JA4VNE ☆ Log Book

YG : 山口県 山口市







PHOTO: 沖縄県竹富島 コンドイ浜

CQ WW DX Contest CW

2022年11月28日 | コンテスト

11月26日(土) 09:00 ~ 28日(月) 08:59 JST の 48時間 開催された 「 CQ WW DX Contest CW 」に日曜日 朝9時から参加しました。 26日土曜日は沖縄県宮古島市から山口へ帰る移動日だったので、残念ながらフル参加が出来ませんでした。

1日遅れながら、WW DX-CW に参加してみての第一印象が、『 なんか、CWの飛びがイマイチ 』なのです・・・

 

 ↖  4バンド CWで、なんとか173局


 

『 CQ TestでRunninng 』しても、ほとんどコールバックがない! こんなことは今までありませんでした。 今サイクル25は太陽の活動自体元気がないのかなぁ? 全世界でアマチュア無線人口が減ったことに加え、FT8 などのデジタルモードに移って行った局が、CWに戻って来ない? のかも・・・

 


 ↖  21MHz CWで のDXCC/Zone マルチ=グレーアウト


 

『 CWの飛びがイマイチ 』なのは、当局の Poor System が一番の要因だと、ちゃんと認識はしております( ^ω^)・・・

 

DE   JA4VNE


伊良部島 絶景からの移動運用

2022年11月26日 | 旅と無線

多良間島 移動中止 「 RAC 宮古へ引き返し 」で、スケジュールが開いてしまった11月25日金曜日午後。 再び伊良部島(宮古島市伊良部)の ” いらぶ大橋海の駅 ” へ行くことにしました。

昨日24日の移動運用では、景色が雨にかすんでいましたが、今日はお天気が回復気味です。宮古島方面は相変わらず曇っていますが、伊良部島では雨も止んで観光客(私もですが)が少しづつ増えてきましました。

 

 

ここで当局の地元・山口市の JH4ISQ 久保さんとSNSで連絡を取ったところ、『 21MHz SSBで聞こえるか伝搬テストをやってみよう 』ということになりました。

早速、レンタカーに IC-705 +HL-50B、マグネット基台と CM-144W7 +マグネットアースシートMAT50 をセッティング。 21MHzバンドをワッチしてみると、1エリアの局がSSBで強力に入感しています。この時間帯(14時半)なら4エリア方面にも飛びそうな気がします。ISQさんの設備は 21MHzモノバンド5エレ+100W なので、さらに期待が高まります。

 

 

こちら伊良部島から、21,170MHz SSB でISQコールを開始。 するとSNSで、『蚊の鳴くような信号』というレポート。『 弱くても飛んでるじゃないですか~ 』 では次に、山口からコールしてもらったところ、ISQさんの電波は 57 と強く入感してきました!! さすが、5エレですね!

当局の電波は31~43QSBのようで、聞こえてはいるようです。一応レポート交換を終えて、次は14.170MHz にQSYをリクエスト。14MHzでも何とか聞こえているものの、21MHzより信号が弱い状況でした。

QSOが出来そうな2バンドで4エリア・山口なんとかレポート交換が出来たので、当局は大満足!! SNSでISQさんにファイナルを送り、伝搬テストを終わりました。( QSO TNX  JH4ISQ局)

 

 

伝搬テストを終えて、15時過ぎから 10MHz CW で移動運用を開始。 やはりこの時間帯は Poorなモービル運用でも結構飛んでくれます。(相手局に助けてもらっているおかげでもあります)

16時までに10MHz で 6エリアから7エリアまで 25局( JA5IVG局 クラスターにアップ TNX)、14MHz にQSYして7エリア2局とQSO。 そのあと、再び 10MHz に戻って 6エリアから8エリアまで18局(JH1DGY局 クラスターにアップ TNX)、17時が近づいてきたので、撤収することにしました。

 

 

25日金曜日は、多良間島 移動中止 「 RAC 宮古へ引き返し 」で予定外の 伊良部島での移動運用でしたが、おかげさまで「 絶景 」に出会うことが出来ました!

