シュシュといっしょに週末田舎暮らし

ジャックラッセルのシュシュと週末は房総で田舎暮らし
犬の事、家庭菜園、ガーデニング、パッチワーク…さて何が起こるのか?

因幡の白うさぎ

2015-08-30 10:45:08 | 日記

家から車で10分ほどで鳥取砂丘があり、同じく20分ほどの所に白兎海岸という海水浴場がある。

まったくコンパクトな街です。

白兎とは読んで字のごとく、白ウサギの事で、民話 因幡の白うさぎの里です。

幼い頃読んだ絵本では、白うさぎがワニを騙して一列に並ばせ、その上をおきの島からこちら側に渡ったというものと、サメを騙したという2通りがあって、ずっと???だったけど、実はワニというのはサメを意味する方言だという事をずっと後で知りました。 だから絵本のワニの絵はNGです。子供向けの絵本なんだから、ちゃんと調べなさいって話ですよねぇ。

古事記に出ているこの民話は、関東に住む私にとって、すご~く神秘的です。

 

親戚の墓参りに行った後、帰り道にここに寄ったのだけど、この日はとっても暑くて、義母も最近足が痛いというので、目の前の道の駅で休憩し、この先の『白兎神社』へは夫だけがお参りして、写真を撮りました。

奥に見える階段を上ると、白兎神社があります。

これまた、島根の出雲大社をコンパクトにしたような神社。

 

うさぎの周りや頭に乗ってる石には、赤い字でと書いてあります。

実は『因幡の白うさぎ』の物語は、大国主命(おおくにぬしのみこと)と絶世の美女と言われた八上姫(やかみひめ)が白うさぎの導きによって結ばれる日本で最初のラブストーリーだそうで、出雲大社同様、縁結びの神様になってるそうです。…はじめて知りました。 

 

砂丘の砂で作った因幡の白うさぎの彫刻にも、それらしき場面が。

 

蒼くきれいな日本海を眺めてるウサギちゃん。

良きご縁がありますように。(私も石置いてくりゃよかった)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ふるさと | トップ | 鳥取砂丘 砂の美術館 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事