JA8MEMのつれづれ日誌

趣味のアマチュア無線での出会いやカメラ片手の散策の出来事を写真とともに綴るブログです。

白神岬から「岩木山」が...

2010-08-25 20:09:49 | 松前町・福島町
 所用で松前町へ...。昨日の約束であったが朝から猛烈な雨が降り続き、「こんな雨の日にいったら相手も迷惑だろう...。」と勝手に決めつけ途中で引き上げてきた。今日は雨の心配もなく快適なドライブを楽しめそう...。

                      
 途中、福島町との町境になる白神岬付近を走っていると海峡を挟んだ津軽半島の後ろに富士山のような稜線の奇麗な山が見える。「岩木山」...、でこれまでもうっすらとした姿は見てきたが、今回はハッキリと見ることが出来た。地図で見ると白神岬から直線で約80km、松前町の市街地に近づくほど津軽半島竜飛崎から離れていく...。

 松前町で「今日は岩木山がよく見えた...。」と話をすると、「岩木山が見えると天気が崩れるんだよね...。」と少し暗い顔をされる。天気予報では今週一杯は大丈夫のようだが、今日の岩木山は天気を崩すんだろうか...。

  

                                       
 所用を終え、いつものように松前公園内を車で見学していると道端の花に大きなチョウが戯れているのを発見...。直ちにカメラを向けたのだが、花々を飛び回りジッとすることがなくピントが合わず...。チョウは「キアゲハ」と「クロアゲハ」のようだ。珍しいものかどうかは定かでないが、道端で見られたのだからよく見かけらるのものなんだろう...。

 ところで、公園で「セミ」の鳴き声を聞いた...。「セミ」の鳴き声が珍しいということではないが、最近聞くことが少なくなった。その最たるところは良く歩く「五稜郭公園」で昔は夏になるとアブラゼミやミンミンゼミが朝から騒々しいくらい鳴き続けており、虫かごを持ってセミ捕りをしたもんだが、今その声が聞こえない、セミがいない?...。「函館公園」でも聞こえなかった...。セミの住む環境でなくなったんだろうか?...、ちょっと寂しい気がする...。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 豪華客船「飛鳥Ⅱ」、函館港に... | トップ | 豪華客船“飛鳥Ⅱ”、再び函館港... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

松前町・福島町」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事