Club jannmu

Change  future meet past 
I recommend that you read back

Will Oil End the American Century?

2018-05-23 21:57:05 | 翻訳記事 Translation


Can human beings escape from oil dependence?

You should write an article titled.

How much human beings have paid for extracting what you need from petroleum?

What are the waste and by-products that come out by extracting what you need from petroleum?

A Palestinian who was repressed by Israel the other day was burning a tire.

Do they know what is included in that rising black smoke?

The main by-products of thermal power generation are cement, sulfuric acid and asphalt, which are continuously used as a material for building the landscape of the city. 
Although the citizen covers that consideration by paying a lot of taxes, many of the citizens call it "high-rise buildings, high-rise apartments · hakomono", "necessary roads", etc., and they are seeking politicians. 
Even though it is the main cause of environmental deterioration. 
To be unaware is that you can also narrow your head. 
Oil-producing countries will soon have a time when the partner countries will directly deal with what they need with their counterparts. 
In Japan, cement and asphalt are too much, but some countries are missing. 
And the more you sell oil, the closer your neck will be.

Just warming up the sun is riseing.

Technologies for moving that energy with other energies, such as electric energy and electricity, directly with the sun or other natural energy are definitely developed in the future.

The day will come when the air conditioner will be unnecessary.

Because there is no way for human beings to survive.

And the energy consuming life that human beings have gone too far, and the days when we have no choice but to change the lifestyle.

At that time, I predict that probably an American person who always has a useless life.

Former Vice President Gore, who makes money with global warming, does not saves himself at all, is symbolic.

While doing this, stock prices fluctuate, and 1% are making profits.

It is added to the price to the end consumer.

 
 

 

石油依存から人類は脱出できるだろうか?というタイトルで記事を書くべきだろう。

石油から必要なものを抽出するために人類はどれだけのコストを支払ってきたか?

石油から必要なものを抽出することで出る廃棄物や副産物はなんだろうか?

先日イスラエルに弾圧されたパレスチナ人がタイヤを燃やしていた。あの立ち上る

黒煙には何が含まれているのかを彼らは知っているだろうか?

 

火力発電の主な副産物が、セメントと硫酸とアスファルトで、それはその

まま都市の景観を造る材料として継続して使われている。

その対価を市民が多くの税金を支払うことで賄っているが、市民の多くはそのこと

を「高層ビルや高層マンション・ハコモノ」「必要な道路」などといって政治家に

求めている。環境を悪化させている主たる原因であるにもかかわらずにだ。

 

知らないということは自分の首を絞めることにも成り得るということだ。

 

産油国は相手国が必要なものを相手の通貨と直接取引する時代がやがて来るだろう。

日本ではセメントやアスファルトは余り過ぎているが、不足している国もある。

しかし石油を売れば売るほど自分の首も閉まることになる。

 

太陽が昇るだけで温かい。そのエネルギーを他のエネルギー、例えば電気エネルギーや

電気で動いている機械を直接太陽その他の自然エネルギーで動かす技術が今後

必ず開発される。エアコンは必要なくなる日が来る。

何故なら、それしか人類が生き延びる術がないからだ。

そして人類の行き過ぎたエネルギー消費生活、ライフスタイルを改めざるを得ない日も

必ずやってくる。

その時に、いつまでも無駄な生活を平気でしているのは多分欧米文化に犯された人

なのだろうと予想する。

地球温暖化で金儲けして、自分は全く実践しないゴア元副大統領が象徴的だ。

こうしている間にも株価は変動し、利益を上げている1%がいる。

それが末端消費者への価格に加味されている。

 

私が以前から「原住民サミットを開催すべき」と訴えているのは、その土地の持つ個性

(水の性質や気象条件など)からその土地に合った省エネライフスタイルを彼らから

学べるはずだからだ。

 

そのことを今は亡きスーパースターも表現しているので、そういう視点で見て欲しいと

思う。

Michael Jackson - Black Or White (Shortened Version)

 

 

Gold

 http://honjin-1.com/Gallery/archives/25#post-detail

 

19.05.2018 Author: F. William Engdahl
 

Will Oil End the American Century?