QSOいただいた各局、クラスターにアップしていただいた2局さん、大変ありがとうございました!! これにて今回の「宮古諸島 無線旅」は終わりです。 

 

夜ホテルで EchoLink ⇔ WIRES につないでCQを出したところ、WIRES 山口ラグチュールームで JR4HJP 森田さん(ルームオーナー)からコールをいただきました。オーナー様に無線旅のご報告が出来ました。(hi)ありがとうございます!

 

MNY TNX ES 73 !       DE  JA4VNE/6  沖縄県宮古島市


多良間島 移動中止 「 RAC 宮古へ引き返し 」

2022年11月25日 | 旅と無線

11月25日金曜日は、多良間島(沖縄県宮古郡多良間村 JCG#47004/E)で、5時間ほど移動運用を行う計画でした。 宮古島は朝から大荒れの天気で、ホテルから宮古空港にレンタカーで向かう国道でも雨で水没した箇所があり、『今日の移動はヤバいかな・・・』といった思いはありました。

 

 

 

 

それでも、引き返す可能性があるという【条件付き運航】ながら、午前9時45分、20分遅れで宮古空港を RAC琉球エアーコニューターのプロペラ機「 ボンバルディア DHC-8 」が多良間空港へ向けて離陸しました。搭乗客は定員の7割くらいでしょうか。

青空が広がる多良間島上空では、旋回と車輪を下ろし着陸態勢に入ること2回。でも結局、強風で着陸は危険との機長判断で、『宮古へ引き返し』となってしまいました。

 

 

機長の『宮古へ引き返し』アナウンスの後、幻の移動運用となった多良間島から遠ざかって行きます。遠くに見えるのは石垣島ですね!一世帯しか島民がいない水納島も見えました。風が強いので海上は白波が立っていますが、多良間島周辺の天気はFBでした。

雲に覆われた宮古島へ再び戻ってきたのが10時45分で、ここを離陸してちょうど1時間が経過していました。このフライトは無料キャンセル扱いです。搭乗客の大部分を占める仕事の皆さんには申し訳ないのですが、当局にとっては、青空に恵まれた多良間島 ⇔ 宮古島 上空を " タダ " でゆっくりと遊覧飛行させてもらったことになり、多良間島 移動は中止となりましたが、ある意味『 超ラッキー 』な、貴重な体験をさせて頂いたと思います!  

 

 

今回できなかった多良間島(沖縄県宮古郡多良間村 JCG#47004/E)移動は、またリベンジしたいと思います。ちなみに、RAC琉球エアーコニューター  宮古 ⇔ 多良 間の航空運賃は、片道15分のフライトで 往復割引 12,000円です。 

 

DE  JA4VNE


伊良部島からオンエア―

2022年11月24日 | 旅と無線

11月24日木曜日、「 宮古島 」滞在3日目です。 

23日早朝から東平安名崎まで行き「 オール九州コンテスト 」に参戦、そして雨に濡れながら撤収したため疲れが残っています。24日も雨天で、外でダイポール・アンテナを張ることができないので、アンテナ基台+モービルホイップ(サガ CM-144W7)で、のんびりオンエア―することにしました。

 

 

レンタカーで向かった先は「 伊良部島 」です。伊良部大橋で島に渡ると『 宮古島まもる君 』が出迎えてくれます。10時ころ着いたところは、 ” いらぶ大橋海の駅 ” の駐車場。この場所は天気さえ良ければ絶景が望めるビュー・スポットなのですが、昨年来た時と同じで、残念ながら景色が雨にかすんでいます。

 

 

各バンドとも、コンデションはイマイチであまり聞こえません。Eスポの発生が少ないこの時期、モービルホイップではこんなものでしょうね。 21MHzバンドをしばらくワッチ、11時ころ1エリアとSSBでラグチューされている宮古島の局を発見!しました。 30分後、QSOが終わったので『 地元局へのご挨拶 』コールをさせていた頂きました。

 

