Sam's style de JO7MJS

< Selamat datang!/ Welcome! > since 2005 also JA8RXD/YB3ASM

ハイモンド バグキー (BK-100) レフティー化改造記事(1)

2005-12-05 | 日曜電子工作
 BK-100の改造作業の第1回目,まずは,全てのパーツを取外します.
 BK-100は形こそ大きな変化は無いのですが,各々のパーツが少しずつ変化しています.手に入れたBK-100は昭和46年以降に販売されたタイプでして,各パーツの取付ネジがISOネジではなく,旧JISネジと呼ばれるネジピッチ(ハイモンドへ電話して確認しました.)で,現在流通しているネジは使えません.「1本でもネジを無くすと後が大変ですよ.」とハイモンドの方に言われました. ヤベーッ,そんなに古いタイプか...とまぁ,ネジが駄目になったらその時考えます.オールドタイプのBK-100をお持ちの方は,くれぐれもご注意を.見分け方は,パドルの支点を押えているプレートを止めている両サイドのネジの頭が十字穴(+穴)でその面の1ヶ所に(・)の印がついていたらISOネジです.また,昔の短点用アームは削り出しの加工品でしたが,その後,コストダウンによりプレス鋼板に変わっているとの事.これは「モールス・キーと電信の世界」の受け売りです. ちなみに私のBK-100は,その削り出し加工品でした.

          

 台座下部のラバーはフラットな全面タイプで,もっと前のタイプは角の4ヶ所に丸い吸盤が付いていたそうですが,取り止めた事が説明書に書かれてあり,価格UPになった様です.ところで,その吸盤がついているタイプのBK-100って見た事ないのですけど,本当に存在しているのでしょうかね?

   

 樹脂の台座内部には,鋼板が2枚と絶縁用厚紙が3枚入っていました.上面の皿ネジ2本で2枚の鋼板中,ラバーが貼り付けている方をそのネジで止めているのですが,外してみても素直に鋼板が外れません.仕方ないので台座下部のラバーを剥がしたら,(これって結構,度胸が必要でしたが簡単に剥がれました.)ラバーを接着する際,接着剤が台座内面にはみ出して付着していた様で,マイナスドライバーで少しこじって外しました.本来なら,ネジを緩めたら簡単に外れる構造です.台座内部からパーツが取付けられていたので,これを全て外します.何だか30年以上の時を経て全てが外された事に妙な感激がありますねぇ...それはさて置き,ここからが本題の改造ですが,それはまた別の話...焦らずユックリ進めますの,こころだぁ~ッ
ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   この記事についてブログを書く
« 直島通信 vol.7 007記念館 | TOP | ハイモンド バグキー (BK-100... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
吸盤付き最近入手しました (45gs)
2010-12-11 07:16:53
http://blog.45gs.jp/2010/12/bk100_1f28.html

はじめまして最近古いBK-100を見つけて購入しました、あちこちのサイトを参考に何時ごろの物なのか探して伺いました、スピードスケールが白い物は写真が見当たらないので最初期のものなのかな~と思っております、状態非常に良い物でした。
ビンテージですね. (JO7MJS/Sam)
2010-12-14 08:21:57
to 45gs

 初めまして.
 BK-100を拝見しました.
 状態の良いビンテージ品ですね.
 それは昭和40年代前半なのでしょうかね?
 詳しい事は,ハイモンドに聞かれると判ると思いますよ.

post a comment

Recent Entries | 日曜電子工作

Similar Entries