シュシュといっしょに週末田舎暮らし

ジャックラッセルのシュシュと週末は房総で田舎暮らし
犬の事、家庭菜園、ガーデニング、パッチワーク…さて何が起こるのか?

大きな木

2014-05-27 12:27:01 | 田舎暮らし

ここのところ、特に週末は天気が良くて、25℃の夏日なるので、サンルームの屋根に、毎年恒例のヨシズを張った。

この写真の右に写っているシマトネリコもいい日除けになってくれる。

ここのセカンドハウスを買ったのが8月で、西日がきつかったので、ここの庭の中では早い段階で植えた記憶がある。買ったときは私の胸辺りの高さだったろうか。とにかくうちの木たちはステップワゴンに乗らない高さでは持ってこられないので、植える時はこんなに大きくなるとは想像もできないほど、かわいらしい木です。

 

これは、公園のドングリを拾ってきて、植木鉢に蒔いたら芽が出て、2、30cmになったので、ここに移植した、コナラ。

 

これも、途中のホームセンターで買った時はせいぜい1m程度だったナンキンハゼ。今はこの木が一番好き。

 

公園の犬友達のまるこちゃんのお店『つかさ園芸』で、おまけにもらった月桂樹。
これもいただいたときは植木鉢に入っていて、せいぜい20cm位だったと思う。

 

セカンドハウスを買うずっと前、ふと盆栽をやってみたくなった時があって、その頃公園の木の中で一番好きだったトウカエデの盆栽を通販で買った。
コーヒーカップより小さい鉢に植えられていたこの木の幹は、爪楊枝程の太さだった。
少しの間は盆栽として育てていたんだけど、ある時、こんな窮屈な中ではかわいそうだと思って、普通の園芸用の鉢に移したら、腰位の高さになった。
もはや盆栽ではなくなり、かといって庭のない我が家で、この先この中途半端な大きさを保っていけるものか、半ば持て余し気味だった頃、運よくこのセカンドハウスを買ったので、さっそく持ってきて植えた。
最初は下の段に植えてあったんだけど、ほとんど見えない場所で、目も手もかけてやらなかったら、どんどん元気がなくなり、ゴメンゴメンと上の段の庭の、よく見える所に移植したら、あれよあれよと元気になって、こんなに大きくなりました。

 

セカンドハウスを買ったばかりの頃は、バーベキューコンロから向こうに見えるコンテナまで、さくらんぼの木が一本だけだった。 桜の木もまだ小さい。

これが今の風景。

 

この時はまた無かったけど、今のドッグランの外側。

同じ位置の今。

 

みんな大きく育ったねぇ。

 

 

 

 

コメント

実の生る木

2014-05-27 11:16:13 | 田舎暮らし

5月5日のブログに、「大好きなサクランボが美味しくなるように摘果(実を間引く)した」と書いたばかりで、その週の土曜日(10日)には、こんな…。地面にぽろぽろと落ちている。
まあ、前回の時点でもう鳥が突いていたのは目撃済みだったんだけど。
たぶん、ムクドリ。

こんなに少なくなっちゃったけど、ちょっとは食べられるだろうと淡い期待虚しく…。

一個一個一個も残ってない!

私はね、果物の中で一番好きなサクランボだけど、ちょっとは鳥さんに残してあげようと思っていたのよ。それなのに、ああそれなのに、ああ無情とはこの事か?

しかも、こんなに食い散らかして、行儀悪いやらもったいないやら、ああ悔しい!
間引きした分、甘くて美味しかったって? 重ね重ね悔しい~!

私より執念深く食べられそうな実を探しているシュシュ。


さて、気を取り直して。
サクランボの他にも、春に咲いた花が、実をつけている。

ユスラウメ

 

 

ジューンベリー

 

ブルーベリー

 

クワ

 

順調に育っている梅

 

ゆっくり成長しているポポー。

今年はじめて花を咲かせた。 ポポーの実はまだ食べたことがないけど、トロッと濃厚でカスタードクリームのように甘くて美味しいらしい。…のわりにはちょっとグロテスクな花。

 

たしか去年?あれ?一昨年だったっけ?食べたビワの種を植えたら出てきたビワ。これもまだ実をつけてはいないけど。

 

そしてそして、やっと花をつけた念願のレモン。なんて可憐でキレイな花なんでしょう。

クニコさんがここに来た2010年12月、お祝いにいただいて、一緒に植えてくれた木。

 

柑橘類が苦手な強風と西日を避けて、一番いい場所を選んで植えたつもりだったのに、ずっと元気が無かった。

一時はもう枯れたかと思うほど、葉も落としてしまったのに、今年初めて花が咲きました。
3年半が経ち、それも満開!サクランボの恨みはこれでご破算。

花も、甘酸っぱいレモンらしい、いい匂い。

ミツバチもたくさん来て受粉もばっちりなので、実も期待できそう。

今年は毛虫もほとんどいなくて、実モノの出来がいいみたい。

コメント