 

petroleo

The American Century, so triumphantly proclaimed in a 1941 Life magazine editorial by US establishment insider Henry Luce, was built on the control of oil and on an endless succession of wars for that control of global oil. Now, ironically, with the illegal and unilateral cancellation of the Iranian nuclear agreement by the US President, oil may be set to play a key, if unintended, role in the downfall of the global hegemony of that same American Century.

Each element of various countries’ recent and increasing steps to get away from dollar dependency, in and of itself is insufficient to end the domination of the US dollar through Washington’s ability to force other countries to buy or sell their oil only in dollars. Yet each unilateral provocation and sanction action by Washington forces other countries to find solutions only four years ago not deemed possible or practical.

Since the 1973 oil price shock following the Yom Kippur War, Washington and Wall Street have moved to ensure that OPEC, led by Saudi Arabia, would sell its oil only in US dollars. That insured that demand for the US currency could be more or less independent of the internal state of the US economy or of the Government debt or deficits. That system, dubbed petrodollar recycling by Henry Kissinger and others at the time, was a vital underpinning of US global ability to project its power at the same time it allowed its major corporations to walk away from national domestic taxes and investment, in the process of out-sourcing to places like China or Mexico, Ireland or even Russia. Were a significant group of nations to abandon the dollar and turn to other currencies or even barter at this point, it could start a chain-reaction of events that would lead to sharp US interest rate increases and a new US financial crisis that would be far uglier than that a decade ago.

US Sanction Mania

Ever since September 11, 2001 the US Government has been engaged in a process of transforming its use of financial sanctions, supposedly against financing of terrorist groups like Al Qaeda, into a central weapon of warfare in defense of the American Century. The latest decision of the US Treasury to impose radical new forms of targeted sanctions on Russia, which not only ban American citizens from doing business with them, but also threatens sanctions on non-US citizens doing such business, is now being followed by re-imposition of draconian new US sanctions on Iran.

The Trump Administration, unilaterally withdrawing from the Joint Comprehensive Plan of Action (JCPOA), or the Iran nuclear deal, has announced that other countries trading Iran oil must wind down that trade by November or face sanctions themselves, so-called secondary sanctions. The US Treasury is also targeting vital international reinsurance companies or foreign banks that might be involved in Iran oil trade. The latest Iran sanctions use as justification the Section 1245 of the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2012.

What the unwarranted US move is doing is forcing key nations including China, Russia and Iran itself, along possibly with the EU, to distance themselves from the dollar as never to date.

Chinese Yuan Oil Trade

In March this year China launched a yuan-based contract for oil futures. Futures are a key component of today’s global oil trading. It is the first oil futures contract not in US dollars. Until the new Iran US sanctions, Washington regarded it as little than a nuisance that would take years if ever to gain serious acceptance. Now the US effort to block Iran from dollar sales of its oil might give a huge boost to Shanghai’s oil futures, and advance acceptance of what some call a petro-yuan.

China is by far Iran’s largest customer for its oil, importing some 650,000 barrels daily of the recent total export by Iran around 2.5 million barrels a day. India is second largest with around 500,000 a day of import. South Korea is third with 313,000 bpd and Turkey fourth at 165,000, according to a recent report by Bloomberg. The likelihood that Iran, which has recently expressed desire to be independent of the dollar, would sell its oil to China in Chinese yuan, is extremely high. If China were to make yuan sales a precondition of continued buying of Iran oil, saving the cost of dollar exchange, it would also significantly increase use of the Chinese renminbi yuan in global trade at expense of the dollar.

