長尾たかしの・・・未来へのメッセージ

自民党衆議院議員長尾たかしのブログ。平成11年からネット上で情報発信を継続。サラリーマン生活を経て政界へ。

ウィルスの根絶を最優先とする、今こそ有事である

2020-01-29 08:12:00 | 安全保障
政府のチャーター機が日本時間5時57分、206名の日本邦人を乗せ離陸しました。他、外務・厚労関係者6名、ANA職員5名が同乗しています。搭乗者のうち2人が発熱咳などの症状を訴えているようです。感染と認められれば都内の指定病院で治療を受けることになります。症状がなければ医療機関で検査、結果が出るまで自宅やホテルなどで待機をしつつ、毎日健康状態をチェックされます。

中国の春節の時期を迎え30億人の中国人が移動し、70万人が来日をするであろうと言われる中、新型コロナウィルスに関する政府の一連の対応を見ると、ウィルスの根絶を最優先にしているような気がします。感染者の国籍を問わずです。

まずは徹底的な水際対策を行う事は言うまでもありません。しかし現実の問題として、潜伏期間が2日から長いときには14日と言うことであれば、発熱しない限り水際作戦を取ったとしても、サーモグラフに触れずスルーされます。現段階ではワクチンが作られていない、対症療法しか存在していないと言う現実のなかで、人から人への感染がほぼ確定されたと理解するならば、マスクをする、手洗い、うがいをするなどして感染予防に努めるしかありません。

わが国は今年東京オリンピックパラリンピックを控えています。WHO等の国際機関の方針に即した対応では遅すぎます。それに先んじて日本国家独自の感染予防対策を示していかなければなりません。政府の対応が後手後手になっているのではないかと言うようなご指摘もあるでしょう。混乱を最小限に抑えながら適正なあらゆる措置を取った結果、それらが杞憂に終わるようでなければなりません。

入管法第五条に、指定感染症にかかった人については上陸をすることができないとあります。法務省に確認をしたところ法律には書いてあるが、これが実際に運用された事は無いとの事。つまり、感染症対策の観点から上陸はできないが、人道上の問題から上陸させてきたと理解をすることができます。この対応は甘すぎるというのが普通のご意見だと思います。

一方で、もしもその感染者を上陸拒否した場合、どこか他の国などに行きその感染が拡大してしまう可能性があります。日本はそれをよしとせず、目の前の危機を放置せず、他に委ねず直ぐに対処するため、あえて上陸を受け入れウィルスを殺す、つまり病気を治す、ウィルスの根絶を最優先する選択肢を取ろうとしているのかもしれません。もちろん、誰でも入国させてしまえ、発症してから治療すれば良いと言うことではなく、感染者をすぐ指定病院で治療をすると言うことを申し上げております。あくまでも私個人の考え方です。

指定感染症の患者に対しては病院に入院をする治療を受けるなどのことに対して公費が投入されます。これは健康保険に入っていない外国人にも適用されるのです。いろいろな意見が出てくるでしょう。日本に行けばタダで病気を治してくれる、ならばすぐに日本に行こうと言うような外国人がなだれ込んでくるのではないかと言う心配があります。

しかし仮にそのような感染者も追い返さず、目の前の危機を見逃さず、国籍を問わずすべての感染者を治療する、つまりウィルス感染者を日本が引き受けて、徹底的に根絶をするのだとの意思があるとも取れなくはありません。

人類全体の危機を乗り越えるときに、日本だけの安全や財政的な懸念、健康保険制度の不適正事案と言うような平時における概念などを立ち入る隙もない、今こそまさに有事の状態であると肝に銘じる必要があります。

政府は日本国内のパンデミックにつながるようなことには絶対させてはならぬと言う覚悟を持ち対処しているはずです。指定感染症は検査などをすることができるのですが、隔離をすることが法的に許されていません。感染の防止と人道上の問題と言う2つの壁を確実に乗り越えながら、冒頭申し上げた東京オリパラを控えた日本が、かつて類を見ないような特異な形で感染症対策を講じている、というような覚悟を持っていると考えることもできます。

もちろん、最良の水際対策は入国させない事です。入国制限、指定感染症と認められた方の上陸拒否等の議論は進めています。また、感染経路の特定には万難を廃していきます。

政府の対応が適正だったか否かについては、今の段階で結論付ける事は困難です。しかし確実に言えるのは、皆さんのあらゆる心配に対して、政府として混乱を最小限に抑えつつ最善の策をとっているはずです。私を含む自由民主党所属国会議員は、与党の立場からありとあらゆる可能性を勘案し、政府に対して適正な措置をとるよう求めて参ります。引き続き皆様からは様々なご意見をどしどしお寄せいただきますようよろしくお願いをいたします。