JR6TFE 山口さんです。宮古島市の中心部・平良(ひらら= 当局が宿泊しているホテルがある所)から出ておられるようです。設備は、IC-7300 100Wにダイポール・アンテナとのこと。伊良部島の対岸なので59で入感、しばらくラグチューを楽しみました。

12時を過ぎ、” いらぶ大橋海の駅 ” での運用は、比較的開けている10MHzバンドCWで再開! CQを出すと6エリアから1エリアまで15局とQSO。クラスターにアップ(TNX  JG2RIE局)いただき助かりました。

 

 

14時半。宮古島に戻り、トゥリバー地区にやって来ました。相変わらずの雨天に加え、ここではアンテナのマグネット基台が倒れるかと、心配になるくらいの強風が吹いています。 この場所からは、14MHz CWで25局。(クラスターにアップ TNX  JE9BGB局)10MHz CWで7局、7MHz CWで1局とQSOできました。

 

 

16時過ぎから21MHzバンドにQSYし、SSBをワッチ。アジアを中心にDX局はよく聞こえるのですが、日本語がまったく聞こえません。国内パスが無いのかな~?と思いながら、一応『 CQ 』を出すと、なんと滋賀県湖南市ポータブル局から、すんなりとコールを頂きました。 JG3LYE/3 西田さんです。59 QSB でFBに入感しています。驚いたことにダイヤモンドのホイップからのモービル運用とのこと。ホイップ・アンテナ同士で相性が良いのでしょうか?

その後、21MHz SSBでは1エリア千葉市の局とQSOを最後に、また日本語が聞こえなくなったので11月24日のオンエア―を終了。

 

 

ここトゥリバー地区では、JS6OWR 栗間さんと再会! 一年ぶりのアイボールを楽しみました。 各局、ありがとうございました!! 

25日金曜日は多良間島(宮古郡多良間村)に行きます。 雨天なので、レンタカーからモービル・ホイップで出ます。たぶん弱い電波だと思いますが、聞こえていましいたらぜひコールをお願いします。

 

DE  JA4VNE/6   沖縄県宮古島市


オール九州コンテスト 宮古島移動

2022年11月24日 | コンテスト

11月22日(火)21:00~23日(水=祝日)15:00 に開催の 第43回オール九州コンテスト(JARL九州地方本部 主催)に九州・沖縄管内局として、沖縄県宮古島市(JCC#4714)から参戦しました。 ここ宮古島は、昨年のオール九州コンテストでも「管内局 14MHz 電信 第1位」をいただいた縁起の良い島です。

 

    

移動場所も昨年と同じ宮古島最東端にある絶景・東平安名崎(ひがしへんなざき)です。ここは観光客のみなさんが下車するひとつ手前の駐車場なので、ほとんど車が入らず無線運用にFBな場所です。トイレもあります。

天気予報によると、宮古島地方は朝6時ころから本降りの雨になるらしいので、東平安名崎には午前4時30分ころ到着し、小雨の中、ギボシ式ダイポールアンテナを設営しました。リグ類は昨夜レンタカーにセッティングしていたので、アンテナさえ張れば、いつ雨が降っても大丈夫です!

 

 

案の定、アンテナ設営を終えて明るくなったころから本降りの雨になりました。もし30分遅かったらずぶ濡れになるところでした( ^ω^)・・・

6:00  7MHzバンドがすでに全国ネットで開けており、ごあいさつ代わりに7:30まで46局(Dupe含む)とQSOし、そのあとは本命 14MHzに移ってオール九州コンテストへ本格参戦!です。今日はラッキーなことにこのバンドもコンデションがFBです!!

