邪道イングリッシュ

~英語はなめてかかれ~

enjoyはのび~る!?

2018年10月15日 | 語彙(単語力)
中2の教科書『サンシャイン』の11頁で
They were hot, but I really enjoyed them.とあります。後段を本文にそって簡略化すると、
I enjoyed Korean dishes.です。
その意味を「私は韓国料理を楽しんだ」と習った人も多いでしょう。
しかし、「韓国料理は美味しかった」とするのが自然な日本語訳です。

たしかに、料理を撮影して楽しんだ(インスタに投稿しただけ?)、香りを楽しんだ…味覚以外の楽しみ方もあるでしょう。
しかしながら、前段にhot(辛い)とあることから味を楽しんだのは明らか。
したがって、「辛かったが、美味しかった」とするのが自然な日本語です。

このようにenjoyが拡張されるのは多く見られます。例えば;
「He enjoys good. 彼は健康だ(プログレッシブ中学英和辞典p200)」
「She enjoys a high salary. 彼女は高給をもらっている(ジーニアス5p701)」
…などです。

彼らは、enjoyに愛着をもっているから多用するのかも。
海外で手料理をご馳走になった場合に「delicious」の一辺倒ではなく、
enjoyを付け加えると喜ばれることでしょう。
コメント

“have to”は助動詞にあらず

2018年06月27日 | ガリュー文法
中2の皆さん、そろそろ“have to”を学ぶ時期ですが、馴染めましたか。

mustと同じ時期に学ぶため“have to”を助動詞の仲間として受けとめがちですが、別物と解すべきです。

前提として、have本来の意味を確認しておきましょう。
I have a pen.
I have a brother.
…と所有、付着・付帯の意味がありますね。

では次、英語も日本語も“動詞が動詞をかかえる”パターンがあります。
I like baseball.より
I like to play baseball.(私は野球をするのが好き)や
I like to watch baseball.(私は野球を見るのが好き)
と動詞を重ねることで詳しく説明できます。

“have to”も同様といえます。すなわち;
I have 義務 to ~.(私には~する義務がある)と表現することもできるはずです。それが、こなれてきて現在の形になったのでしょう。

つまり、“have to”は中1で学んだ一般動詞haveの拡張バージョンにすぎないのです。

こう解することで、三人称単数ではhasにかわること、疑問文が、Do(Does)で始まること…が理解できるでしょう。
コメント

英語を得意に(1)その魅力

2018年03月25日 | その他
英語を得意・得点源にするコツを6回に分けて述べていきたいと思います。まず初回は英語の特長や魅力。英語が他の言語、特に日本語に比べて優れている点は何でしょうか。

第1は、分かりやすいことです。例えば、日本語の場合:「テニスが好きです」と「テニスが好きですか」とを比べてみましょう。文末まで聞かないと誰のことか、平叙文か疑問文が判別しませんね。でも英語の場合、その点を誤解することがありません。

第2は、文法が簡単で、易しいことです。例えば、動詞の格変化。多くの言語は主語に応じて動詞の形が変わりますが、英語はほとんど無変化です。
また、名詞に性別がないことも簡単です。言語によっては必要でもないのに名詞に男女の区別を要する言語があります(公園は男、駅は女…という具合)。

第3は、気楽なこと。日本語だと相手の年齢・立場によって言葉遣いが大きく変わりますね。英語だとフランク(率直)に意見を述べることができます。主たる要因は、主語。英語の場合、相手が誰でも「you」ですみます。また、敬語がないことも楽です。

他にも魅力はあります。あなたも英語を勉強するにつれて気づくはず……。魅力が分かれば英語を学ぶモチベーションも上がることでしょう。
コメント

英語教材としての電子辞書

2018年03月02日 | その他
最近の電子辞書の進歩には目を見張るものがあります。手書き入力などハード面はもちろん、コンテンツも充実しています。中には英語学習に有益な視聴覚教材も。