昨日、大型補正予算が衆議院を通過しました。本日からは参議院の予算委員会です。桜の問題追求は野党の皆様に全面的にお任せをいたします。

※誤解を招かぬように一部後刻加筆いたしました。

コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 憲法改正研修会を行います | トップ | 新型コロナウイルスの感染力... »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (一児の母)
2020-01-29 09:03:00
日本政府の対応が自国民の安全を確保する方向ではなく全人類ひいては自国民のためにウイルス根絶を目標とするとは思いませんでした。高邁な精神だと評価できる一方で、それならばWHO含め世界中でそのコンセンサスを確認すべきではないでしょうか。
一部の国では中国国民を排除する動きがあり、このままでは日本に罹患した人が押しかけることが予想されます。日本一国で対処できるとは到底思えません。日本人のひとりとして、これは日本が殲滅されるのではという危機感もあります。

ウイルス根絶は国際的な協調があってこそできる取り組みでしょう。日本だけで独善的にしかもまともな防衛力もなしに行おうとするのはやめていただきたいと考えます。
指定感染症 (テレビとうさん)
2020-01-29 09:08:08
初めまして、いつも応援しています。

--「ウィルス感染者を日本が引き受けて、徹底的に根絶をするのだとの意思があるとも取れなくはありません。」--

そう考えているのなら、大量の「完全隔離施設」が必要だと思いますが、そのような話は聞いた事がありません。指定感染症の患者に対しても、隔離する事は「違法」なのでしょうか?
Unknown (持病もち)
2020-01-29 13:56:54
いつも日本の為にありがとうございます。

--「ウィルス感染者を日本が引き受けて、徹底的に根絶をするのだとの意思があるとも取れなくはありません。」--

厚労省が昨日の記者会見でヒト-ヒト感染に興味があると発言していた理由が解った気がします。
そして、厚労省は中国のTVで「観光客の治療費は日本政府が面倒見るようにする」と言ったのもこの為かと。
厚労省は安っぽい正義感で自分達の名声を上げる事を第一に考え、日本国民の生命の危険とか安全は二の次という事なんですね。
よくわかりました。

隔離病棟の数は限られています。新型肺炎は持病を持っている人が一番危険にさらされます。
それだけではありません。観光客が発症し休診になる診療所もあるとか。病院に掛かれない国民も出てきています。
観光客の爆買いでマスクや消毒薬などが手に入りにくくなっています。自衛したくても出来ない状況が起きてきています。
厚労省の好奇心や下手な正義感で本来ならば安心して生活で来ていたはずの国民が危機にさらされ続けなければならない状況を一刻も早く改善して頂きたいです。
どうか切にお願い致します。

Unknown (田仲)
2020-01-30 00:37:51
ウイルス根絶を最優先にしてる?違うでしょう。キンペイを国賓で呼ぶから忖度してるだけでしょう。世界の平和の為に日本がウイルスを根絶させるんだと本気で思ってるんですが?目出度すぎて日本潰れますよ。まずは日本人、日本に住んでる人々の安全を最優先に考え動くのが政治家の務めです。世界の平和やオリンピックは日本人や日本に安全安心を与えてから動けばいいのですよ
Unknown (あ)
2020-01-30 10:08:43
長尾先生へ

検査拒否が可能ということは、
バイオテロが可能だという事を他国に認識させた事になります。

緊急事態条項の必要性を国民に知らせて下さい。
よろしくお願いします。
コロナウイルス対策 (自民党支持者)
2020-01-30 15:02:42
自民党支持者の者です。

法整備すべきことをまとめてみました。

①「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」における拒否的措置、予防的措置の明確化(特に、感染症発生国との交通制限・遮断措置)、潜伏期間中の旅行者の隔離措置ならびに移動制限措置

②「出入国管理及び難民認定法」における、上陸拒否の徹底(同じ航空便で一人でも発症者が確認された場合、他の搭乗者の入国を認めない?)

③「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」等の法律における、事前周知期間の短縮化

④生物化学兵器等による攻撃・テロ対策法の法制化(戒厳令レベル?)

⑤その他、感染症に係わる、非常事態、緊急事態を想定した、強制隔離措置等を含む包括的措置に係わる措置、体制、実施権限等に係わる、法制化
こんな危険な国でオリンピック? (高橋 和加子)
2020-02-01 17:13:16
BBC報道によると、新型肺炎が中国全土に拡散。
博多港にクルーズズ船ででやってきた中国人が、1月だけで4名失踪。
福岡市の高島市長が、入港・上陸拒否の要請を国にしても、「できない」との返答・・・
こんな日本国民さえ守ろうとしない、テロ・スパイ放置の危険な国に、世界各国がアスリートを安心して送り出すでしょうか?
東京五輪は、中止または延期すべきでは?
日本人は、中国人の奴隷ではありません (高橋 和加子)
2020-02-06 00:35:57
じっくり読んで、ゾッとしました。
日本国民を特攻隊にして、自分たちは安全な場所から、ウイルス撲滅のために感染して協力しろと言っているのと同じですよ。

多少感染して死者が出ても、中国移民を受け入れればいいと思っているようにしか思えません。

ウイルスを殺す?そんなことできません。
長尾たかし議員が語っているのは、見よさそうに聞こえますが、実際は真逆の、ユートピア思想、共産主義。
思った以上に、日本は中国の侵略が深いことがよくわかりました。
とても残念です・・・

コメントを投稿