Sam's style de JO7MJS

< Selamat datang!/ Welcome! > since 2005 also JA8RXD/YB3ASM

リペア(2)

2013-01-07 | 日曜電子工作
 実は,BRAUNシェーバーをもう一つ使っています.

 いわきシャックのシェーバーは,帰った時しか使わないのですが,浦安シャックでは,シェーバーをほぼ日常的に使っているわけで,それが BRAUN 5413 なんです.

 ところで,何故に BRAUN に拘るかですけど,好みもありますが,以前は,国産メーカを使っていたのですわ.
 直島に赴任していた頃,産業用の破砕機(業界用語でクラッシャーと言います.)メーカの営業マンと破砕機の刃の話になった時,

 営業マン「シェーバーはやっぱブラウンですよ.」
 MJS 「何故ですか?」
 営業マン「破砕機に使う鋼(ハガネ)なんですけどね,同素材のスチールで
      も,ヨーロッパの鋼,特にスエーデン鋼と国産の鋼では刃の寿命
      が違うんですよ.」
 MJS 「同じJIS規格のスチールでも?」
 営業マン「そう,規格の基準内に成分があっても,組織配列と言いますか,
      炭素成分の配列が安定しているのでしょうねぇ.
      だから,私は,シェーバーも向こうの(ヨーロッパの)ブラウン
      を使っているんです.国産とは持ちが違いますよ.」
 MJS 「ホントですか?」
 営業マン「ホントですよ.」

 これをきっかけに,BRAUN のシェーバーを使った次第.
 いわきシャックにあるのが,最初に買った奴で,自宅へ帰る度にいちいちシェーバーを持って帰るのも面倒で,新しく買ったのが浦安シャックにある BRAUN 5413 なのですわ.
 ただ,同じブラウンしか使っていないので,比べる物がないのではっきり言えませんが,確かに持ちは良いかもです.

 話が長くなりましたけど,そんなわけで,浦安シャックのブラウンシェーバーもNi-MHバッテリーがへたって来たので,交換してみました.

 分解方法は,ネットで「ブラウンシェーバー分解」なんて検索すればヒットしますので,省略しますが,5413なら,ココですかね.

     

 BRAUN 4403 より,5413 が後から発売された事もあり,完全ユニット化されているので,ワイヤが1本もなく,基盤は簡単に外せました.

     

 バッテリーは,コレ↑が,

     

 ↑コレに変わりました.
 今回は,奮発してエネループを選んでます.

     

 バッテリー交換は簡単だったんですけど,アララ,トラブル発見.
 ケースの止めネジカバー取付け部が,破損していました.
 樹脂がポロっと崩れてしまい,またカバーの片側はクラックも発見.
 経年変化なのか,それより,カバーが華奢でして,チョットしたショックで壊れたのかも知れませんが,いつやったのかも判りません.
 これのリペアに,時間食ってしまったですわ.

     

 エポキシ系接着剤を使って固めますが,それだけでは心もとないので,真鍮板を接着剤と一緒に使っています.

     

 止めネジカバーを取付けが出来れば良いので,十分でしょう.

     

 こんな感じで,セットします.
 小さなカバーは,接着剤が完全に乾いてネジを増し締めしてから.

 ところで,何もここまでせずに,新しいのを買えば良いとは思っています.
 ただ,BRAUN 4403 のバッテリー交換時,参考にしたこの方のコメントに思わずうなずいてしまいます↓

 「以上半ば諦めていたシェーバーが復活する事になった.大した事では
  無いように思えるが復活した喜びはこの上なく,思わずニヤッとなる.
  そしてまた暫く付き合いが始まる事も嬉しい.」

     

 だから,リペアした次第.
 また,しばらく元気に使えます.

PS:そうそう,この手のリペアをされる方,自己責任でお願いします.

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リモート・コントロール | TOP | TS-990 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 日曜電子工作

Similar Entries