黒ラブジャッキー&ナヴィ親子のラブラドールな生活

ラブラドールレトリバーは怠け者♪
ラブラドールレトリバーは悪戯好き♪♪
日常生活を綴った日記です。

オプデス オビディエンス(OB2)

2011-05-13 00:47:28 | 訓練

5月7日(土)
やっとダンベルが形になったのでOB2(旧 OB3)にチャレンジ

このクラスはナヴィから私が見えない休止。
30歩離れたテントみたいな場所に隠れなくてはなりません

私が見てる時ですら動くってのに…
だから本当にたっくさん練習しました。

厳しい 審査で有名なI氏がジャッジ。
リンク内はIジャッジのオーラすら漂ってます(笑)
でもこの緊張感が私 好きなんだなぁ。。。

 

静寂したリンクでナヴィと真剣勝負
どちらかの集中がキレればミスがでます。
この1年。苦手科目が近づくと「出来なかったらどうしよう」って負けちゃう事が多かったのですが、
2回目の正面停座が曲がったのと行進中の立止で数歩ジタバタした以外は
雨でテンションが落ちてるにも関わらず集中力を切らさず作業出来ました。


んで心配だったダンベル
正直 完成度が低いので 出たとこ勝負
ダンベルを投げる前に胸にあて「お願いします」と神頼みしましたよっ

そして なんとなく良い形で運んできてくれました

その後の休止作業も「絶対に動くな~~」と祈るような気持ちで
心臓バクバクで待ちました。本当に長く感じた時間だったなぁ
(無事にマテ出来ました)

暇さえあれば練習してた この1か月


これからも頑張りなさいって意味なのかなぁ?
神様がご褒美をくれました(努力賞?)

 

OB1・OB2・OB3(数字が増える程 作業が増えます)の各1席犬で競う決定戦


OB3代表の方は「こんなの見た事ない!」って位 美しい脚側行進

翌日 この方は昨年のIPO世界大会代表の方だと教えて頂きました。
どうりで いつも以上にギャラリーのビデオ撮影 多かった訳です
あっ!勿論 この方がベストオビディエンスでしたよ~~


そんな素晴らしい競技を目の前で見る事が出来て
もっとオビが好きになっちゃったかも。
オビに興味のある方はこちらを覗いてみてネ!(上記トレーナーさんのHPです。動画があり)

オビに関しては沢山 書き綴りたい事があるんだけど
アップしようと思うとまとまりません。
その位 安定感のないコンビなんですね~。

 

今は停滞してた時期から少しずつ明るい兆しが見えてきたかな?って感じです
これからも地道に練習して美しい服従目指すぞぉ~~

コメント (10)

久々のJKC

2011-03-01 20:45:18 | 訓練

2月27日(日)

JKCの埼玉ブロックに出陣してきました
仕上がりがイマイチだったので欠場も考えましたが
久しぶりのJKCリンクにどのようにナヴィが反応するのか見たくて・・・


結果は私が思った通り

 

やっぱりリンク内ではテンション低~でした。
それも遠隔:停座→伏臥 では足崩しを…。

 

講評も
こんなに落ち着いて作業するラブ初めてみました。ただ意欲が
位置・形は 正しい。足を崩してしまったのは大きな減点です
上を狙うならコーナーの処理。集中が切れた時の脚側の遅れを…


きっと優しいジャッジだったのでしょう。
大きな減点と言われたのでポイントはないかな?と思ってましたが
97点でゲット出来ました
コレでグラチャン。ポイントは射程圏内です


しかし…グラチャン完成のもう1つの条件
メジャーポイント(高等科以上のポイント)にチャレンジするにはまだまだだなぁ・・・


どうしたら練習のように作業してくれるのだろう?
帰宅後 考えました。


ダラダラやっててもしょーがない   

 

なので「ナヴィ専用 トレーニングプログラム」考えました~
昨日より始動ですっ。
(かなりヒャッホーでしたよん♪)

効果が出たら どんなプログラムなのか?アップしますネ

 

またマテの出来ないアジリティー。
こちらも新しいプログラム来週より始動ですっ

コメント (6)

オプデスオビ&アジリティー(2011年1月)

