JA8MEMのつれづれ日誌

趣味のアマチュア無線での出会いやカメラ片手の散策の出来事を写真とともに綴るブログです。

けあらし立ち込める中で“ウニ採り”...

2013-01-23 22:05:36 | Weblog
 大寒が過ぎてから寒気は少し退いてくれたようだ。真冬日は解消され、ここ2週間ほど雪かきもせずに楽をさせてもらっているが、雪かきがなければないで手持ち無沙汰を感じるから不思議だ...。心配ご無用、明日からまた雪模様...、しかも湿った雪が?これゃあ大変だ...。

  
 水平線からあがる朝日...、今日こその思いで早起きをして戸井の海岸に車を走らせる。昨夜の天気予報では間違いなく朝日は水平線から...、しかし、汐首岬を交わし東の海を見ると相変わらず黒い雲が水平線に横たわっている...。時間の経過とともに黒い雲は薄くなっていくのだが、太陽が顔を出すまでには間に合わない...。今日も空振り...。
                            
 諦めきれない思いで戸井の海岸を後にし函館に戻る途中、石崎の海岸にけあらしが立ちこめている...。太陽が高くなったこともあって赤く染まるというまでにはいかないが、函館山の下半分を隠している...。

  
 そんな中をここでは10隻ほどの小舟が長い棹を操りながら“ウニ採り”のようだ...。車の車外温度は-6℃を指し、やはり戸井の海岸に朝日の撮影に行ってきたというご夫婦のカメラマンの方と「舟の上は寒いだろうなあ...。」と話しながら首を縮める...。

 けあらしは、一般的に氷点下15℃以下、海水温との差が15℃以上で発生しやすいとのこと。今日の函館の最低気温は-8℃...、ということは海水温が高いということなのかなあ...。ただ、以前漁師の方から、「汐泊(川)の水が冷ゃっこいしけ、ここはけあらしがしょっちゅうかかるんだわあ...。」と教えてもらったことがある...。
                             
 ところが、陽が高くなるにつれて、けあらしは沖の方に流れていき、けあらしの中から1隻、また1隻と“ウニ採り”の小舟が顔を出す...。

 
      (けあらしの中で漁をする小舟に群がるかもめ...)
 朝日は空振りだったが、けあらしの中で長い棹を巧みに操りながら行う“ウニ採り”を見学出来ただけで満足...。しかし、春までのうちに必ず水平線から昇る太陽を捉えるぞう~...。


いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 新千歳空港でのランチは“店自... | トップ | “自分との闘い”の旅へ...... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
朝日楽しみにしています (山親爺)
2013-01-25 12:48:51
早起きご苦労様です。
水平線から昇る朝日を楽しみにしております。
この時期は難しいのでしょうか。
なかなか上手くいきません... (mem)
2013-01-25 22:41:53
今晩は、コメントありがとうございます。
水平線に横たわる雲に悩まされていますが、本当にどうにかならないもんだろうか。
まあ、諦めずに頑張るよりないのかもしれません。頑張ります...。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事