タイトルとかどうでもいいや。

フツーのなんてことはないつまんないことをダラダラ書くよ

この前書いた「様」とか「先生」とかのこと。

2018-08-06 09:13:49 | 日記
考えてた。

先日の「様」だの「先生」だのの件のこと。
私は宛名とか、先生には「様」じゃなくて「先生」と書く。
ということを“当たり前”だと思ってたけど、
私と同年代の旦那が“当たり前”だと思ってなくて、びっくり。

ってことが書きたかったわけだけど。
コメントいただいたりなんかしちゃって
ずっと毎日うっすらその件のことを考えてた。


でさ。
いろんな常識、変わっていくもんだってのはその通りだと思うし、、
そして、いろんなことに「なぜ?」って疑問をもち追求したくなるのも
あるだろうなと思う、若いと特に。
実は私も、小学生の頃、母親に「先生には宛名は様じゃなくて先生と書く」
って言われたときに、なんじゃそれ?なぜ先生にだけ?
とかすごく思ったの覚えてるし。様はつけなくていいの?とも思ったし。
(先生様と書くと敬称がダブるから駄目なんだよね・・・)




ただ。多分、年寄りが「常識」と思っていること、
「常識」として教えてくることは、


処世術


として頭に入れておいたほうがいいと思う。理由を説明してもらえなくても。






先生、様、の件も
「先生と呼ばれるほどの馬鹿じゃなし」ってのを持ち出してコメントしている人がいたけど、
先生の中には先生と呼ばれたくない人ってのは実際にいると思うよ、きっと。
だけどさ、
多分そういう人って、「呼ばれたくない」ってことを最初に表明していると思うんだよね。
だから、
それ以外の、先生と呼ばれている人に対しての宛名は「先生」としたほうがいいんだよ。
だって、受け取る先生のほうは、それが常識と思っているわけだから。
多分この先そういう常識は変わってくると思うけど、今、先生と呼ばれている人たちは
まだまだそれが常識と思っている人が多分、多数派だから。





まあでもね、そういうばかばかしい「処世術」もなんじゃそれ?だけどね。
なぜ?と考えるのはとても重要なことだと思うけど、
なぜ?と考えつつ、馬鹿みたいと思いつつも、「処世術」として受け入れる
のも、大事なことだと思ったり。


ま、そんなふうに思えるようになったのも、立派なおばさんになってからだけどね、私も。
(ただ、いわゆる議員とかを「先生」と呼ぶのはしたくない。と強く思っている)





今のところはそんなふうに考えているわけだ。






そういえば・・・と思ってちょっとググってみた。
そしたらこんなに分かりやすく出ているのがあった。

「先生」は、人を教えたり導(みちび)いたりする立場にある人のことを、敬って言うことばです。
「様」は、その人がどんな人かにかかわらず、人の名前の下につけて、相手を敬う気持ちをそえることばです。「お世話になった先生」に対して使うのは、ふさわしくありません。


お世話になんてなってないとか、導かれてなんかいないとか、
ま、色々あるだろうけどさ。



なるほど。












病院に日参するのも疲れるが、多分今月末には退院するわけで、
そうすると今度は実家に日参するわけで、
となると洗濯掃除がもれなくついてくるわけで、
どっちもやっぱりヘビーだよね・・・トホホだよ。
コメント

常識というやつ。

2018-07-27 07:11:23 | 日記
「はてなプックマーク」ってご存じ?