2011-01-29 23:52:41 | 訓練

玉つき男子と目があったら喧嘩する可能性90%以上
(唯一我慢出来るのが大会。だから大会で慣らせるしかないの
また女子の良い匂いは100%見逃さず。
ハードルを見れば野生児 (それもマテ0秒)

そんな ややこしいシトと大会に出るってのは
毎回 すごーく悩むんですネ。申し込み後、後悔する事も多々。

楽しいなぁ。気持ちいいなぁ~ってなかなか思えないんです。
何度練習しても不安が一番に浮かんでしまうんです
だからその克服の為、試行錯誤中で…

今回試した事は大会1週間前より毎日2時間のボール投げ
当日もボール投げ
疲れれば少しは落ち着いて作業出来るかな?と思って。(しかし…甘かった




1月22日(土)

この日はオビ(服従)の大会。
エントリーはいつもと同じOB1(TT2と同じ作業)

時間がある時にまとめようと思ってますが。
今のナヴィは脚側行進に問題があります

テンションが高い前かぶり気味
体が曲がってしまいます。
でも後半の作業(行進作業)は良い感じ

テンションが低いと正しい位置をキープ出来ますが
集中力の欠ける面がチラホラ。
後半の作業も確実にこなしますが・スピードが遅い

中間の作業が出来ればいいのに。
それが出来ないんです(涙)

今回 Sトレーナーとの約束がありました。

点数&順位にはこだわらない。誘導減点はあるけど手振りをする事。
(顔の位置がコレで固定されるのか?どうか?)
   ↑ 結局 あまり変わらないと判明。(なので今後は止めます

スケジュール発表後 7頭しかエントリーがない事を知り、
それも上手だなぁ~ と思ってたコばかりで…。
多分 大きなミスをする子はいないはず。

そこで変な気持ちが私に芽生えてしまいました。(恥ずかしいけど正直な気持ち

ビリは嫌!!!(表現が悪くてスイマセン

でも先生との約束を守らなければ前に進めないし…
焦り&不安の出陣。



なんとかこーにか歩いてくれました。
でも うーーんって感じ
確実に作業をした!って感じかなぁ



表彰台には乗れたけど…課題多し



今回の反省は…
ビリは嫌!と私が焦り…前日にバシバシッチェックを入れすぎた事。
また疲れさせすぎたかも?
(だって1週間毎日2時間ボール投げしてたんだもん)


でも収穫もあり。
休止(フセて相手の作業が終わるまでマテ。5~10分位)が完璧であった事。
草食べたり…高鼻使ったりという事は0で。
ナヴィとは思えない位。静かに待ってましたぁ~~
ジーーっ と私を見ていたのは、かなりの成長です。

だから講評の前にはリンク内で思いっきり。
すごいじゃん~~。マテ出来るじゃん~~と褒めてやりましたよっ。
だってこの回遊魚が動かないって本当にスゴイ事なんだもんっ


この調子だったら明日のアジリティー。マテ出来るかも



1月23日(日)

今回はJP2&AG2のエントリー。
出走時間は朝7時30分頃と午後15時過ぎの予定。


JP2

朝からテンション高なナヴィ。
リンク外でピョンピョン飛んでます

1週間走り続けたじゃない???
昨日はテンション低かったじゃないのよぉ~~。
なぜ?ハードルが見えると狂っちゃうの
オビは入るけど…かなり不安なテンション
※ 私のテンションもかなり違うとSトレーナーより指摘がありました。
 

そのままリンクへ。

マテ2秒~3秒位出来ました。(0秒じゃないですよぉ~
(ちなみにナヴィ以外の子は確実にマテ)
私が待って欲しい距離の半分だったけどそのままGO

しかし、嫌な予感がしてたトンネルへドッボン~~~
失格です。

時間があったので自宅へ戻り なぜ?ドボンしたのか?考えました。
だって普段の練習では100%ドボンする事ないんだもの。

まず気がついたのは、大会で失格=必ずトンネルが絡んでる事。
そしてトンネル前でナヴィの体がグーーンと伸びた事を思い出しました。

わかった~~!!!ような気が…

ナヴィのクラブ練習場はです。(足に負担をかけない為)
しかし大会は
29キロ近くある彼は砂だとある程度 沈むはず。(ワンクッション入る感じ)
しかし土の場合はクッションがないので、そのまま伸びてしまう。


またナヴィだから走れるんですよ!といつも叱られてる私。
その意味も急にわかりました。
多分 指示が遅い???

