残しておきたい今日の1枚

函館近郊で撮影した写真、その中のお気に入りや思い出となるもの1枚を残しておきたい

春を呼ぶ“サクラの剪定”...

2021年01月22日 | 五稜郭公園

昨日、今日と春先を思わせるような穏やかな日が続いたが、それでもさすがに吹き付ける風
はまだまだ冷たい...。そんな中で、五稜郭公園では春を呼ぶ“サクラの剪定”作業が始ま
り、伸びすぎた枝や病気になった枝を梯子の上でハサミやチェーンソーを使い丁寧に払ってい
る。この作業がサクラの木を活性化させるためで春満開のサクラを咲かせる秘訣とか。五稜郭
公園内の1,600本のサクラの木を1日2,30本ずつ剪定を行い、2月中旬まで作業は続く...

  

ところで、まだ「寒の内」でこれからが寒さの本番だが、気の早い民間気象予報会社から今年の
「サクラの開花予想」が先日発表された...。それによると北日本は、12月、1月と気温が低かっ
たが、秋の高温がサクラの休眠打破の時期が遅らせたものの、この後気温は平年並みか高くな
る予想で五稜郭公園のサクラの開花は5月1日と平年並みを予想。少し気が早いと思うけど...

 ( ※ 小さな写真2枚は左クリックで拡大する。)

コメント   この記事についてブログを書く
« 企画展“色もよう 心もよう”.... | トップ | “万華鏡の坂道”... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

五稜郭公園」カテゴリの最新記事