特にオススメなのが動画「リトルチャロ」です。リトルチャロはかつてNHKで放送された番組で、英語を楽しく学習できるように制作されたアニメです。教材とエンターテイメントを両方兼ね備えた秀作!!
感動のストーリーと個性的な声優陣が魅力で、大人も楽しめます。

全てを理解するのは難しいかもしれませんし、その必要もありませんが、英語の雰囲気を味わうだけでも教育的価値があると思います。

下記にリトルチャロと英語教材の定番である「基礎英語1/2/3」を収録したモデルを挙げておきます。

詳しくはメーカーサイトをご覧ください。

<2018年モデル>
■基礎英語1/2/3(2016年度版収録)
・XD-Z6500
・XD-Z8500
・XD-Z3800
・XD-Z4800
■基礎英語1/2/3(2014年度版収録)
・XD-SK2800

<2017年モデル>※生産終了
■基礎英語1/2/3(2014年度版収録)
・XD-G8000
・XD-G3800
・XD-G4800

<2016年モデル>※生産終了
■基礎英語1/2/3(2014年度版収録)
・XD-Y6500
・XD-Y3800
・XD-Y4800

<2015年モデル>※生産終了
■基礎英語1/2/3(2011年度版収録)
・XD-K6500
・XD-K6700
・XD-K8500
・XD-K8700
・XD-K3800
・XD-K4800

<2014年モデル>※生産終了
■基礎英語1/2/3(2011年度版収録)
・XD-SU2800
・XD-U2800
・XD-U3800

<2013年モデル>※生産終了
■基礎英語1/2/3(2011年度版収録)
・XD-N3850

https://casio.jp/exword/
コメント

小学生の英語“準備”

2018年01月29日 | その他
英語は重要な教科。英語が不振のために志望校の変更を余儀なくされる――そんなことのないようにしっかり準備しておきたいですね。

では、いつから準備を始めるか。それは小学校のうちからです。といっても、ここで強調したいのは英語の先取り学習ではなく、学習習慣です。その中核は「読む」「書く」・・・。

読む◆
言語の習得には経験を積むことが大事です。とくにオーラル(音声)面での経験が。といっても、「英会話スクールに通って本格的な発音を習いなさい」と勧めるのではありません。日常生活の見直しで十分。

まず、声を出すことから始めましょう。英語学習では、教師の発音をオウム返しする、繰り返し音読する…が重要となります。前提として、日常生活で声を出す、音読する…この習慣がないと苦労します。例えば、五十音をア行から順に「アエイウエオアオ」「アイウエオ→イウエオア→ウエオアイ…」などと発声しましょう。ちなみに、声優、アナウンサーなど声を使う仕事をする人は「ういろう売り」を音読することで鍛えているとか。

次は音読。英語である必要はなく、国語・社会の教科書を音読することで十分。できれば、家族に読んでもらってオウム返しにする練習も効果的。音読は、
目、口、耳…と感覚を経由するので脳科学的にも優れたトレーニングであるといわれています。

書く◆
中学生になる前に、細かいところも丁寧に書く、文字をたくさん書いても苦痛に感じない…という習慣を身につけておきましょう。

小学校と中学校との大きな違いは“減点法”です。規格外はどんどん減点されます。例えば、「h」と「n」の区別が曖昧,「.ピリオド」「?」の付け忘れ,果ては「,カンマ」「'アポストロフィ」の位置がずれているだけでも減点の対象となります。理系科目はもっと繊細なので(数字の大きさ、位置で意味が異なります)、丁寧に書く習慣を身につけておく必要があります。

まとめ◆
英語は異文化に接することができる楽しい教科です。外国の歌、雑誌、映画…が楽しめます。外国人とおしゃべりもできます。しかし、数学などと同じく「評価」の対象であることを忘れてはなりません。点数として評価されます。しかも減点法で。ですから、規格から外れていると、ビシビシ減点されるのです。