いつもより体が伸びるナヴィ。それでいて指示が遅い私。
だからドボンするのかな???

指示を速くするのは、どんくさな私は急には無理。(練習が必要
って事は…フロントでコントロールしかないーーー。

フロント主体のハンドリングしてみよう…

AG2

運がよく…マテしなくても走れるコース。
また変則的なスタート地点で
次の順番の子と2メートル位で向き合うような形。
一応 念の為スタッフさんに。
「このコは男の子危険なので少し距離を置いて下さい」とお願い。
マテをさせれば集中がキレる可能性があったので 思いっきり同時スタート!!!

フロントを入れたおかげでドボンする事なく…
オーバーランする事なく気持ちいい走り。
これならCR出来る!!!!

と思った矢先。スラロームにエントリー後 2本目で高鼻クンクン
何度入れ直しても2本目から3本目で止まってしまいます。
彼は匂い嗅ぎに必死。

コレは危険かな?退場しようかな?と思ったとこで
この日ジャッジだった男W先生と目が合い…

「せんせ?何でココいるの???」
「走らなくちゃ~~~」BY ナヴィ

と勝手にスラロームにエントリーしてスラスラと。
慌てて彼に追いつき後半を走り完走。

1ミスですが…スラで20秒以上タイムロスしてしまったので
タイム減点がついてしまい。3度クラスの昇格はお預けとなりました



現在のナヴィ&あやのコンビ…
ナヴィが大好きなアジリティーをどんくさな私が走ってあげてるんだから
私が大好きなオビ。厳しい事を云うけど頑張りなさい!。と取引してました。

しかし…オビ&アジ。こんな取引してちゃ。
どちらもダメなような気がします。
華やかさは違うけど一緒に作業するという点は同じですものネ。

かと言って大好きなアジだけをさせる訳にもいきません


脱走する事なく。私の呼び戻しに確実に反応してくれるまで
成長した事は当初の目的を達した事になるけど。

もう少し上を目指したい

だって最高の笑顔で、目は小さいけど真剣なまなざしで走るナヴィ。
何でそんなに夢中になれるの?と聞きたくなる位 楽しそうです。
クラブの中でも多分1番楽しそうに走るんじゃないかな?

こんなに楽しそうに走られたら 私のミス失格は避けてやらないと・・




恥ずかしいけどハンドリングなんて深く考えた事なかった私。
大会は男W先生に。ココは右手?ココは左手???ですか?
と教えて貰ってました。

手をだす方向。そんな事すら理解せず走ってました。

でもナヴィなら…こうなるから。こうした方が良いかも
失敗した時はこういう作戦

そんな風に考えたのは初めて
ナヴィに頼ってばかりで なぜ?こんな単純な事に気がつかなかったんだろうなぁ。。
(走る事で精いっぱいでした)



オビは作業意欲の安定。
アジはもっと私がコントロール
そしてナヴィはマテ。と

問題は山積みだけどコレが私&ナヴィコンビ。
考える事で成長するのだと思ってます。


次回のマテの目標は4秒。(ちっちゃな夢だなぁ~
大会に出る度 1秒ずつ増やせば
来年はリードアウト出来るようになると信じて

コメント (4)

記憶の実験

2010-04-02 23:50:36 | 訓練
今日も私の朝ご飯のアジを盗んだこのシト



暖かくなってきたせいかとーーても元気なんです
このシトの動きを止めるにはコレが一番のせのせマテ



先週のオビ練ではトレーナーさんまで




お題の話になるのですが…
この日は初めて「前進」の勉強をしました。(もどきだけど)

OPDESの前進は…
ワンコを横につけて10歩位歩いたら「ゴー」の指示で走らせ
30歩離れた場所にワンコが到着したら「フセ」をさせます

私的にいうと超~超~遠隔コマンドて感じ!
決まると観客から拍手が沸き起こる位 かっこいい競技なんですよー



オヤツを置くとこをしっかり見せ オヤツに集中したらゴー
全速力で走り 無事オヤツゲット

これが第1段階。(ゴーの合図と同時に走る)

