シュシュといっしょに週末田舎暮らし

ジャックラッセルのシュシュと週末は房総で田舎暮らし
犬の事、家庭菜園、ガーデニング、パッチワーク…さて何が起こるのか?

冷風扇と冷風機

2018-07-15 18:59:08 | 田舎暮らし

今日は3連休の2日目。

せっかくの3連休ですが、よりにもよってこの3日間が35℃を超える猛暑日ですって?

セカンドハウスにはエアコンが無い…、果たして大丈夫なのか?

先週、焦って、南房総、館山、鴨川の家電量販店、ホームセンターに電話を掛けまくりましたが、エアコンの取り付けが間に合わず、最短でも来週になるとの事。

そりぁそうだよねぇ。分かっちゃいたけど、イチかバチか…。だって死ぬか生きるかの暑さだもん。

取り付けていただけるなら、定価でもいいよってくらいの神頼みだったんだけど、無理でした。

 

どうする?房総行く?暑いよねぇ。でも3連休だしねぇ。と迷っていたところに、いつも薪用の端材を貰ってる大工のAさんから電話。

これこれこーゆー訳で、今週は房総に行こうか迷ってるって言ったら、「ずいぶん前に現場で使った冷風扇があるんだけど、もう使わないからあげるよ」とのありがたい申し出がありました。

あーやれやれ、これで安心して房総に行けるよ~。

…という事で、昨日、ここ房総に来る前にAさんちに寄って、溜まった端材と冷風扇をもらって、セカンドハウスに来ました。

 

Aさんの所からは高速の入口が遠く、更に3連休の初日だけあって渋滞。

そんなんで、着いたのはお昼少し前で、クーラーの効いた車から降りたら、もう灼熱地獄~って感じ。

 

さっそくいただいた冷風扇に水を入れて、スイッチオン!

…した途端、なんとなく古めかしい冷風扇の、その吹き出し口からは、ホコリ臭いような、カビ臭いような風が流れてきた。

何年も使わないで、しまってあったって言ってたっけ。

水抜き栓は付いていますが、これで全部の水が抜けるとも思えず、中がカビてても不思議じゃない。

さらに、後ろのフィルターにもホコリが付いてて、取り外して洗えるようにもなってない。

これ、現場で使うならまだしも、家の中にホコリとカビを撒き散らしちゃうよ。

って事で、せっかくいただきましたが、使えませんでした。

 

実は、うちには同じような冷風機というモノがあるんです。

まだノエルとほたるが若かりし頃、もちろんセカンドハウスを買う、ずっとずっと前。

同じような猛暑日にエアコンが壊れ、慌てて近くのホームセンターに行って、間に合わせで買ったのでした。

これ、正面からはそこそこ涼しい風が出るんですが、その冷した冷気の分、後ろから暖気が出るんです。

だから窓を開けて、それを外に逃がさなくちゃいけない。

人間なら、この前にじっとしてれば涼しいかもしれないけど、犬が、それも大型犬2頭がこの前でじっとしてますか?って話です。

しかも、掃出し窓ならいいけど、高い所に付いてる窓なら、暖気逃げないじゃない。

まあ、私がおっちょこちょいだったせいもあるけど、とにかくその時もあまりの暑さゆえ、ぼーっとした頭で、焦って買ってしまったのでした。

で、ノエルとほたるはどうしたかって?…覚えていません。(確かエアコンがある四畳半の仕事部屋で、皆でじっとしてたような記憶)

ちなみに、犬には足裏など一部を除いて汗腺が無いので、人間のように扇風機や冷風機で風を当てても、気化熱で体温が下がるという事はありません。

ただ、室内の暖気を逃がすと言う意味で、室内の温度が下がれば若干暑さをしのげるという程度です。

 

で、使い物にならない冷風機なのに、いつか使えるんじゃないかと、セカンドハウスに置いてはありますが、やっぱり全くの役立たずです。

この冷風機と、Aさんに貰った冷風扇は、もう捨てます。使えないし、使わないのだから。

♪だけども、問題は、今日の暑さ クーラーが無い~♪(字余り)

最新の冷風扇はもう少しマシなんじゃないか?

とにかくホームセンターと電気屋さんに涼みに行こうという事で、お昼ご飯を食べてから、クーラーの効いた車に乗って、涼しいお店に行きました。

(もちろん、シュシュも犬用カートに乗って、一緒に店内に入りましたよ)

昔のよりは、少し進化している模様。

やっぱり水タンクは、脱着式じゃなくちゃ。

仕組みは、『冷たい水を送る扇風機』なので後ろから暖気が出ることも無く、ただ仕組み通り、扇風機より若干涼しい風が吹くだけですけど。

でも猛暑なので、少しでも涼しければありがたい。購入いたしました。

シュシュは冷たい風よりも、冷たいプラスチックにくっ付いてます。

シュシュは白物家電がお好き?

家の中なのに、椅子の陰に入って涼んでる?

実は、この暑さで心配だったのは、私達人間より、暑さに弱い犬のシュシュの事。

汗をかかないシュシュにとって、冷風扇より冷たいコンクリートの床の方が、体温を下げてるんですね。

「昼間は暑かったらホームセンターにでも行って涼めばいいけど、問題は夜だよねぇ。熱帯夜だったらどうする?朝起きたら3人とも(2人と1匹)死んでたりして」って冗談じゃなくて本気で心配してたのでした。

なのに、夕方になるとヒグラシが鳴きはじめ、昼間の暑さが嘘のように涼しくなりました。

夜は寒いくらい…はちょっとオーバーだけど、涼しくて、窓を閉めて夏布団を掛けて寝られるくらいでした。

そこんとこが、やっぱり街なかと違って、山に囲まれた所の良い所ですねぇ。

でも、1年に1度や2度は、眠れないほどの熱帯夜があります。

冷風扇は、そんな時の保険というか、お守りです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 夏色のキルトバッグ | トップ | 台風の後は… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

田舎暮らし」カテゴリの最新記事