Jahkingのエサ箱猟盤日記

日々これ猟盤 エサ箱漁りの毎日....。

東芝シングル盤 Part-1

2014年08月06日 | 45's
このところアチコチのDUで妙に100円シングルの山に遭遇する機会が多くあれもこれもと見境なく抱え込んだ結果、結構な枚数を買い込んでおりました。そんな中、収穫ブツをツラツラ眺めていると東芝音工のブツが多いのに気づく、まぁ、確かに60年代半ばから70年代半ばの東芝は最強のラインナップを誇っていたのかな? と。

ということで、東芝音楽工業がリリースしたシングル盤を何回かに分けてアトランダムに色々と。


1,ワン・ウーマン b/w ジョン・リー・フッカーに捧ぐ/ジョニー・リバース (Liberty) 45's
先ずはジョニー・リバースの69年の渋いシングルから。本国ではImperialでの18枚目にして最後のシングル、この後UAに移籍。壮大なオーケストラをバックにしたらしい佳曲。オリジナル・アルバムには未収録のシングル・オンリーのリリース。しかし、こんな地味な曲をよく東芝さんも出しましたね。


Johnny Rivers - One Woman







2,青空の使者 b/w ドント・ルック・ナウ/CCR (Fantasy) 45's
A面の原題は"It Came Out of the Sky"です。両面ともに69年のアルバム「Willy and the Poor Boys」からのシングル・カット。にもかかわらず、あれっ、こんなシングルあったけな? というのが正直なところ。調べてみたら73年1月発売ですって。落穂拾いシングルですな。

CCR


この動画を見るとタイトルの「It」は雨を見たかいとかフールストップ・ザ・レインでいうところの「雨」と一緒とも解釈できるようですね。
Creedence Clearwater Revival - It Came Out Of The Sky







3,ダウン・オン・ザ・コーナー b/w フォーチュネイト・サン/CCR (Liberty) 45's
で こちらは誰もがよく知る69年の大ヒットシングル。B面も文句なしのCCR節。上記"青空の使者"も同系統のR&R、この頃に出していればヒットしていたのに......。

CCR

CCR Fortunate Son Live 1969









4,輝く星座/フィフス・ディメンション (Liberty) 7" EP
そう"アクエリアス"と"レット・ザ・サンシャイン・イン"のメドレーがこの"輝く星座"でしたね。69年の大ヒット、ミュージカル「Hair」の挿入歌。東芝の4曲入りのコンパクト盤にも関わらず例の「コンパクト・セブン」ではない、70年代に入って「セブン」規格は止めたみたいですね。

5D

輝く星座/フィフス・ディメンション Aquarious/The 5th Dimension


Up Up and Away









5,喜びの世界 b/w アイ・キャン・ヒア・ユー・コーリング/スリー・ドッグ・ナイト (Stateside) 45's
これまた誰もがよく知る71年の大ヒット曲。あれっ、別ジャケ! と確保してみた次第。下に貼ったyoutubeに使われたものがセカンド・プレス?

TDN

喜びの世界/スリー・ドッグ・ナイト Joy To The World/Three Dog Night

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« The Surf Raiders | トップ | 東芝シングル盤 Part-2 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (uni)
2014-08-06 11:19:59
青空の使者は珍しいですね。
ほしい(笑)
青空の使者 (Jahking@管理人)
2014-08-06 20:38:53
ですよね。3人組になって人気にも陰りが。起死回生を狙って全盛期の曲を無理やりシングルカット、そんな勘繰りもしてしまいますね。でも、ほとんど売れなかったと........。
Unknown (なる)
2014-08-06 20:56:28
ジョニー・リバースの地味だけど心にしみる名曲をトップに持ってくる管理人さんの心意気に一票。
ジョニー・リバース (Jahking@管理人)
2014-08-06 21:57:39
>なるさん
あー、いや、ジョニーさんやっぱり大好きなので(と しどろもどろ (笑))。

コメントを投稿