長尾たかしの・・・未来へのメッセージ

自民党衆議院議員長尾たかしのブログ。平成11年からネット上で情報発信を継続。サラリーマン生活を経て政界へ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

竹島奪還デモに参加した

2008-02-23 17:48:44 | 韓国外交
動画バージョン

本日寒い中、竹島奪還のデモに参加した。

日本は小さな国家ではない。面積は世界で61位だが、領海と排他的経済水域を入れると6位である。そして、「体積」で見れば4位となり、ロシアや中国などの大陸国を上回るのである。

戦後日本の教育では、領土意識をなくする対日戦略があったと思う。権益を主張できるようになったのは、94年の国連海洋法条約の制定以降。実は今の通常国会まで国内法の整備を怠ってきた日本。昨年海洋法が成立することで、日本は名実共に、海洋国家への第一歩を踏み出すこととなる。

韓国政府は、竹島問題の真実と戦後賠償金問題を意図的に隠蔽している。竹島問題については双方が、国交正常化交渉過程で領有権を棚上げすることで合意していることは歴史的事実である。つまり、韓国側は日本の領有権主張を一応、当時から了解していたということである。しかし、国民に事実を知らせない韓国ではこのことはほとんど知らされていない。

竹島は島根県として終戦を迎え、占領軍により行政権の行使は停止された。1951年のサンフランシスコ講和条約で、日本領土として島根県に復帰。しかし、韓国が1952年の大統領宣言で領有権の正当性を主張した。その後、何の解決もなく今日まで日韓両国の間には議論が絶えぬ。

国境意識のない国家はありえない。徹底的な両国間の議論が必要なときではないか。とりあえず韓国側の主張にも耳を傾けてはみるものの、理由が成り立たない。ただただ、実効支配戦略のみである。領土意識のない国家は必ず滅びる。日本の領土、国家主権を奪われぬよう、毅然とした態度を示すべきだ。

それでも韓国が納得しないのならば、国際司法裁判所で決着を付けるべし。韓国が一方的に「李承晩ライン」を引き、竹島を武力占領した後、我国はすぐに国際司法裁判所に付託提案した。国際司法裁判所で議論展開がされると都合の悪い韓国はこれを拒否し続けている。

竹島は韓国の領土だと自信を持って言い切れるのならば、正々堂々と裁判に持ち込んだらどうだろう。

一昨年、産経新聞社説に同様のくだりがあった。
-----------------------------
戦後、独立した韓国の李承晩政権は昭和二十七年、竹島を
韓国領とする「李ライン」を一方的に設定した。日本は何
度も抗議し、二十九年、国際司法裁判所に提訴することを
提案したが、韓国はこれを拒否した。その後、四十年に日
韓基本条約が締結され、竹島問題については、交換公文に
より、両国間で解決できない場合は「調停によって解決を
図る」とされた。

「調停」は国際司法裁判所の判決を意味し、最終的には
公正な第三者の判断を仰ごうという趣旨だ。韓国は今も日
本の提案に応じていない。
-----
戦後賠償金についても国民に知らせなかったのは、韓国政府のほうであった。つくづく気の毒な韓国国民である。

-----
1965 日韓基本条約、請求権及び経済協力協定(略称)
 有償 2億ドル(720億円)
 無償 3億ドル (1080億円)
       =生産物および日本人の役務(10年)
     *別に民間3億ドル
 協定第二条1「完全かつ最終的に解決されたこととなる
ことを確認する」合意議事録2(g)8項目「対日請求要
綱の範囲に属するすべての請求」について「いかなる主張
もしえないこととなることが確認された」
-----

私は真の日韓友好を望んでいる。その思いに嘘偽りはない。

日韓基本条約では、「完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認」したわけで、これを両国が国際条約として認めたということ。そして、「8項目「対日請求要綱の範囲に属するすべての請求」について「いかなる主張もしえないこととなることが確認された」のだ。であるから、40年間我国と韓国との間でどのような国際交流が行われたのかを検証すべきと思う。5億ドルの賠償金が今日の韓国にどれだけ貢献したのか、、。

韓国政府はこの「日本隠し」を意図的に行っている。製鉄所、高速道路、地下鉄、ダムなど日韓40年の成果を韓国政府は国民に何故語らないのか。語られていれば、反日感情もこれほどまでにはならなかっただろう。私としては、断じて日韓両国において、「過去は既に清算されている」という認識である。

韓国が伊藤博文を暗殺した「国際テロリスト安重根」を賛辞しようが、我国はそれについて干渉しない。韓国には韓国の国家観がある。ただし、主権及び領土保全の相互尊重、相互不可侵、内政に対する相互不干渉、平等及び互恵並びに平和共存の諸原則の基礎の上に、両国間の恒久的な平和友好関係を発展させるもの努力は怠りなく、お互いが実行しようということを切にお願い申し上げたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 外国人地方参政権について | トップ | 先生と生徒という関係 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様です (G3)
2008-02-23 18:53:26
私も参加していました。長尾たかしさんの少し前ぐらいにいましたよ。
Unknown (Unknown)
2008-02-23 18:53:58
私も参加していました。長尾たかしさんの少し前ぐらいにいましたよ。
Unknown (Unknown)
2008-02-24 02:32:15
民主党の方々は、国を売ろうとしているんじゃないかと多々思う。思うと言うより、見せ付けられてきています。
だから長尾さんのような方が居るなんて知りませんでした。
私も含め、コメントしてる方、閲覧のみの方も、長尾さんを応援しています。応援しか出来ない私ですが、このコメントが励みになれば…と思います。
期待しています!!!
お疲れ様でした! (二代目弥右衛門)
2008-02-25 22:40:45
デモ行進の日は寒風に加え突然雪が降り、大変寒かったですね。
御多忙中、お疲れ様でした。

長尾さんのような政治家が早く国政で活躍されることを祈念申し上げます。




お疲れ様でした。 (イノボン)
2008-02-25 23:20:26
小生も参加していました。
一眼デジカメを持ってうろうろしてました。
動画があがってますね (たお)
2008-02-29 00:15:44
お疲れ様でした!
私も生まれて初めてデモというものに参加しましたが、実に楽しかったです。ただ大声を出し過ぎて喉が痛くなりました(w
長尾さんのような真っ当な政治家がもっと増えてくれれば嬉しいですが、どいつもこいつも党利しか考えられない腰抜けの売国奴ばかりで嘆かわしいです。その代表が小沢一郎・鳩山由紀夫のバカコンビです。はやく党首を交代して下さい。せっかく、民主党にも若くて有能な国士が大勢いるのに、「民主党=売国左翼」とのイメージが定着しつつあるのは損失です。私も現在のままでは民主党は支持しません。
あとデモの様子の動画が早くも上がってますね。

http://jp.youtube.com/watch?v=ECGZvVOyf2E
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2422885
ほぉ… (RIKAKU)
2008-07-17 22:53:51
民主党にも、日本の国益を真摯に考えている方がおられたのですね。
勉強不足でした。応援します。

韓国外交」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事