Iran is also a key strategic partner in China’s Belt Road Initiative, its multi-trillion dollar Eurasian infrastructure project. Following the latest US sanctions, on reports that France’s Total oil major may be forced to sell its major share in Iran’s huge South Pars natural gas field, a Chinese state energy industry source stated that China’s giant CNPC oil group is prepared to take over the French share. Currently Total holds 50.1% and CNPC 30% with Iran’s state oil company 19.9%. Trump’s National Security Council head, John Bolton, a long-standing neoconservative warhawk who has earlier advocated going to war against Iran, has stated that EU firms would face US sanctions if they continued to work with the Iranian government.

Further indication of growing China-Iran economic ties, on May 10, China launched a direct overland rail service connecting its Inner Mongolia from Bayannur some 8,000 kilometers across Kazakhstan and Turkmenistan to Teheran. Freight travel time is estimated at 14 days, some 20 days less than ocean freight time.

Russia Moves

A second significant business partner for Iran, Russia, though plagued itself by US sanctions, has engaged in numerous business agreements in Iran following the 2014 Iran Nuclear Agreement and lifting of sanctions. Russia’s Putin has explicitly declared Russia’s desire to become independent of the US dollar for security reasons related to sanction vulnerability. In that regard, bilateral Russia-Iran trade has been on a barter non-dollar basis for many products since November 2017.

Further, Iran’s Foreign Minister Mohammad Javad Zarif was in Moscow on May 14 to discuss with Russia’s Lavrov the future of the Russian nuclear power project agreement and both sides pledged to continue economic cooperation. Several Russian oil companies are already engaged in Iran projects.

Trade between Russia and China is also moving out of the dollar, even prior to the latest foolish US rejection of the Iran agreement. Currently China is Russia’s largest trade partner with 17% share, double that between Russia and Germany, number two. Further reduction in Dollar trade between the two is likely to increase. At the April 25 meeting in Shanghai of the Valdai Discussion Club, Zhou Liqun, chairman of the Union of Chinese Entrepreneurs in Russia declared that the two Eurasian countries should increasingly get away from the dollar in their bilateral trade. He stated, “The leaders of the two countries should think over improving relations, especially in financial cooperation. Why make payments with foreign currency? Why dollar? Why euro? They can be made directly in the yuan and the ruble,” he told a Russian state TV.

Even before latest Russian and Iran sanctions from Washington Russia and China have been carefully moving out of the dollar in their bilateral trade. Russia in late 2016 established an oil futures contract traded on the St. Petersburg Exchange (SPBEX) using its ruble to price Russian Urals oil futures paralleling the Shanghai petro-yuan futures.

This year bilateral Sino-Russia trade is estimated to reach US $100 billion, after increasing some 31% in 2017. The banks and companies of the two leading Eurasian countries are carefully laying the foundations to be independent of the dollar and, thereby, of vulnerability to dollar sanctions, the diabolical advantage of Washington having the world reserve currency.

In 2017 already nine percent of Russia goods to China were made in rubles; Russian companies paid 15 percent of Chinese imports in the renminbi. Those direct ruble and renminbi payments bypass risks of dollar or Euro currencies where NATO sanctions are increasingly a factor. Further insulating the two Eurasian countries from US financial warfare and sanctions, those payments can be made independent of the EU’s SWIFT interbank payments system by using the established China International Payments System (CIPS). Already over 170 Russian banks and brokers across Russia are trading yuan at the Moscow Exchange where China’s large state banks such as the Bank of China, ICBC, China Construction Bank and Agricultural Bank of China are represented. The ruble-yuan exchange rate is calculated without the participation of the US dollar.

Will EU Follow?

In recent days there has also been reports that the European Union is looking into possibilities of trading Iran oil in euros rather than the dollar as they have to date. They have condemned the Trump unilateral break with the Iran nuclear agreement and are looking for ways to preserve trade in Iranian oil as well as major aircraft and other technology contracts threatened by the US. EU foreign policy head, Federica Mogherini, told press that the foreign ministers of the UK, France, Germany, and Iran will work on practical solutions in response to Washington’s move in the next few weeks. They reportedly plan to expand economic ties with Iran, including in the area of oil and gas supplies.