今、世の中はどんな感じなの?ってことを気軽に知ることができるので
気がついたときにみるんだけど。


昨日ね、大学の先生(作曲家で、東京大学大学院で教えていらっしゃる)が、

『学生が人の名苗字に 様 をつけてメールをよこしてきた。』
『単位など出さない方が本人のためだろう』
『こんな非礼が通ると勘違いしないようきちんと教えてやるのが適切だろう』
『とても残念だった』

って言っててね、
ああ、そういうのってあたしたちは“常識”として教わってきたけど、
今の若い子たちはそういうの知らないまま大きくなっちゃったのね・・・
先生への年賀状とかも、個人情報どうのこうのできっとやってないのかもね
なんて感じで思ったの。


そうしたら、その大学の先生のツイートに対して、

『様をつけてなにが悪いのか』
『苗字だけじゃなくて苗字+名前に様をつければよかったのか』
『え?様つけていけないなら呼び捨てがよかったってこと?』

といったような、先生の発言に対して憤慨しているような発言がいっぱい。






びっくり。






知らないことにもびっくりなんだけど、
自分が知らないことに気付かずに反論するというか、
この人はなぜ怒っているのか。とか、そういうことを考えずに
自分の思いだけを怒りにまかせて書き込むっていうことにびっくり。
まあ、この件に限らず、ネット上って

「え?前後の出来事なにも知らないでよくそんなこと言えるね」
「全然関係のないあんたがなぜそんなこと言える?」

というようなことがもう、たーくさんあるわけだけどさ。

で。
私の「そういうことって常識だよね」な気持ちを旦那と共有したくてさ、


私「ねえねえ、先生に郵便とか出すときに「様」ってつけちゃ駄目じゃん・・」

旦那「へ?」

私「え?、先生に郵便出すとき“様”で出すの?」

旦那「うん」

私「子供の頃先生宛の年賀状、“様”で出してたの?」

旦那「年賀状なんて出してない」

私「ていうか、“様”で出したら失礼って知らないってこと?」

旦那「うん」

私「そういうの習うよね・・・親からでも先生からでも」

旦那「そんなの習ってない」






もっとびっくり。





まあね、先生に年賀状出さなかったなら、親から習う機会はなかったかもしれないけど・・・
そのあと気付いたのか、

「先生には様じゃなくて先生って書くかな・・・」

とか、ボソッと言ってましたけどね。


自分が『常識』だと思ってることが、そうじゃなかったり
多数が『常識』だと思っていることを、私は全然知らなかったり、
そんなことって、たーくさんあるんだろうな。って改めて思った出来事だったのでした。



ちゃんちゃん。











それにしてもな~。ネット上のこういうなんだか思いついたことを1回考えることをせず、
パッと発言してしまう
しかも、
書いたものを読み返すとか自分でチェックするとかそういうことをしていなそうな感じ
嫌いだわ。
(でも、毎日ネットはグルグルしてるけどさ(笑))











かあちゃん。びっくりの回復です。
今、リハビリ病棟というところに入院してるんだけど
骨折前と同じような感じかも。今。すげーな・・・93歳。
で、
「暑い盛りが終わってから退院しましょうよ」
という雰囲気になっておりますので、あと1ヶ月くらい入院してるのかなあ・・・
退院したそうではあるけど
コメント (1)

どうにも馴染めない。

2018-07-19 07:09:32 | 日記
暑くて死ぬかもしれませんね・・・マジで。
年々暑くなってて、これ、オリムピックの夏はどうなっちゃうんでしょうかね。

道からの熱がすごいよね、歩いてると。





アスファルトはがせ。




って思うわ。だいぶ違うわよ、きっと。

そういえば、デンキ足りないからエアコン使わないようにしよう~!
的なやつって、どうなったんだっけ。
結局、発電所って以前通りには動いてないよね?
でも、デンキ足りてるってことかなあ、今。よく分かんないや。








で、馴染めない話ですけど。
需要と供給の問題だから、きっといいってことなんだろうけど。


「めるかーり」がね、馴染めないというか、受け付けない。
変なもの売ってる、そしてそれを買ってる人がいる、ってのは知ってて
使いかけの化粧品とか、買う人がいるってことにびっくりしてた。
(口紅とかもだよ!!)
まあ、そういうものの値段は二束三文なんだろうけど。


