翡翠色 オパール色 風の声

おひとりさまの人生 感じて 考えて 味わって(?)
草花とメダカに癒され生きています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

非現実的な現実逃避

2017-12-05 | 翠ガーデン
2年目にして突如伸びまくった冬咲きクレマチスのシルホサ
予想外だったので、上の方ばかりで花が咲いています




気づけばシュトーレンの誘惑に負けて、カロリーそっちのけで食べ止まれない12月に。。。
前回のブログで、遅ればせの旅行記とか言ったものの、すでに1年近く前の旅。
あぁ、なんという、ものぐさ、ていたらく。
こうして、久々にブログをUPするのも、仕事で煮詰まっている現実逃避であったりするわけで。。。


四季咲きのバラ、ブラッシングアイスバーグ
(久々にUPしたら、写真がバカに大きいけれど、またやり直すのも何なので、このままって、ことで)





ここ5年ほど、仕事のスタイルを変えるというか元に戻すべく、あれやこれや始末をつけてきたら、
すでに体力低下で、もともとの本業には戻れず。

それでも、以前からお世話になっていた方が、こんな半病人のような私でもできる範囲でいいと言うので、
新たなプロジェクトに参加したら、そんなわけないよねぇ、の、業界的特有の忙しさ。

というか、世の中のほとんどの業種は人手不足がとても深刻だという事に、ほどなく気づいたわけです。
半病人の翠の手でも、シロウトよりは使えるということだったのでしょう。



庭のシンボルツリーの白木蓮
先日、植木屋さんの剪定で、黄葉を楽しめるように少しだけ葉を残して貰い、その間からはたくさんの花芽が




なんとか、かんとか、年寄りが集まって、いやベテランばかりで、使いっ走りがいないプロジェクト。
それでも世の中の人手不足に吠えても仕方ないので、雑務も自分たちでやって、さくさく進めているところです。
意外とね、下を使うとか面倒みなくていいって、早いし楽。
雑務担当がいない事に不服を言うより、どんどん先に進める、話のわかった大人だけの仕事は、悪くないです。
もっとも、人を育てるという観点では、これはマズイですけどね。。



花の少ない時期に彩りをくれるウィンターコスモスの恵
昨年はよく育つと喜んでいたら背が高くなりすぎて、今年は夏に小さくカット、ほどよい高さで咲いています



そんなこんなで、久々に仕事に追われまくる日々なので、こうしてブログに逃避したくなるわけです。
煮詰まると、庭の草花をいじってみたり、写真を撮ってみたりし、料理を作ってみたりし、掃除も念入りにしてみたりして。。。
そして現実に戻ると、いっこも進んでいない仕事の山が待ちわびており。。。やれやれ

でも、たまに、煮詰まったまま現実逃避して、翌朝、連絡を取ると、
すでに状況が変わって、手をつけなくてよかった、なんて事もあるので、やはり時折の現実逃避も必要なのかも(笑)



かつてのベランダガーデニングから、ずっとうちの子のブルーベリー
昨年は紅葉もイマイチで、枯れるのではないかと危惧したのですが、今年は綺麗に紅葉



ブログをやっていてよかったと思うのは、植物の記録が残ること(マンゴーの木もメダカも健在)、
そして、しがなみのない世界に逃避できることですかね。

この場所は、閉じずに大切にとっておきます。



コメント

※ ※ 注 意 ※ ※

 本ブログ「翡翠色 オパール色 風の声」の記事や画像などに関する権利は、管理人“翠”に帰属致します。 本ブログ内の記事・写真等の無断複写・転載は、いかなる理由においても禁止です。