ハナウタ日和

東京のベランダでけなげに育つ植物達と陶芸作品と日々。
のんびり更新。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エリオスペルマム・ドレゲイ

2016年09月18日 | 球根植物
エリオスペルマム・ドレゲイ(Eriospermum dregei)が咲きました。
南アフリカの東および西ケープ州に分布するキジカクシ科の植物です。
冬(秋~春)に雨季を迎える地域に自生する冬成長型植物です。
乾燥した植木鉢に久しぶりに水をあげたら、急に成長してきました。雨季が来たと思ったのでしょうか。

花茎の高さは17cm程度。


緑色とクリーム色の変わった色の花です。
なんとなくバニラのような良い香りがします。

で、花は目立ちますが、本体はどこかと申しますと、左下の小さいやつです。


これ。このモフモフしたやつ。地下の根茎で花とつながっています。
まだ出葉途中です。


で、こちらが、出葉後の様子です。
トナカイの角のような草姿です。



ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。

にほんブログ村 にほんブログ村
ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小枝に留まった鳥の箸置き | トップ | サルコカウロン・パターソニー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

球根植物」カテゴリの最新記事