続いて第2段階はオヤツをゲットしたら「フセ~~~」
しかしその場でフセ出来ません
5メートル以上こちらに戻ってきてしまいます
(走りだしたら止まんないんですね~



そしたらSトレーナーが実験しよう!と。

2つのオヤツを左右に置いて



後から置いたオヤツを食べるのか?(タイプ1)



最初に置いたオヤツから食べるのか?(タイプ2)


普通の子は後の記憶が残りやすいのでタイプ1の子が多いそうです。
でもナヴィはしつこい男。タイプ2では

実験開始~



はい! 思ったとおり!先に置いたオヤツから食べました(タイプ2)

続いて さっきは左手→右手の順番で置いたらから
にしてみようと。
最初の記憶が残るタイプだったら右手から食べるはず

しかし…左手から(タイプ1)


あれれ 一体どっちタイプなのよー
少し体が左側向きだったので再度正しくフセをさせて実験


もぉ~ 実験すればする程 訳がわからなくなってきました
距離が近すぎるのでは?という事で手に乗せず離れた場所で実験。

タイプ1 タイプ2 タイプ2 タイプ1

はぁ~~
結局 どちらのタイプか?わかりませんでした

はい!彼はやっぱり型にはまらないタイプなようです


面白い実験だったのでジャッキーでもしてみようと思ってます~
皆さんも試してネ
コメント (2)

12月の大会記録(4)

2009-12-28 09:27:10 | 訓練
全部で4編になってます。
「12月の大会記録(1)」からご覧下さいませ



那須ではいつものお散歩


そしてジャッキーの大好きなうまうまの館へ…




つー君。ジャッキーよりデカクなってました
いったいどこまでデカくなるんでしょう?



翌日は那須の草原で弾けさせる予定でしたが…
平塚の大会前日。さすがに野生に戻しすぎるのもと思い
安全なナーディアスさんのドッグランにて放牧。
とっ~ても楽しそうでした









特にジャッキーが弾けちゃって(雪大好き男なんです


その後、大好きなこうたろうにまたまた立ち寄って…


うまうま食べた後は、このお嬢さん達とご対面





いつもは野生児に囲まれオドオドしてるジャッキー。
でも仲間のつー君が出来て良かったね~
(若いけど…ぐーたらつー君なの




夜こちらに戻り、翌日は平塚へ…

12月23日

寝坊してジャッキーのお散歩が出来なかったので
一緒に連れていきました。
順番も最後から2番目。テンションが落ちます

そして本番。

史上最悪の出来でした。
以前も話をしましたがJKCのリンクはナヴィにとって
面白くない場所になりつつあります

ナヴィが面白くない=私も面白くない
私が面白くない=ナヴィも面白くない。

そんなこんなで私もダラダラと競技してると
脚側が遅れだしました。
ちょっと焦りました。
だってトレーナーですら脚側で遅れるナヴィは見た事ないんだもの

彼は頑固なコ
こういう状態じゃいくら励ましても乗ってこない

しまいには
そうだよね~つまんないよネ。私も楽しくないよー
と余計な言葉をかけてました
あ~早く終わんないかなぁ BY あやの

アイコンタクトは一切せず うなだれるナヴィ

それも最後の据座では空を眺め
「あ~つまんないーーー」そんなオーラが出てました(最悪です
いつもは凸凹なのに、こういう時は気があってしまいました。

講評も「形はシッカリしてるのに、この子は何でこんなにダラダラと
してるの?何に気を取られてるの?」と

そして史上最悪な事件が…


審査員へ向かってジョジョジョジョー

シッコしちゃいました。結果は最悪の93点台。



シッコした事を叱ってると…
「あやのさ~~~ん」

なんと!コワちゃん家です。わざわざ遊びにきてくれました


たっくさん愚痴を聞いてもらい少しスッキリしました
コワ家のパパさん&ママさん。ありがとう



秋からJKCへの苦手意識が出来てしまったあやの&ナヴィコンビ。
でも…壁があってこそのコンビでもあります。
だからこの壁も来年には崩せるようコレからも精進精進
皆さんもこの凸凹コンビ。これからも見守ってて下さいませ

さぁ~ナヴィ。練習するよー

コメント (13)

12月の大会記録(3)