Were the EU to make such a move it would rock the foundations of the dollar system and with it, the US power projection. While it is unlikely at present, each move by Washington to damage EU economic interests as have manifestly taken place since 2014 in the Russian sanctions demanded by Washington, the prospects of a major tectonic shift in geopolitical alliances away from the Atlantic become more thinkable.

The role of the US dollar as leading world reserve currency is the cornerstone of Washington power along with its military power. Were that to undergo major diminution, it would weaken the ability of the Pentagon to wage wars for continued superpower dominance using other nations’ resources. The more the unbridled throwing out of US Treasury sanctions forces nations such as China, Iran Russia and potentially the EU to reduce dollar dependency the weaker the power of Washington to dominate other nations. At the heart of the process as for the past century is the fight for control of oil and the role of the dollar for that control.
https://journal-neo.org/2018/05/19/will-oil-end-the-american-century/

 

 

 

 

石油は「アメリカの世紀」を終わらせるだろうか?

2018年5月19日
F. William Engdahl
New Eastern Outlook

 1941年、アメリカ支配体制インサイダーのヘンリー・ルースによって、ライフ誌論説で、誇らしげに宣言された「アメリカの世紀」は、石油支配と、世界石油支配のための果てし無く続く戦争の上に築かれていた。今皮肉なことに、アメリカ大統領による、違法で、一方的なイラン核合意離脱のおかげで、意図的ではないにせよ、まさに「アメリカの世紀」という世界覇権崩壊で、石油が重要な役割を演じることになっているのかも知れない。

 ドル依存から離れるため、様々な国々の最近の拡大しつつある措置の各要素それ自体は、石油の売買をドルのみでおこなうよう他の国々に強制するワシントンの能力によるアメリカ・ドル支配を終わらせるには不十分だ。それでも、ワシントンの力による一方的な挑発や制裁行動のそれぞれが、わずか四年前には、可能あるいは現実的とは思われなかった解決策を、他の国々が見いだすよう強いている。

 ヨーム・キップール戦争の後の、1973年石油価格ショック以来、ワシントンとウオール街は、サウジアラビア率いるOPECが、アメリカ・ドルでしか石油を売らせないように動いた。それが、アメリカ通貨への需要が、事実上、アメリカ経済の内部状態や、政府債務や赤字と無関係になることを保障していた。ヘンリー・キッシンジャーや他の連中が、当時、オイルダラー・リサイクリングと呼んだ体制は、アメリカが世界に戦力を投射する能力の極めて重要な基盤であり、同時に、中国やメキシコやアイルランドやロシアなどのような場所にすら移転する過程で、アメリカの主要大企業が、国内課税や投資から逃れることを可能にしていた。現時点で、かなりの数の国々の集団がドルを放棄して、他の通貨に移行したり、バーター貿易をしたりすれば、アメリカ金利の急増と、十年前のものより遥かに醜悪になるはずの新たなアメリカ金融危機を引き起こしかねない連鎖反応の出来事のきっかけになり得る。

 制裁マニア、アメリカ

 2001年9月11日以来、アメリカ政府は、アルカイダのようなテロ集団への資金供与を取り締まるはずの金融経済制裁の使用を、アメリカの世紀防衛のための戦争の中心的武器へと転換する過程に従事してきた。過激な新たな形の標的を絞った経済制裁をロシアに課するというアメリカ財務省による最近の決定は、アメリカ国民が彼らと事業をすることを禁じるだけでなく、そのような事業を行っているアメリカ国民ではない人々にも経済制裁を課すと威嚇し、更に過酷な新アメリカ経済制裁をイランに再び課すことが続いている。

 トランプ政権は包括的共同作業計画 (JCPOA)、イラン核合意から一方的に離脱し、イラン石油を貿易している他の国々も、11月までに取引を段階的に縮小しなければ、いわゆる第二次経済制裁で、彼らも経済制裁に直面すると発表した。アメリカ財務省は、イラン石油貿易に関与している可能性のある主要国際再保険会社や外国銀行も標的にしている。最新のイラン経済制裁に、2012年会計年度の国防権限法1245条を正当化に利用している。

