Sam's style de JO7MJS

< Selamat datang!/ Welcome! > since 2005 also JA8RXD/YB3ASM

Exchange HDD of ThinkPad A31

2009-09-28 | いわき通信
 ッて事で,先日ネットオークションで落札した60GBのHDD

 これを ThinkPad A31 のオリジナルHDD(20GB)と交換.
 CドライブからデータをEドライブへ移動.
 おかげで,Cドライブは8GB弱の空き容量が出来たので,OSのUpdateには,まだ大丈夫でしょう.

 ところで,何故,Cドライブの容量を増やさなかったか?
 簡単に話しますが,ここまで仕上げるのに,半日はかかったな.
 以下,箇条書き.

 1.HDDのクローン作成用フリーソフト,「EASEUS Disk Copy」を使った.
   これはCD-R等,Bootの出来る記憶メディアにイメージコピーして
   使うタイプ.無事,HDDのクローンが完成.リカバリ領域もコピーされ
   ている.リカバリーソフトも問題なく起動出来た.

 2.HDDのアクセス速度が速いのか,OSやソフトの起動する速さが体感的
   にUp.

 3.未領域が約40GBあり,これをパーティション編集用フリーソフト,
   「EASEUS Partition Manager」を使い,OSの入ったCドライブ容量を増
   やす事にした.

 4.つまり,
   オリジナルHDD → 18GB(C)+2GB(リカバリー領域)
   60GB HDD → 58GB(C)+2GB(リカバリー領域)

 5.すると,WindowsXPは問題なく立上がるけど,リカバリーソフト
   が起動しなくなる.

 6.そこで,残りの領域をEドライブとする.
   60GB HDD → 18GB(C)+2GB(リカバリー領域)+40GB(E)
   問題なくリカバリーソフトが起動する.

 う~ん...リカバリーソフトを無視するかとも思ったのだけど,もし,何かあっても元の状態に戻せるのは,捨てがたい.
 勿論,HDDが正常に動作するのが前提の話だけど.
 ってわけで,Eドライブを作ったわけ.

     

 それと, ThinkPad A31 には,ウルトラベイ2000が2つあって一つはDVD.
 もう一つは,FDD.

 ウルトラベイ2000用のHDDマウントを手に入れていたので,余っていた手持ちのHDD(10GB)をセットしてFDDと交換.
 オリジナルHDD(20GB)は,まさかの為に保管.

     

 合計70GBのHDD搭載となるわけで,しばらくはメインPCとして使えます.
 FDDは,最近使わないでしょ.消え去る運命でしょうかね...
 自宅にもエマージェンシー用が数枚あるだけ.

 ところで,HDDのクローン作成とパーティション編集ソフトは,どちらもフリーソフトなのに,非常に良く出来ています.
 20GB程度なら,クローン作製に約30分.(空容量20%程度のとき)
 パーティション編集は60GBでも数分と高速です.(未領域の場合)

 おかげで,トライ・アゲインを数回繰り返しても,半日で終わる事が出来たわけ.

 そもそも,めったに使う事はないのですけど,あれば便利なソフト.
 ただ,全て英語なのは致し方ないか...と思っていたら,日本語化されているのを発見.
 「ソフト名 日本語化」と検索すると見つかります.(注意:ソフト名は,EASEUS...ですよ.
 仕上げた後に知ったので,確認はしていませんが,興味のある方はどうぞ.


Caution!

 OSが入っていると,デリケートですから,HDDのクローンを作った後は,しばらくオリジナルをそのまま保管した方が良いかもよ.

 最後は申し訳ないけど,決まり文句を.

* 私の環境で上手く出来たからと,記事を読まれた方が同じ事を行って,
  HDDクラッシュ等のトラブルになっても,責任は持てません.
  ご参考までに.


ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« LCメーターキット | TOP | about ThinkPad A22m »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | いわき通信

Similar Entries