2009-12-27 21:53:26 | 訓練
12月20日(日)JP1&AG1アジリティーデビュー

この日は5時より準備を…。
そして早めに到着しボール投げをして体力消耗にいそしんでました。

しかし…「検分」と少し遠くからアナウンスが…

えっ7時からじゃないの???。
慌てて6時50分。会場へ車を走らせました
(隣の公園で良かった


会場に到着すると男Wトレーナーが「早く~」と手招き。

そう7時から出走なので検分はその前だったのです。
検分終了1分前でしたが、なんとかこーにかコースを覚えられました

出走前には男Wトレーナーがナヴィの後に走るポポちゃんの調整と
同時にして下さって…。

コマンド反応バッチシな状態でリンクへ…(JP1)

ナヴィにとっては前日、オビの大会だったので戸惑ったかも知れません。
オビが入ってた状態なので早い!とは言えませんが…
確実に走ってくれました。

そして…なんと1席。


コレで終わりであれば大喜びですが、この後1走残ってます。
喜んでる場合じゃありません
何より次のAGコースはAフレーム。ドッグウォーク。シーソー
彼がハイテンションになる障害物がいっぱい
(登りもんで興奮しちゃうんです…

JP1のコースを走る前に見せたギラギラする目。
私は見逃しませんでした

このままじゃ。暴走しちゃう…

な訳で出走1時間前は、隣の公園でボール投げ
30分前からもっとも嫌いなフセをさせてました。

んでリンクへ…。

もぅ完全にアジと理解してるナヴィ。マテなんて出来ません

先行スタート。それも偶然にも練習会と同じ
ハードル→ハードル→Aフレーム。

でもこの日のナヴィは練習会と違いAフレーム後のタッチゾーン
きちんと待ってました。

追いついてからはコマンドに従ったスピードある走り
先行する分、ドキドキでしたが後から思えばコントロールの効いた
良い走りだったと。

何より心配だったスラロームのエントリー
失敗をして1度拒絶を取られましたが、「おいで~」に素直に
反応してくれ冷静な表情を見せるナヴィには成長を感じました


スラのエントリーのみのミス。
という事は次クラスの昇格へのリーチ権が…。

最後まで気を緩めないようにしなくっちゃ~

最後のハードルを飛んで

おいでーーー。


で気がつきます。
ナヴィの首がキラキラしてるのを。



そう…スパイクつけて走ってました
出走前、カラーとスパイクの2本付けだったの忘れてた
(カラーのみ外して走ってました)

ぎょえ~~~失格だぁ~~
(JP1&AG1コース以上は何も身につけててはイケマセン

多分ですが…スパイクつけて走ってしまったおバカハンドラー
後にも先にも私だけかど…

でもいいんです。私のミスがなければ2走とも完走ですもの
ハードル1本で逃走してた事を思えば上出来です

それにしても相変わらずなコンビ
(なぜ 私はそそっかしいのでしょう

そしてJパパ救出へ那須へ…

つづく(続きはココをクリック
コメント

12月の大会記録(2)

2009-12-27 08:32:22 | 訓練
12月19日(土) OB1+TT2テスト

ナヴィの出番は10時過ぎ。
8時過ぎに到着しました。まず探したのはSトレーナー
でもこの日は群衆のお手伝いでリンク内

自分ひとりで調整です
でも本番前には耐えきれなくてSトレーナーに手招きを…。
(相変わらずメンタル面が弱い私です


何を言われたのかわかりませんがとにかくリンクへ。
まずは休止の作業。
お相手と1番近づくとこでは目と目が会い…
心臓が止まりそうでした。でもお相手の子がサクッとナヴィを
無視してくれたので助かりました。

でも…彼は緊張してたのでしょう。
フセしながら地面をクンクン。しまいには草食べてました

でも、動かなかった事は褒めてやりましょう~



続いてナヴィが歩く順番。
彼の脚側は正確なのが良いところ。こちらは無事にクリア
しかし後半の行進中の停座&フセ&呼び戻しは課題としてるとこ。
1声符で作業はするけどスピードがイマイチなんです
勿論 もっともカケである正面停座。ズボッはしなかったけど曲がりました。


点数は47点。(休止で0.5点。後半で2点の減点)