 根拠のないアメリカの動きは、中国、ロシアや、イラン自身を含む主要な国々、可能性としてはEUにも、これまでになかったことだが、ドル離れするよう強いているのだ。

 中国元による石油貿易

 今年3月、中国は、元に基づく石油先物契約を開始した。先物は、現在の世界石油貿易の主要要素だ。アメリカ・ドルではない石油先物契約としては、初めてのものだ。新たな対イラン・アメリカ経済制裁まで、ワシントンは、本格的に受け入れられるとしても、何年もかかるやっかい者同然に見なしていた。今や、ドルでのイラン石油販売を阻止するアメリカの取り組みは、上海の石油先物や、一部の人々がオイル元と呼ぶものの前払いに大きな弾みをつける可能性がある。

 中国は、イラン石油の圧倒的な最大顧客で、イランの一日約250万バレルの最近の輸出総計のうちの一日約650,000バレルを輸入している。ブルームバーグの最近のレポートによれば、インドは第二位で、一日約500,000バレル輸入している。韓国は第三位で、313,000 bpd、更にトルコは第四位で、一日165,000バレルだ。最近ドルから自立する願望を明かにしたイランが、中国元で石油を中国に売る可能性は極めて高い。もし中国が、元での販売を、イラン石油購入継続の前提条件にすれば、ドル交換の経費を節減し、ドルを犠牲にして、世界貿易での中国人民元の利用を大幅に増やすことになろう。

 イランは、何兆ドルものユーラシア・インフラ・プロジェクト、中国の一帯一路構想における主要な戦略的パートナーでもある。最新のアメリカ経済制裁の後、フランスのメジャー、トタル石油が、イランの巨大南パース天然ガス田の株の売却を強いられる可能性があり、中国国営エネルギー企業情報源は、中国の巨大石油集団CNPCは、フランスの株を引き受ける用意があると述べているという報道がある。現在、トタルは50.1%を保有し、CNPCが30%、イランの国営石油会社が19.9%を保有している。対イラン戦争を主張してきた、長年にわたるネオコン・タカ派、トランプの国家安全保障問題担当補佐官ジョン・ボルトンは、EU企業が、もしイラン政府との協力を継続すれば、アメリカ経済制裁に直面することになると述べた。

 中国-イランの経済的つながりの増大を示すものとして、5月10日、中国は内モンゴル自治区のバヤンノール市から、約8,000キロ、カザフスタンとトルクメニスタンを経由し、テヘランまでを結ぶ直通陸上鉄道便を開始した。貨物の輸送時間は、14日間と予想されており、海上輸送時間より約20日間短い。

 ロシアの動き

 イランにとって二番目に大きなビジネス・パートナー、ロシアは、自身が、アメリカ経済制裁によって苦しめられているが、2014年のイラン核合意と経済制裁解除の後、イランとの無数の事業契約を行っている。ロシアのプーチン大統領は、経済制裁への脆弱性にまつわる安全保障上の理由から、ロシアがアメリカ・ドルから独立する希望をはっきり宣言した。この点、ロシア-イラン二国間貿易は、2017年11月以来、多くの製品が非ドル・ベースのバーターで行われている。

 更に、イランのモハンマド・ジャヴァード・ザリーフ外務大臣が、5月14日、モスクワを訪問して、ロシアのラブロフ外務大臣と、将来のロシアの原子力計画協定について話し合い、両者は経済協力継続を誓った。いくつかのロシア石油会社は、既にイラン・プロジェクトに参加している。

