長尾たかしの・・・未来へのメッセージ

自民党衆議院議員長尾たかしのブログ。平成11年からネット上で情報発信を継続。サラリーマン生活を経て政界へ。

全くよく分からない・・・地球市民的価値という言葉

2005-02-28 17:42:53 | 憲法
憲法調査会が最終報告をまとめている。5年間何が話し合われたのか些か疑問。そういえば、わが民主党の憲法草案に愕然として8ヶ月が過ぎようとしている。

今まで折に触れて記した私の意見だが、民主党の内部もバラバラだ。私が納得できぬフレーズは以下の部分。

・「国際協調による共同の解決が主流となりつつある」として「人間の尊厳が、国家の枠を超えて保障されるべきものであるとの地球市民的価値を定着させてきている」
・「これまで絶対的な存在と見られてきた国家主権や国民概念も着実に変容し始めている」
・「国境の壁がいよいよ低くなり、外国人であっても地球市民としてその基本的権利を保護する義務を政府は果たさなければならない」

それほど国家という概念が邪魔なのだろうか。民主党内にもこの「地球市民的価値」というのが理解できない人が多い。当たり前である。そもそも主権国家日本の憲法草案に国家の枠組みを超えるものなどあろう筈がない。この漠然とした「地球市民」という言葉をまじめに語るならば、私は民主党案に徹底的に反論し続けていくであろう。

国家あっての国民であり、国民あっての国家。国家主権あっての隣国との国際協調ではなかろうか。国際協調、国際協働とは、自国と言う概念を破壊して成立する筈がない。

全くよく分からない・・・地球市民的価値という言葉

2005-02-28 14:19:19 | 憲法
憲法調査会が最終報告をまとめている。5年間何が話し合われたのか些か疑問。そういえば、わが民主党の憲法草案に愕然として8ヶ月が過ぎようとしている。

今まで折に触れて記した私の意見だが、民主党の内部もバラバラだ。私が納得できぬフレーズは以下の部分。

・「国際協調による共同の解決が主流となりつつある」として「人間の尊厳が、国家の枠を超えて保障されるべきものであるとの地球市民的価値を定着させてきている」
・「これまで絶対的な存在と見られてきた国家主権や国民概念も着実に変容し始めている」
・「国境の壁がいよいよ低くなり、外国人であっても地球市民としてその基本的権利を保護する義務を政府は果たさなければならない」

それほど国家という概念が邪魔なのだろうか。民主党内にもこの「地球市民的価値」というのが理解できない人が多い。当たり前である。そもそも主権国家日本の憲法草案に国家の枠組みを超えるものなどあろう筈がない。この漠然とした「地球市民」という言葉をまじめに語るならば、私は民主党案に徹底的に反論し続けていくであろう。

国家あっての国民であり、国民あっての国家。国家主権あっての隣国との国際協調ではなかろうか。国際協調、国際協働とは、自国と言う概念を破壊して成立する筈がない。


リーダーと黒幕

2005-02-25 17:45:26 | 社会
「リーダーとは自分で責任を取る人でなければならない。日本の財界にはリーダーはいない。黒幕がいるだけですよ。」

堀江氏の言葉に妙に納得してしまうのだった。さて、仮処分申請について、これは注目していく必要がありそうだ。


リーダーと黒幕

2005-02-25 14:20:04 | 社会
「リーダーとは自分で責任を取る人でなければならない。日本の財界にはリーダーはいない。黒幕がいるだけですよ。」

堀江氏の言葉に妙に納得してしまうのだった。さて、仮処分申請について、これは注目していく必要がありそうだ。


復活

2005-02-24 17:46:11 | 活動
体調は復活した。

ほぼ一週間振りの街宣。午後は調子を取り戻すべく学生ボランティアもお借りして夕刻まで実施予定。夜は14区常任幹事会。次なるお題は9月の柏原市議会議員、羽曳野市議会議員選挙対応。また選挙である。中間選挙がここまで多い選挙区も珍しいだろう。私にとっては選挙を通して学べるし、ネットワークも作れる。実は好都合。全力で取組みたい。

復活

2005-02-24 14:20:43 | 活動
体調は復活した。

ほぼ一週間振りの街宣。午後は調子を取り戻すべく学生ボランティアもお借りして夕刻まで実施予定。夜は14区常任幹事会。次なるお題は9月の柏原市議会議員、羽曳野市議会議員選挙対応。また選挙である。中間選挙がここまで多い選挙区も珍しいだろう。私にとっては選挙を通して学べるし、ネットワークも作れる。実は好都合。全力で取組みたい。