とにかく厳しい審査で有名なOB。
脚側部分はは15点が満点ですが、14.5点を貰えたのは
素直に嬉しかったです
同時に後半なんとかしなくっちゃなぁ~

リンクから出た私は足が立ちすくみSトレーナーの元で
「怖かった~~怖かったーー」の連発。

結果は3席
今のナヴィはアジが楽しくてしょうがありません。
なのでオビの魅力が少し薄れてきてます。
オビの調子が悪かった秋→冬。

だから満足な結果でした。





続いてTT2の試験へ…。OB1と作業は同じ。
本来であれば審査も甘いのでのんびりと…と

しかし TT2を受験したのは昨年の12月20日。
有効期限が切れるまで1日。
コレを落としてしまうとJP1&AG1のコースは走れません



お相手の秋田犬のトレーナーさんは朝一番で見つけ
ナヴィが問題児である事を伝えました

そしてその事を気にかけて下さったのでしょうか
リンクに入ってから競技が終わるまで色々と気づかいして下さいました。

講評はチームテストとしては満点。
しかしOB競技に出てる事を覚えて下さってたようで…
競技としては直すべき点があるとして行進中の停座
最後の背面からの停座。減点させて下さいと。
50点満点中。49.5で合格でした
(いつも同じ指摘をされるナヴィ。この課題クリアしなくっちゃ

リンクを出たらお相手のトレーナーさん。
笑顔で「落ち着いて作業出来るコじゃですか~。これからも頑張って!」と。

そう…ナヴィは落ち着いて作業すればとっても良い子。
でも一つ間違えると問題児

0か?100の男。明日は0かな 100かな

あ~~~。怖い!!


あっこの日でOPDESのオビディエンスチャンピオン完成しましたよ。


く(続きはココをクリック
コメント

12月の大会記録(1)

2009-12-26 23:59:16 | 訓練
20代のクリスマス。お洒落して人気のレストランで食事し・・
夜景を見ながらラブラブでお酒を飲み・・・
高級ホテルに泊まり モーニングはルームサービス

しかし。ジャッキーを迎えてからは…
すっかり庶民的

シャンパンクーラーは那須へ持っていってしまったのでこんなんだしー


それもシャンパン開けたら、
天井に当たって戻ってきたフタがジャッキーに見事的中



牛乳で一緒に乾杯





あっ!ナヴィはうまうまな香りがプンプンで飛んだり跳ねたり
落ち着かないのでサンタさんの格好のままでいてもらいました。


こんな些細なパーティーが20代のクリスマスより楽しい私です




さてさて…お題のとおり先週は大会が続きました。
12月19日(OB1・TT2永久資格のテスト)
12月20日(JP1&AG1のアジデビュー
12月23日(JKC平塚

一番の目標はJP1&AG1のアジリティーデビュー。
申し込み終了の数日前に「走ってみようと」決めました

ところが…それからの数週間は頑張ろう やっぱりダメ
そんな繰り返しの日々だったのです。

皆さんには面白くない内容かもしれませんが
どうぞお付き合い下さいませ
(それも長くて4編です)




