp/drnakashima/entry-10381383178.html

とにかく最初は、周回だけでもいいかと思います。エンジンとか燃料とかの改良で、行き6ケ月周回30日、帰り6ケ月くらいで出来るといいんですが・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

520MARS」カテゴリの最新記事