JA8MEMのつれづれ日誌

趣味のアマチュア無線での出会いやカメラ片手の散策の出来事を写真とともに綴るブログです。

“晩秋から初冬へ”...五稜郭公園

2014-11-14 21:45:25 | 五稜郭公園
 今季一番の寒気?に、旭川では26cmの降雪で街は一気に冬景色に変わったという...。函館も最低気温が氷点下まであと一歩の0.1℃まで冷え込み、今朝は1cmの積雪も観測、うっすらと雪化粧も見ることが出来た。昨日のタイヤ交換は大成功...。

    
 朝、出勤前五稜郭公園を通り抜けた...。美しく楽しませてくれたサクラの葉も落ち、木の下を歩く出勤途上やウォーキングであるく人も防寒対策を施し何となく縮こまっている感じがする...。
                                                
 箱館奉行所の屋根の上には、今朝ほどの雪が残っていかにも寒そう...。奉行所は毎年見学者の寒さ対策がいわれているが、今年は冬への備えは終わったかな...。

 
 冬への備えといえば樹木に積もった雪の重みで枝が折れないようにする「雪つり」...。「雪つり」は幹を中心に立てた支柱から荒縄で枝をつり上げ、既に二の橋付近のマツやイチイの木などは冬の装いに変わっている。

                                 
 五稜郭公園は、“晩秋から初冬へ”と季節は変わる。29日から星形に浮かび上がる「五稜星の夢(ほしのゆめ)」イルミネーションの準備も進み、さらに冬へと向かう...。
 
 ところで、「雪つり」を終えたツツジの木にピンクの花が数輪咲いている...。まだ沢山の蕾もあった咲きたそうにしているが、この寒さでは...。それにしても狂い咲き?...。


いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 秋色鮮やか、八幡さんの“大イ... | トップ | “豪華客船”、今年最後の寄港... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

五稜郭公園」カテゴリの最新記事