14MHzバンドでは169局(Dupe含む)とQSOでき、昨年のQSO数とマルチを大きく上回ることができました。昼前後に、ほんの少しだけ青空が見えましたが、日中は ほぼ本降りの雨。車から出てダイポールのギボシを他のバンドに切り替えることができず、7MHz SSBでのサービスQSOもしたかったのですが、結局アンテナは14MHzのままでコンテスト終了時間の15:00を迎えました。

 

     

       

 

この駐車場は東平安名崎へ向かう観光道路沿いです。観光バスや観光客のレンタカーがたくさん通っていましたが、一時は傘を差すのも大変なくらいな大雨が降っていました。岬の灯台まで観光されたみなさん、『 せっかくの勤労感謝の休日なのに気の毒だなぁ・・・ 』と、コンテストに参戦しながら、心の中でお見舞いしておりました。

記事の写真にはありませんが日中雨が降り続き、アンテナ撤収時には ずぶ濡れになってしまいました。もっともここは南の島、雨天でも30℃近く気温があって、濡れてもまったく寒くないのが有難いですね~

 

▽ この画像は昨年< 2021年11月 > の東平安名崎と当局です( hi )

 

オール九州コンテストでQSOいただいた各局、大変ありがとうございました!

DE  JA4VNE/6   沖縄県宮古島市


宮古島到着!

2022年11月22日 | 旅と無線

11月22日火曜日、自宅を8時半に出発し岩国錦帯橋空港へ到着。11:25 岩国 → 13:35 沖縄那覇(経由)、14:05 沖縄那覇 → 15:00 宮古 の予定でしたが、那覇から乗り継いだANA宮古便の出発が15分遅れたため、宮古空港から手配しているレンタカー会社への到着は、(送迎が間に合わず)更に30分以上遅れてしまいました。

 

 

夕方時間があれば移動運用をしようと考えていたのですが、宮古島市平良に当到着したのが既に17時。 カママ嶺公園に寄った後、とりあえず、宿泊するホテル近くのトゥリバー地区までやってきました。 ここは昨年11月に来た時も、KX2 10Wにマグネット+モービルホイップ・アンテナで結構呼ばれた、当局お気に入りの場所です。

昨年の11月クレーン工事をしていた場所で、大きな建物が出来ていました。「ヒルトン沖縄宮古島リゾート」です。2023年開業の外資系高級ホテルです。無銭旅の当局には無縁ですが( ^ω^)・・・

 

▽ 2021年11月

▽ 2022年11月

 

 

今回 宮古島にやってきた主な目的は、22日(火)21:00~23日(水=祝日)15:00 に開催される 第43回オール九州コンテストに管内局として参戦するためなので、ほとんどの機材は宅急便でホテルに送っています。一応、時間があれば運用しようと、スーツケースに入れてきた KX2 とマグネット基台、HFモービルホイップCM-144W7をここで取り出してレンタカーにセットしました。

しかし7~21MHz バンドをざっとワッチしてみるも、ほとんど入感しないので運用をあきらめ、ここから5分ほどの宿泊先のホテルに向かうことにします。明日のコンテストのために、機材のチェックとレンタカーへリグのセッティングをしなければなりません。(つづく)

 

DE  JA4VNE


22日から宮古諸島へ

2022年11月21日 | 旅と無線

明日 11月22日火曜日から26日土曜日まで、先島・宮古諸島の宮古島(宮古島市 JCC#4714)や多良間島(宮古郡多良間村 JCG#47004/E)で移動運用を行います。 主な目的は、22日(火)21:00~23日(水=祝日)15:00 に開催される 第43回オール九州コンテスト に管内局として参戦するためです。 コンテストの方は23日朝 07:00ころから、 JA4VNE/6  沖縄県宮古島市 でCWでの運用を開始する予定です。

 


また、25日金曜日には宮古空港からRAC(琉球エアコニューター)を使って多良間空港へ移動し、念願の多良間島 移動を行います。 実は多良間島 移動はつい先日、19、20日の土日に3エリアのアクティブ局がCWでサービスされたばかり・・・ 当局は『二番煎じ』となりますが、10、14MHzバンドを中心に約4時間半ほど(11:00~15:30頃)運用をする予定です。

 


そのほか、時間が許す限り 7MHzバンド以上のCWやSSBでも電波を出したいと思います。 ただ、今週の宮古島地方は残念ながら 曇り/雨 の予報で、お天気とお空のコンデションの方も心配ですが、なんとか頑張ってオンエアしたいと思います。 