話は12月6日に戻ります。
この日はアジのクラブでの練習会

6走すべて超超ハイパーテンションでマテは1回も出来ず。
走り始めれば勝手にコースを決めて全速力で走ってました。

ハードル → ハードル →Aフレームとつながるコースでは
ハードルが見えないらしく(Aフレームが大好き)ウィングごとなぎ倒す始末。

こんなんじゃ走るのは無理…
男Wトレーナーにも「あの状態じゃ危険」と

そして私、2年前の脱走後→喧嘩のシーンのトラウマが。

ナヴィのリードを外すのが怖い




だからクラブ外で練習をして下さるSトレーナーのレッスンで
自信をと思ってました。しかし雨で中止。

それプラス。なんとか少しでも自信をと思い
10分位フリー留守番をさせたところ…
冷凍庫を物色されパーティーを開催されちゃいました

たった10分ですから
「あ~~~ぁ。私のスキを狙ってるナヴィは変わってないんだぁ~」と
またまた落ち込みます

なので流れを変えるため、無謀な広島への送迎を決行。



広島送迎では疲れだけが残りましたが、
「練習しなくっちゃ」という気持ちになりました。
オビ練ではSトレーナーが…


またアジ練では男W先生が
心配な点を丁寧に指導して下さいました

コレだったら走れる!そう思った12月15日。



しかし、翌日OB1&TT2のお相手がHPで発表されて
どん底へ…。

お相手はナヴィが最も苦手としてる犬種。

あ~~ぁ。アジの事で頭がいっぱいなのに、
オビまで心配な事が出てきて…私の心はグチャグチャ
そのまま向かった12月16日のオビ練。



落ち込んでる私に
「ナヴィ出すよー。ハードルを高くしなくちゃダメと。
「今日はママの歩き方が悪いからそこから直そうかぁ~」と。

とても楽しいレッスンでした。レッスン後
OB1のトレーナーにも連絡しておいたよ。
TT2のハンドラーはバリバリのトレーナー
だから大丈夫」とメールが。

人の成長をさせてくれると評判のSトレーナー。
このメールは本当に嬉しかった。私を励ますレッスン。そして忙しいのに
お相手のトレーナーさんに連絡までして下さって。

Sトレーナーの心が嬉しくて・・・。
男Wトレーナーも私が自信つくようなレッスンして下さって…
2人のトレーナーの心にこたえたい



私…頑張る きっと苦手な子でも我慢出来る!
そんな勇気をもらった1日でした。

つづく。(続きはココをクリック
コメント

秋の訓練競技会(3)

2009-11-27 14:05:34 | 訓練
11月22日

なんと この日は長野の大会へ出陣です。
前日の自主練ではキレもよく


苦手な正面停座もバッチリ~



長野は今まで経験した事ない長距離
Jパパも心配して
「明日は俺が連れていってやるよ~」と何度も言ってくれましたが…
「大丈夫」と強気な言葉を…


そして…大失態の1日のはじまり~~。

">

午前2時に起床。ボォ~としたまま3時に出発

んで…さっそくやらかしました。失敗1

首都高を走ってたはずなのに…気が付いたら一般道。
ナビゲーションは「総理官邸前を左折して下さい」

?????

もぉ~ 長野に行くはずが何でこんなとこにいるのよ~



またまた首都高に乗り…15分も経たないうちにまた一般道
でも中央道へ乗る分岐点はやっと理解できました。

朝っぱらから首都高で1500円使ってやっと中央道です。
(本当は500円で済んだはずなのになぁ


その後も分岐がありましたが、なんとかこーにか7時半には長野に到着。



受付を済ませるとナヴィは2番手。
ココは慌てずに短めの調整~と思ったら…

ガーン。首輪&フード&オヤツの入った袋忘れたぁ~~~失敗2
私が持ってるのウンチ袋だけ…。

仙台大会で盗み食いされたので(こちら参照)タンスの上に隠してたの
忘れてたんですね~。

本番はスパイクチェーンは使えません
慌てて車の中を探すとパピー時代に使用してたチョークチェーン
1本見つかりホッ!

あっというまに本番です。



テンション高で若干の接触はあったものの、キレがよくていい感じ。
スピード早めで歩きましたがよくついてきてました
完璧にはまだまだですが、今シーズンで一番良い出来で9競技を終了

そして…最後の据座(指導手は10メートル離れワンコは座った状態30秒のマテ。)

今まで一度もミスした事ない競技。
だから「今回はナヴィの最高得点だわ~」なんて思いながら離れ振り向くと…

高鼻使ってクンクン。そして横リンクのワンコに釘づけ~~
(女の子に見惚れてました


んで…見惚れた可愛いコちゃんのオーナーさんが「フセー」と言うと…

え~~~何であんたがフセするのよぉ~~~
(それも素早くて真っすぐ。満点のフセ)(大失敗3)


焦る私。どーにもこーにも対処方法がわからず30秒仁王立ち
(こういう時は2声符でも座らせた方がいいのですか?ご存じの方教えて~

ジーーッと可愛いコちゃんを見つめてるおバカナヴィ。
(どこにアイコンタクトしてるのよぉ~


審査員の講評も「隣リンクに反応しちゃったね~でもフセるのが早すぎたから
点数は残念だけどほとんどあげられないよ。次回頑張って!」と。

リンクを出た私は茫然。あ~~ぁ。あ~~~ぁ

ナビィよぉ~。お願いだから人の家のコマンドは効かないでーー



やっぱりツメが甘い…
Sトレーナーの言ってた「アイコンタクトの宿題」もっとちゃんとしとけばよかったです



いつもは全競技終了後でないと返却できないゼッケン。
今回は返却しなくてもよい紙のゼッケン
参加賞も受付時に貰ったし・・・。
帰っても大丈夫そう~~


今回の会場は牧草地を刈り上げた場所で
持来でダンベルを見失い失敗するコも多く見受けられました。
小型犬のコにとっても不利な条件です(お腹に牧草がチクチクあたる)