 最近の愚かなアメリカのイラン合意離脱の前から、ロシアと中国間の貿易も、ドルから離脱しつつある。現在、中国は、ロシアの最大貿易相手国で、17%を占め、第二位のロシアとドイツ間の倍だ。両国間のドル貿易が更に減少する可能性が高い。4月25日、上海でのヴァルダイ・クラブ会議で、Union of Chinese Entrepreneurs in Russia(在ロシア中国起業家同盟)会長、Zhou Liqunが、ユーラシアの二国は、二国間貿易で、ドルから一層離脱すべきだと述べた。彼は“二国の指導部should think over関係改善、特に、金融協力r。一体なぜ外国通貨で支払う必要があるでしょう? なぜドルなのでしょう? なぜユーロなのでしょう? 直接、元とルーブルで行えるではありませんか”と彼はロシア国営TVで述べた。

 最近のワシントンによるロシアとイラン経済制裁の前から、ロシアと中国は両国の二国間貿易でのドル離脱の方向に慎重に動いてきた。ロシアは、2016年末に上海石油-元先物と似たような、ロシア・ウラル石油先物の値付けにルーブルを使う石油先物契約取引を、サンクトペテルブルク取引所(SPBEX)に開設した。

 2017年に、約31%増え、今年、中国・ロシアの二国間貿易は、1000億ドルに達すると推計されている。ユーラシアの主要二国の銀行や企業は、世界準備通貨を保持しているというワシントンの不愉快な強みである、ドルからの、そしてドル経済制裁に対する脆弱性から自立する基盤を慎重に築いている。

 2017年、既に9パーセントのロシア商品の中国輸出はルーブル決済だ。ロシア企業は、15パーセントの中国輸入を人民元で決済している。こうした直接のルーブルや人民元決済は、NATO経済制裁が益々重要な要因になっているので、ドルやユーロ通貨のリスクを回避できる。更に、EUのSWIFT国際銀行間決済体制から自立して、確立した人民元決済システム(CIPS)を使うことで、この二つのユーラシア国家を、アメリカの金融戦争や制裁から、遮断できる。既に170以上のロシアの銀行や、ロシア中の証券会社は、中国銀行、ICBC、中国建設銀行や中国農業銀行などの中国の巨大国営銀行が参加しているモスクワ取引所で、元で取引している。ルーブル-元為替レートは、アメリカ・ドルの関与無しに計算されている。

 EUは続くだろうか?

 最近、これまで行っているドルでなく、ユーロによるイラン石油貿易の可能性を欧州連合が検討しているという報道もある。彼らはトランプによるイラン核合意からの一方的離脱を強く非難し、イラン石油貿易や、アメリカに威嚇されている航空機や他のハイテクの大型契約を維持する方法を検討している。フェデリカ・モゲリーニ欧州連合外務・安全保障政策上級代表は、マスコミに、イギリス、フランス、ドイツ、イランの外務大臣が、ワシントンの動きに対応した、現実的な解決策に、今後数週間で取り組む予定だと語った。彼らは、石油とガス供給の分野を含め、イランとの経済的なつながりを拡大する予定だと報じられている。

 EUがそのような動きをすれば、ドル体制の基盤を根底から揺るがし、それと共に、アメリカ戦力投射をも揺るがすことになる。現時点ではありそうにないが、2014年以来、ロシア経済制裁で、ワシントンが要求して明白に起きているEU経済権益を損なう、ワシントンの動きの一つ一つによって、大西洋同盟から離れるという地政学的同盟の大規模構造的転換の可能性が、より想像可能なものとなる。

 主要世界準備通貨としてのアメリカ・ドルの役割は、軍事力とともに、ワシントン権力の基盤だ。これが大幅に縮小するようなことになれば、他の国々の資源を利用して、超大国支配を継続するため戦争をしかけるペンタゴンの能力を弱体化させるはずだ。アメリカ財務省経済制裁が強いるものが抑えのきかないものになればなるほど、中国、イラン ロシアなどの国々や、可能性としては、EUも、ドル依存を減らし、ワシントンが他の国々を支配する力が益々弱くなる。前世紀のこうした過程の核心にあったのは、石油支配と、その支配のためのドルの役割だった。

 

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/post-f364.html

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 石油は「アメリカの世紀」を... | トップ | 拾い記事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

翻訳記事 Translation」カテゴリの最新記事