聞こえておりましたら、ぜひコールをお願いします。QSLは JARLビューロー経由と、eQSLで対応します。 (※ eQSL のアカウントは JA4VNE/6 です)

 

DE  JA4VNE


JA9コンテスト電信に参加

2022年11月20日 | コンテスト

11月19日(土)21:00 ~ 20日15:00(日)JST に開催された JARL北陸地方本部 主催 「 JA9コンテスト HF 電信部門 」に参加しました。 

 

 

当局のコンテスト参戦は 20日の早朝から。途中朝食を挟んで、8時台まで 1.8 → 3.5 → 7MHzへと運用 バンドを変えて、9時にはQSOが頭打ちとなってしまいました。14MHz以上が開ければもっと遊べたのでしょうが、コンデション上昇の兆しが無いので一旦休止。午後からも同様のコンデションが続き、結果は 33QSO で終了しました。

 

 ↖  QSO実績 > 14、21MHzはスキャッター気味

 

ハイバンドが強力に開くこともなく、少し持て余し気味のコンテスト参加でしたが、日曜日のひと時を楽しく過ごせました。お相手頂いた9エリア管内各局、管内乗り込み各局(お疲れ様です)ありがとうございました! 

 

DE  JA4VNE


JARL協力「ガチャガチャ」モールス電鍵

2022年11月18日 | 周辺機器

ローカル局とQSOしていて、近くのショッピングセンター    ゆめタウン山口  に、JARL協力「ガチャガチャ」モールス電鍵があるとの情報をいただき、今日(11月18日)お店に見に行きました。


ありました!ありました! フードコート・エスカレーター横に!! 事前に場所を教えていただいたのですぐわかりましたが、「ガチャガチャ」コーナーは2階の売り場の方がもっと大きいので、情報がないと探すのが大変なところでした。

最近はいろんな「ガチャガチャ」が大人気ですね! ピーチ航空の「行き先が選べないガチャガチャ」(旅くじ)1個 5000円が発売されているくらいですから( ^ω^)・・・

 

 

 

「ガチャガチャ」モールス電鍵のお値段は1個が500円と、他の「ガチャガチャ」に比べると割高ですが、縁起物??ですから、2個買ってしまいました。

 

 

早速1個目のカプセルを開けて中身を確認すると、手のひらサイズのミニチュア・モールス電鍵が出てきました。この『モールス電鍵ミニチュア コレクション』シリーズは全部で4アイテムあるようですが、2個目は来週行く無線旅の(現地局への)お土産として使うので開けていません。


底板を外すと中はこうなっています。ミニ電鍵を叩くと800Hzくらいのブザーが鳴るので、モールス符号の練習ができます。とりあえず、シャックのマスコット・キーとして飾っておきます。 来年の A1CLUB STRAIGHT KEY コンテストでは接点を取り出して、使用電鍵の名称 『GACHAKEY』(=コンテストナンバー)で出ようかな~とか妄想しています。(hi)

 

DE  JA4VNE


21MHzの飛び具合は?

2022年11月15日 | コンデション

10月が始まったころは、ハイバンドでサイクル25のすばらしいコンデションを実感できたのですが、ここのところは小康状態なのでしょうか? 当局のシステムではハイバンドのCWで、DXがあまり聞こえてきません。 

なので当局は最近シャックにいる時、 7、14、21MHzバンドの SSB で国内QSOを楽しんでいます。SSBに今まであまり出ていなかったので1st QSO の局が多く、新たな出会いがあります。



一方、ハイバンドでCWは今どのくらい飛ぶのか?  今日、比較的コンデションが良かった21MHzで、久びりにCWでCQを出してみました。  5分間のCQで応答は1局(F5LLN)だけ・・・ サンスポット・ナンバー100以下が続いており飛び具合はイマイチですが、弱いながらもヨーロッパや大西洋・カナリヤ諸島方面まで飛んで行っているようです。

当局はやりませんが、この程度のsnrなら、FT8ならバリバリとQSO(と言うのか??知りませんが)できるんでしょうね~

 

