JA8MEMのつれづれ日誌

趣味のアマチュア無線での出会いやカメラ片手の散策の出来事を写真とともに綴るブログです。

小型客船“カレドニアン・スカイ”わずか4時間の寄港...

2014-05-21 22:11:18 | 客船・練習船・艦船他
 今朝、イギリスの船会社が運航する豪華客船“カレドニアン・スカイ”が函館港に寄港した...。豪華客船といっても 総トン数 4,200トン、全長 90.60m、旅客定員 114名とこれまでの客船より二回りも、三回りも小さいく、函館-青森を走るフェリーと見間違えるほどの大きさ...。

 
 朝8時入港で、正午に出港でわずか4時間の滞在...。出港を「イカ踊り」と「日本舞踊」で見送るとのこと、「日本舞踊」は初めてで期待をしながら係留されている西ふ頭に車を走らせた...。ところがふ頭は、冷たい風が吹き、さらに雨がパラつくといった生憎の空模様...。

                                
 出港時間の正午が近づくも見送りの「イカ踊り」は始まる気配がない...。聞くと、朝着岸後乗客のみなさんは3台のバスに分乗し市内観光に行ったものの、船への到着が遅れているらしい...。正午過ぎてやっと到着...。

 

             
 乗客のみなさんが乗船する前で着物姿の女性グループ13名が「はこだて賛歌」などの曲にあわせて踊り出すと、驚きの様子ながら盛んにシャッターを押し楽しそうだ...。

                                
 その後、女性グループと見送りに来た市民が法被を纏い「イカ踊り」を披露...。いつもにない華やかさも手伝って、“カレドニアン・スカイ”のデッキはダンスホールに早変わりしたかのように、乗客のみなさんも一緒に踊り出す...。

    
 今回は、4時間という短い滞在に恐らく乗客のみなさんは慌ただしい思いをされたと思うが、出港の見送りでの「イカ踊り」はみなさんを笑顔にさせ、心に残るお土産を差し上げることが出来た...。
                                
 定刻より30分ほど遅れ、“カレドニアン・スカイ”は大きな汽笛を鳴らし岸壁を離れていく...。気が付けば、先ほどまでの冷たい雨も止み、わずか4時間ほどの滞在を終えた“カレドニアン・スカイ”は、次の寄港地苫小牧港へと向かった...。



いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
コメント   この記事についてブログを書く
« 参道を埋め尽くす“満開の八重... | トップ | 今日のランチは、札幌の街が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

客船・練習船・艦船他」カテゴリの最新記事