前回FCIの大会は10番までリボンがあり。
ポイントは100%ないけどリボンの可能性は残ってました。

でもフードも忘れたし
何よりこの後 長野から那須へ向かわなければなりません。
ナビゲーションで調べると那須まで約6時間

もぉ~今日はいいや~。那須へ行こう~~~と会場を後に…。



運転してる6時間は反省ばかり。

競技会へ出た頃はテンション高で前にかぶる事が多く調整した半年。
なんとか正しい位置は覚えてくれたけど、それはテンションが低い状態

どうしたら練習の成果を本番で発揮できるんだろ
また…ナヴィの女好き。どーしたらいいんだろう

問題が解決しかけると、また新たな問題がでてくるナヴィ。
もぉ~いつになったらオビ卒業できるやら…

でもこうして悩んで頑張る私。
生活に刺激があって結構 気に入ってます(笑)




次回 爆裂誕生会へつづく(頭にくる位 ナヴィ煩かったぁ

コメント (18)

秋の訓練競技会(2)

2009-11-26 20:56:01 | 訓練
指導手が悪いと言われてかなり落ち込んだ私(前回の記事
その後 Sトレーナーに私の歩き方を重点的に教えてもらいました。




練習後、那須へGO(11月の那須シリーズ。参照はこちら



こちらに戻り4日後の11月8日。
前回、申し込み期限を間違えたこちら参照
年2回開催される最も大きな「本部」の大会


競技前、集中してていい感じ~



そして本番。
遅れる事はないんだけどキレが悪い
全て1声符で作業をしましたが…講評は

「犬との距離・訓練としての精度は精密機械のように良い。しかしスピードが遅い

そう秋シーズンに入ってからのナヴィ。
練習は楽しい のですがリンクに入ると
テンションが低くて楽しそうじゃない
んです


審査員への申告時、必ず審査員をクンクン。その後…
この紙をもったおっちゃんがいる時はどーせオヤツも玩具もくんないんでしょー」
「ママちんとコマンド遊びは好きだけど、このおっちゃんがいる時はつまんないじょー
そんな言葉を言ってるような感じ…
(ちなみにオヤツは練習では、ほとんど使ってません)

リンク内は先読みされて いい事がない場所って思ってるんですね…


それでも…3席入賞して表彰台へも乗りました。



でも…ナヴィが楽しそうにしてくれないので満足度低~な競技会でした



Sトレーナーの元で世界大会予選にも出陣してるラフィー君のパパさんが
おっしゃってた言葉がよぎりました。

「だんだんワンコが先読みするようになるよ」


まさにその言葉通り
そしてその後のレッスンでSトレーナーにテンションの継続について相談。

そしたら…宿題がでました


ママ規定通り素直にやりすぎなんだよー。
たっくさんナヴィと遊んでやって。練習はしないで遊ぶんだよー。
はいっ!コレ宿題~~~ BY Sトレーナー


だからその週も那須へ行き思いっきり走らせました。


とにかく遊ぶ事が大好きなナヴィ。1週間でコレです。
単純な男なのでテンションを上げるのは簡単みたい



那須帰宅後のオビレッスン日。
テンション高でかぶり気味でしたが、楽しそう~
ホッと一安心です



そして。
「ママ~空みて~。そして深呼吸して~」→深呼吸。
「ナヴィ見て~~

ナヴィを見ると、そっぽを向いてます

ママが求めるオビを完成するにはナヴィのギラつくコンタクトが必要。
それにナヴィはママにもっと歩み寄らないと行けないし、
ママもナヴィに歩み寄らないとダメ。今後の課題だネ
これは時間かけて直していこう~~~。BY Sトレーナー

でっ!今週の宿題は…

目を離してもアイコンタクトの練習~」(←チョンと鼻をつついて教えます)
ナヴィをもっと見てコンタクトを取り続ける練習~」
(体符を使って教えます)



その2日後、長野の大会へ…。
んで…このアイコンタクトがとっても重要だとガツーンとさせられる大会と
なったのです。

つづく。
コメント (2)