監査終了

2005-02-23 17:46:51 | 活動
インフルエンザ完治。

午後から久し振りに外へ。支部収支報告書を公認会計士監査の為に提出。あーっ、随分前にやっておいて良かった。問題なく監査終了。

「長尾さんとこみたいに普通にやって頂いていると監査もスムーズなんですけれどね」「私も民間から来た当初びっくりしましたよ」「ねっ」

政治資金規正法。民間並みに普通にすべての領収証提出を義務付け、毎日の現預金残高と帳簿が整合しているか確認する必要があるのでは。

みんな反対するだろうなぁ。政治と金の問題はここから改善しなければならないと確信している。

あぁ、5日間活動をサボってしまった。

監査終了

2005-02-23 14:21:32 | 活動
インフルエンザ完治。

午後から久し振りに外へ。支部収支報告書を公認会計士監査の為に提出。あーっ、随分前にやっておいて良かった。問題なく監査終了。

「長尾さんとこみたいに普通にやって頂いていると監査もスムーズなんですけれどね」「私も民間から来た当初びっくりしましたよ」「ねっ」

政治資金規正法。民間並みに普通にすべての領収証提出を義務付け、毎日の現預金残高と帳簿が整合しているか確認する必要があるのでは。

みんな反対するだろうなぁ。政治と金の問題はここから改善しなければならないと確信している。

あぁ、5日間活動をサボってしまった。

勝つべき人が勝てばいい

2005-02-22 17:47:34 | 社会
インフルエンザ、強烈だった。

扁桃腺肥大の私は少々の高熱は慣れっこなのだが、今回は食欲が全くなく、呼吸は激しくなり、手足は痺れるで、中々凄まじい。熱は完全に下がったが、外出はまだ禁止。明日から出所。

昨日は自宅で書類整理に徹したが、昼間のテレビに報道番組の多いことに驚かさせた。結構ヘビーな話題も扱っている。ホリエモンの露出度はヒートアップ。彼へのバッシングも何処まで続くことか。

マスコミお得意の「視聴者への刷り込み行為」を徹底的に批判する堀江社長。中々面白かった。

加藤さんも指摘していたけれど、日本は若くて、新しくて、チャレンジ精神溢れるベンチャー企業を徹底支援するんじゃぁなかったかなぁ。

触れてはいけない既得権益に触れるならば「殺られる前に、殺れ」というところだろうか。勝つべき人に勝って頂ければ私は何も言わない。

インターネットと放送の融合、、、これは奥が深い。

勝つべき人が勝てばいい

2005-02-22 14:22:22 | 活動
インフルエンザ、強烈だった。

扁桃腺肥大の私は少々の高熱は慣れっこなのだが、今回は食欲が全くなく、呼吸は激しくなり、手足は痺れるで、中々凄まじい。熱は完全に下がったが、外出はまだ禁止。明日から出所。

昨日は自宅で書類整理に徹したが、昼間のテレビに報道番組の多いことに驚かさせた。結構ヘビーな話題も扱っている。ホリエモンの露出度はヒートアップ。彼へのバッシングも何処まで続くことか。

マスコミお得意の「視聴者への刷り込み行為」を徹底的に批判する堀江社長。中々面白かった。

加藤さんも指摘していたけれど、日本は若くて、新しくて、チャレンジ精神溢れるベンチャー企業を徹底支援するんじゃぁなかったかなぁ。

触れてはいけない既得権益に触れるならば「殺られる前に、殺れ」というところだろうか。勝つべき人に勝って頂ければ私は何も言わない。

インターネットと放送の融合、、、これは奥が深い。

インフルエンザ

2005-02-21 14:23:19 | 活動
子供もインフルエンザうつる。ようやく熱下がるも、体調絶不調。


少年のこと

2005-02-18 14:24:20 | 教育
30数年前、ある少年はいつも虐められていた。

少年の親戚にはブラジルへ移住した人が多く、珍しい切手が送られてきていた。切手収集は当時子供達に最も人気のあった趣味のひとつ。しかし、少年は珍しい切手を持っていることがきっかけで虐めにあった。