何事も最初が大事といいます。中学校生活を順調に送るためにスタートダッシュが肝要。そのために以上のような学習習慣を身につけておきましょう。

関連記事;

“三単現のs”で撃沈する中1男子 - ナナッテ先生のおせっかいブログ


脳細胞がフル回転!毎日の音読があなたをデキる人にする | 脳を鍛える!ポータルサイト

なぜ東大合格生の2人に1人は「ピアノレッスン」経験者なのか 3つの理由を分析 | デイリー新潮

コメント

英語史を学べば、得意科目に

2017年05月16日 | その他

英語が好きになると得意になります。
好きになる方法の一つが歴史的な背景を学ぶことです。

後掲サイトは中高生でも読めます。

“英語の歴史/英語の成り立ち”

“フランス語が英語の形容詞の意味変化に与えた影響とその結果”三輪伸春
※クリックすると、ブラウザが開くのではなく、pdfファイルがダウンロードされます。
コメント

「call him in」か「call in him」か

2017年03月31日 | ガリュー文法
2011年センター試験の第2問C問2で「call him in」の語順が問われていました。「see him off」のように熟語に代名詞が割って入ったかたちですね。

ところが、同じ「call in」でも「call in him」となる場合があります。
『ジーニアス英和辞典第4版283頁(同第5版305頁)』

これは、熟語が他動詞的か自動詞的かで区別するようです。
つまり前者は「彼を呼びつける」後者は「彼の所に寄る」という意味になるからです。
コメント

名詞の過去分詞化

2017年01月08日 | その他
実用英語・現代英語に見られる現象の一つに「名詞の過去分詞化」があります。

過去分詞は、動詞の活用の一つですが、名詞にも見られます。例えば、
He is good-natured. 彼は気立てが良い。
(しごとの基礎英語 2016年12月07日)

他にも
iced coffee アイスコーヒー
Cold-blooded Executions 残忍な処刑
などを挙げることができます。この現象を分析するに;

もともと動詞の過去分詞は、完了形や受動態を表していましたが、その応用的な用法として「boiled egg ゆで玉子」のように形容詞として働くものがあります(過去分詞の形容詞的用法)。この機能を利用したものと想像できます。いうなれば「応用の応用」。

これらは、日本語に見られる造語「~的」「~系」に似た現象ともいえますね。

しごとの基礎英語 | NHK
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/english/jobkiso/
コメント

両性具有の単語

2015年06月12日 | 語彙(単語力)
英語は事実関係を高い関心を示す言語ですね。動作の方向性もその一つ。

例えば、持って行く場合はtakeですが、持って来る場合はbringと区別します。物の貸し借りも同様。「貸す」はlendであるのに対して「借りる」はborrowです。

ところが、有償となると、rentの一つで済むのです。いわば両性具有(動物がオスとメスの両方を兼ね備えること)の単語といえます。
コメント

レベルに合った発音を

2015年04月23日 | その他
ネイティブスピーカーの発音は参考にはなりますが、‘完璧な手本’ではありません。

英語の学習では、ネイティブスピーカーの発音:特にアメリカ人の発音を真似ることが重要だとされます。しかし部分的な模倣は害になるおそれがあります。彼らの発音はどんどん崩れていく傾向にあるからです。顕著な例が[t]の欠落・崩壊。単語の途中にあるtはキチンと発音されません。twentyは「トゥウェニ」に、waterは「ワラ」に…という具合です。

ネイティブに間違われるくらいに彼らの発音を完璧に模倣したいのであれば格別、初学者がこれを真似ると違和感があります。これは、日本語を習い始めの外国人が、「こんにちは」という挨拶の代わりに「ちーす」と言うようなもの。

always,unbelievable…など[L(エル)]も同様です。教科書にある発音記号にそって発音しましょう。

なお、これらの傾向はアメリカで顕著ですが、アメリカ人でもキチンと発音する人もいます。
コメント