って、
好きじゃないから何かのついでに「見ちゃった」程度の知識しか持ってないので、
まったくもって間違ったこと言ってるかもしれない、許されて。






でね。
今回、かつんが出したCDなんだけどさ。
なんだったか、ネットサーフィン(←ってまだ言う?(笑))してるときに
メルカリに迷い込んで知ったんだけど。

「シリアルナンバー」

だけ売ってる。それもけっこうな値段(何千円とか)で。


いやね、
今回のCDにはシリアルナンバーが封入されていて、それによって
今度のツアーの「バックステージツアー」に応募できるのよ。
で、
それに応募する気がない人が売ってるんだろうけどさ、

「CDはついていません」
「帯(これにシリアルナンバーが印刷されてるは郵送しません」
で、
「お買い上げいただいたあとにシリアルナンバーだけお知らせします」

ってことなのよ。
なんだかねえ・・・嫌な感じ。
で、それで売れちゃってるから、需要と供給の問題で、「ヨシ」なのかもしれないけど、

まったくもって受け付けない。








本当はさあ、きっとさあ、
そうやってなんでも「要らないもの」を売っていけば、けっこう儲かるのかもしれない。
面倒くさい、私の手間賃のほうが高い。とか、私はすぐに思っちゃうけど、
そういう手間を惜しまずコツコツやったほうがいいのかもね。
なんかあさましいというか、そんな印象もっちゃうけど。

シリアルナンバーさあ、知ってる人でどうしても欲しい人に
「私要らないからあげる」
的なのは、じゃんじゃんやっちゃうんだけど・・・私。
あ。
でもその人がまずは自分でCD買ってないとヤかな。(「まず自分も買えや!!」と思う)

まったく知らない人に、「自分が要らないものを売る」のがなんだかなあ。って思う。
でも、結局は需要と供給だからね・・・。







だけど・・・
例えば。電化製品とか家具とかそういうものを「古道具屋」に売るのは全然いいんだよな、私。
本とか、CDとかも。
うむ。そういう思いとの違いはどこにあるんだろうか。自分の心が謎。




















我が家はもうずっと「24時間エアコンつけっぱなし」です。
3時間くらい出かけるときも、止めません。
どうやら、短時間でつけたり消したりする方が電気食うらしいです。
・・・
確か去年もそんな感じでエアコン稼働してたけど、つけたり消したりしてたときと電気代変わらなかったような気がする・・・
今年、どうだかな・・・暑すぎて「風量・強」とかにしてるからなぁ~。



コメント

ヒリヒリしたあやうさ。

2018-07-17 18:59:20 | 日記







なくなっちゃったよね






きれいななかよしというか、上手くいってる感じというか、そんな感じになっちゃたじゃん。

「3人で一生懸命頑張りますっ!!」

というかそんな感じ、今。
確かに今はそんな感じでやらないといけないって分かってる、あたしだって。
「一生懸命頑張ってるじゃん」って感じますよ、テレビで観てて。
正しい姿だと思います、そういうのが。でも、





あんたたち、ちがくない?




って、どうしても思っちゃう。
応援(応援ってのも変だけど)する気持ちはたっぷりあって、
CDも買いますし、コンサートだって行ってますよ。
聴くと、観ると、「すごいね~、さすがだね~やっぱりね~」って思うけど。
あんたたち、それ?
って感じで思っちゃう。



