恐懼に堪えない日々

【恐懼】(きょうく)・・・ おそれかしこまること。日々の生活は恐懼に堪えないことばかりですよね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3/14(土)亀戸梅屋敷寄席(主任:三遊亭萬橘)

2020年03月14日 | 噺とか
先週に引き続き、亀戸梅屋敷寄席に足を運びました。
時節柄、様々な落語会が次々と中止になり、黒門亭ですら中止になる中、
連雀亭やらくごカフェ、そしてこの梅屋敷寄席は本当に頼りになります。
コロナに負けず、なんとか継続してほしいものですが。
それでも会場には20人程度のお客さんが足を運んでいました。

「桃太郎」   楽べえ
「狸札」    楽八
「付き馬」   好の助
-仲入り-
「親子酒」   楽市
「次の御用日」 萬橘

多くのお客さんが萬橘師匠お目当てだったようです。
「次の御用日」という噺で、これは初めて聞きました。
もともと上方の落語のようですが、東京でもそこそこやっている人もいるようで。
萬橘師匠の滑らかな口調と、コミカルなしぐさが楽しい話なのですが、
どうも途中から繰り返される「アーッ!」の部分でお腹いっぱいに。
萬橘師匠お目当ての客席の皆様は大満足だったようですが。
もっとも、この噺を聞いたのも初めてなので、
もう一度聞くと印象も変わるのかも。

そんななか、今日一番良かったのが好の助師匠。
先週はトリに上がって軽い噺で終わったのですが、
この日は仲入りの出番でそこそこしっかりと時間をかけた口演。
「付き馬」自体も久しぶりに聞いた噺なのですが、
これがまた純粋に噺の面白さをしっかりと引き出していて、面白い。
若い衆の振り回され具合や豹変するところなんかも良いですねぇ。
改めて好の助師匠の魅力を感じさせられたように思います。

東京では史上最も早い開花宣言が行われた今日ですが、
終わって外に出てみると季節外れの雪が舞っているというおかしな天気。
異常気象やらコロナウイルスやら、早く世の中落ち着くといいのですが。

恐懼謹言。
コメント   この記事についてブログを書く
« 3/9(月)連雀亭ワンコイン寄席 | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

噺とか」カテゴリの最新記事