JA8MEMのつれづれ日誌

趣味のアマチュア無線での出会いやカメラ片手の散策の出来事を写真とともに綴るブログです。

チリ地震で津波警報発令...

2010-02-28 21:34:24 | Weblog
 昨日(27日)、南米チリ中部沿岸で発生したM8.8の大地震の影響で、太平洋を越えた日本に津波が押し寄せ各地に大津波警報や津波警報が発表された。道南各地にも午前中に津波警報が発令、函館の下海岸地区や北斗市、鹿部町の海岸付近の住民に避難勧告が出され、また、道路の通行止めやJRなどの交通機関の運休など一時緊張する場面もあったようだ。

 幸い道南では大きな潮位の変化もなく、また、伴う被害もなかったようで一安心...。「チリ地震津波」といえば、今からちょうど50年前の1960年(昭和35年)に同じようにチリで発生した大地震による津波が日本を襲い、各地に死者を含む大災害となった。函館でもこの津波の影響で駅前周辺を中心に約1,500戸もの家屋が浸水被害を受けたという記録がある。。
                    
                           (写真は2月26日の函館港からの夕陽)
 そんな話を午後、車を点検に持ち込んだディーラーの若い従業員に話していると、彼の口から「何故チリの地震で騒いでいるか理解できなかった。50年前の函館の話は知らないよ...、まだ32才だもの...。」と一笑された。確かにチリと日本は太平洋を挟んで約17,000kmも離れている。しかし、津波はそれを約22時間で押し寄せてくる...、時速770km、ジェット機並みの早さになる。恐ろしい...、やはり災害は風化させてはならなず、若い彼らにもその恐ろしさを伝えていかなければならないと感じた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 気象観測船“高風丸” | トップ | 3月、春の匂いが?... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事