ずっと、壊れてしまいそうな危うさがあった彼ら。
私にとってはそこが最大の魅力だった。
みる度にドキドキするというか、大丈夫?っていつも思っていたというか。

で、どんどん壊れていってしまったわけだけど。
残ったのがなんとなく良い子ちゃんたち3人で。



好きだけど。今の彼らも好きだけど。
CD買うし、コンサートも行く、テレビも録画する。
だけど、
もうソロソロそれも終わるのかもな、あたし。って思ったり。


もしかしたら、結局の所、彼らも「成長」というか「加齢」というか
そんなことなんだろうけど。

9月のコンサート、チケットとりましたからね、行きますけど。






なんか。歳をとるって、いいことたくさんあるんだけど、
どうしようもない悲しさもあるよね。


















Kの人は絶対にAの人にはなれないし、
Uの人は-Kの人の代わりは、絶対にできない。


なんかそんな印象をもってしまったニューアルバムなのでした。へへへ。
コメント

電車の中で思うこと。永島暎子。

2018-07-13 11:11:26 | 日記
最近、母ちゃんの病院へほぼ日参しているから電車に乗っている。


現在は、いつも通っている病院(今回の入院シリーズで最初に入院したところね)の
「リハビリ病棟」って感じで言われているところにいる。
そこで、午前、午後、リハビリを頑張り中~。
ソロソロ最初から数えると3ヶ月だわね、入院して。今の病棟に移ってからはもうすぐ1ヶ月。


で。
電車ですけど。

だらしなく座っている人が多いよね・・・特に若い女の子。
膝を揃えないとか、そんな次元じゃなくて、体からだらーっと力が抜けているというか。
立っていても、ちゃんと立っていられないというか、だらしなく立ってる。
見ていて不快になるというか、とってもだらしない人に見えてしまうよね。

で。
次女にその話をしてみたら

いつも言ってるよね、それ。相当気になるんだね・・・

とまず言われた。
うん。相当気になる。
そして続けて


ちゃんと座っていられる筋力がないんだよ


と言われた。
なんか納得。そうなのか。
そして、


そもそも周りにどう見られているかなんて気にしていない



とも言われて。



ああそうか、そうなんだね。
知らない人にどう思われても痛くも痒くもないってことか。うむ。
そりゃー電車の中でお化粧もしちゃうよね。

って考えててなんか思った。
そうやって生きるのが利口というか、楽だよね。
周りに気を遣うというか、全くの他人からどう見られているかなんて
考えもしない。

考えようによっては、そこに気を遣うのなんて無駄なのかもね。






億万長者に見初められるチャンスを逃したとしても(笑)














永島暎子。って女優さん知ってます?

金田一こうすけ(いしざかこうじ)の
「悪魔のてまりうた」の、犯人の娘役(顔に赤あざがある娘)。
「竜二」(金子正次)の、竜二の奥さん役。

しばらくお目にかかっていないんだけど、
大好きなので、もう仕事してないのかな・・・なんて思いながら時々検索かけたりなんかして。

そしたらね
「きらいなおんな」(くろきひとみ監督)って映画に出てたの。2016年。

おっ!!!って思って。
最近次女が、「ファイヤーステック」ってのを買ってうちのテレビにつけてくれたんで
それで探せるかなって思って探してみたら、あったの。


いや、話逸れるけど、アレすごいね。もう何本もアレで映画観た。
うちは、わうわうもスカバーも契約してるけど、それらよりとっても安くて
すごく充実してて。なんかもう感動よ。
大学生だと使用料金も格安みたいで、本当にどうもありがとう、次女。


で、観たんだけどさ。「きらいなおんな」
これがもう、素晴らしかったわよ。
主演は「よした羊」と「きむーらよしの」で、永島暎子はまあまあ出てくるってくらいなんだけど、
本当にね、


永島暎子すげー!!


な存在感よ。大好きだ。
もっと仕事してくれないかな・・・お願いしますわ。
(ちな、映画自体は、まあまあというか普通でしたよ。きむーらよしのはよかった)

そんな彼女は日活ロマン出身だ・・・まあそんなのどうでもいいけど





ファイヤーステックで、ウルトラキューも観てるんだけど、時々。
そこにこの前「札束」がたくさん出てきたんだけど(金庫から盗むの)
それがなんと、

「千円札の札束」(伊藤博文)

なんかね。すっごい時代を感じたわ。まだ1万円がなかったのかな・・・と。
(面倒だからウルトラが何年で1万円札が何年発行かは調べてない(笑))









そんな感じの今日この頃でごわす。
仕事もしています。
今日は夜、長女と舞台「コインロッカーベイビーズ」を観に行きます。
















邦画では「竜二」が1番好きです。みんなに観て欲しい。
コメント