小学校の北校門にはいつも奴等が待ち伏せていた。少年の左鼻の奥には傷があって、顔を蹴飛ばすとすぐ鼻血が出た。みんなは少年がすぐ鼻血を出すので面白いのだ。毎日顔を蹴られて、鼻血を流して家に帰った。

それでも親には悔しくて話ができない。だから学校を休むこともなかった。

虐めは小学校2年から4年まで続いた。それでも少年は学校を休まなかった。友達がいたからだ。でもその友達も集団の中に入ると一緒になって自分を虐めていた。少年は友達を無くしたくないので我慢した。

自分より体の大きな友達と無理矢理喧嘩もさせられた。彼もまた虐められっ子だった。体が大きいので全くかなわなかった。お腹を蹴られてゲボが出た。泣いた。

少年は野球が好きだった。虐められても草野球チームに入っていた。少年は守備が物凄く上手かった。どんな球でも取れたし、足も速かった。でも、虐められているので試合に出してもらうことはなかった。

そして、5年生になったある日リトルリーグの試験が学校にやってきた。合格したのは20人位いた中でたったの3人。3人の中に少年が入っていた。

少年の人生は変わった。虐めはその日を境にピタッと止んだ。そして、少年も変わった。中学になると、野球の他にトランペットも上手くなった。少年は中学生なのに大人中心のデキシーランドジャズのステージバンドに入っていた。少々地元では有名だった。勉強も良くできた。

好い気になっていた。気がつけば昔自分を虐めた仲間を虐めるようになっていた。そう、仕返しである。

親は虐められていることを実は知っていた。少年がジッと耐えるのを見守っていた。だから、少年が虐めを始めたことも知っていた。困ったと思った。

それでも虐めを始めた少年は暴力は絶対に振るわなかった。殴れば痛いからである。少年はその痛さを嫌というほど知っていた。だから、虐めは結構陰湿だった。

ある日少年が虐めていた子が数人で仕返しにやってきた。角材の先には釘が刺さっていて少年の右足に突き刺さった。カッとなった少年は角材を取り上げ反撃した。初めて暴力を振るった。二人とも大怪我をした。

少年は事情を話した。父親は「殴ったのか」と聞いた。少年が頷くやいなや、父親は少年を思いっきり殴った。往復だった。当然鼻血が出た。鼻の右横に傷もできた。

「痛いか」「痛い」。父親は少年を抱きしめた。少年はその日から虐めをやめた。

少年は42歳になった。鏡を見ると鼻の傷が残っている。右足にも刺し傷が残っている。傷を見るたびに父親の愛情を思い出す。

国家とは

2005-02-17 14:25:04 | 歴史・伝統・文化
「国家は理念を持ち、その為にある一定の犠牲を払い、その詳細を情報提供し国民に説明責任を果たす」「国家は国民の財産と命を守り、尊敬されるものでなければならない」今更ながらだが、よい言葉だ。そして、ありがたい。

先日私を支援してくれている京大大学院生が、某氏より国家解体論を説かれたらしい。その内容もさることながらその取巻きの学生達が気持ちが悪いと電話を入れてきた。皆同じ眼をしていたそうだ。

国家ってそんなに嫌なものだろうか。そんなに忌み嫌うならば、今直ぐに国家の世話になることを止めればいいと思う。道路も歩きなさんなっ。すべて、自分達でおやりなさい。

Jリーグ開幕戦以来・・・

2005-02-10 14:28:24 | 北朝鮮問題
どのメディアも昨晩の日本対北朝鮮のサッカーを報じている。実は私、サッカー試合を通しでテレビ観戦したのは実にJリーグ開幕戦以来である。

技術的なことはよくわからないが、北朝鮮の方がパスが通っていたような気がする。苦戦だったのだろう。サポーターも互いを称え合いスポーツに国境はないと感じた。

さはさりながら、どこかで北朝鮮選手が気の毒に思えたのは私だけだろうか。金正日という独裁者による国家の代表として、素直にスポーツマンシップだけで戦えたのだろうか。北朝鮮という国家のあり方が違っていれば、彼らもまたスポーツ選手として生き方が違っていたのではないか。

何はともあれ、北の選手に罵声を浴びせる馬鹿な日本人サポーターがいなかった事にホッとする。敬意を表し、帰国を見送りたい。

※一言・・・彼らが自由に日本と北朝鮮を行き来出来て、日本人妻が制限されていることはあまりにも不自然。