残しておきたい今日の1枚

函館近郊で撮影した写真、その中のお気に入りや思い出となるもの1枚を残しておきたい

函館競馬、迫力あるレースに“興奮”...

2022年06月22日 | 日記

( 06/19撮影 )

函館に夏の到来を告げる 「函館競馬」 ...。中央競馬は毎週重賞レースをテレビ観戦で楽し
んでいるが、地元函館で見られる迫力ある生のレースもと毎年1,2度は競馬場に足を運んでい
た。しかし、コロナ禍で競馬場へ入場は事前予約が必要でしかも抽選、その抽選には運がなく
去年は全部外れたが、やっと今回抽選に当たり今日午後4レース限定で観戦に出掛ける...

 

青空を期待したが生憎の曇り空、スタンドを吹き抜ける風は冷たく観戦日和にならずイマイチの天
気...。本来ならスタンドからは津軽海峡の青い海や函館山を眺めることが出来るはずなのだが、
函館山も雲の中。さて、早速パドックで品定め、とはいってもレースを走る競走馬はどれも輝いて
おり甲乙付けがたく、結局は競馬新聞の印と電光掲示板に写し出されるオッズを見て投票口へ...

 

購入した馬券を握りしめ、ゴール近くのスタンドの指定席に腰を下ろす...。レースは1勝馬
や2勝馬クラスで、ここを勝ち上がらないと重賞レースを走れないとあって、騎手も馬も力が入
る。いよいよ、スタート。勢いよくゲートを飛び出し、目の前を怒濤の如く駆け抜けていく。特
にゴール前は馬の荒い息遣いや騎手の掛け声が聞こえ、迫力あるレースに観覧席も“興奮”....

 

今日の4レースは荒れ気味で、競馬新聞の印を頼っていたのでは当たるはずもない...。観覧
席からもレースが終わる度に大きなため息や喜びの雄叫びが聞こえている。今日走った馬が、秋
から年末にかけての重賞レースで活躍する馬がいるかも知れないし、そんな馬を追っかけて楽し
んでみたい。そうだ、今日JRAの預金通帳に預けてきた掛け金を、取り返しに行かないと...

( ※ 小さな写真6枚は左クリックで拡大する。)

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 今日は“夏至”... | トップ | 近所の庭先で “花泥棒” ...  »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事