DE  JA4VNE


バチ当たる!【発泡酒・第三のビール】ランキングで

2022年11月13日 | Weblog


10月29日の当ブログでこんな罰当たりな記事を書いたのですが、なんと!今日(11月13日)「クリアアサヒ」と間違えて、サントリー「のどごし<生>」6缶パックを買ってしまいました・・・

『貰うのもノーサンキュー』などと、暴言を吐いて『ゴネンナサイ』・・・・ おいしくいただきます。(#^.^#)


DE  JA4VNE


2022 CQ WPX CW Results

2022年11月10日 | コンテスト

5月28日(土) 朝9時から30日(月) 朝9時 (JST) まで48時間開催された「2022 CQ World-Wide WPX Contest」の Results(結果)が主催者から発表されています。


当局の参加部門での成績は次のとおり。 WPX-CWは 2019年から連続参加していますが、今年は期間中に福岡PayPayドームへ野球観戦に出かけたので、参加時間わずか3.2時間、有効QSO数 112局でした。 

★ 当ブログ関連記事 ⇒ WPX コンテストCW 終わりました・・・

 

 

★  Results(結果)を和訳すると次のようになります


    ← 3.2時間/有効QSO数 112局


 

コンデションのとても良かった 21MHzに絞ってエントリーしたのが幸いし、参加局が少ないこともあり JA-4エリア 第1位 でした。もっとも、JAランキングは 12位/17局中です。(hi)

 

DE  JA4VNE


ウクライナコンテスト QSL届く

2022年11月09日 | コンテスト

Ukraine Chernivtsi のコンテスト・ステーション「 UW5Y 」からQSLカードが来ました。今回届いた JARL ビューロー経由でのカード中の1枚です。

 

 

UKRAINAN DX CONTEST 2020 UW5Y MO UKRAINE WINNER  とカードに印刷されています。 ログとコンテスト結果をチェックすると、2020年に参加したウクライナDXコントスト時のQSOで、ウクライナ コンテスト・ステーション UW5Y は 2020年MO(Multi Op.、All Band_Mix)部門の優勝チーム。優勝記念でQSLカードを作ったのでしょう。

当局は2021年にも参加したウクライナDXコンテストでしたが、先週 11月5-6日(JST)開催だったはずの 2022年コンテストは、やはり中止となってしまいました。サイクル25がピークに向かう2023年は、なんとか平和下でのコンテスト開催を願っています。

 

▽ UKRAINAN DX CONTEST 2021 参加証

DE  JA4VNE


オール大阪コンテスト ありがとさん

2022年11月06日 | コンテスト

第28回オール大阪コンテスト ( JARL大阪府支部 主催 )
日 時:2022年11月6日 日曜日
        06:00~11:30 電信部門
        12:30~18:00 電話部門
        06:00~18:00 デジタル部門(RTTY/SSTV)

               

本日、上記時間帯にオール大阪コンテストの各部門が開催されました。当局は午後から用事があったので、午前の電信部門と午後の電話部門に「ちょこっとだけ」初参加をさせていただきました。


☆電信部門

 

  

 

 


☆電話部門

 

  

 

電信部門の終了が「11:30」と、ちょっと中途半端?な時間だったためか、終了後も大阪府内数局が暫く『 CQ OSKO TEST  』を出していて、それをコールする府外局もいました。これは他のコンテストと同様に「**:00」終了の方が、間違えが少ないかも知れませんねぇ・・・

電話部門については所用のため、1時間ほどの参加でした。大阪府内各局、『 オール大阪コンテスト ありがとさん』でした。

 

DE  JA4VNE


2022年QRPコンテスト

2022年11月04日 | コンテスト

文化の日 に毎年開催される JARL QRP CLUB 主催「 2022年QRPコンテスト 」が 、今年も11月3日(木) 1300 ~ 2100 JST にありました。 たくさんの局が参加しているのですが、みんさんQRP5W以下なので 比較的落ち着いた雰囲気のコンテストになっています。



当局は13時のスタートから15時前まで、1エリア以北が開けていた14MHzバンドで参戦。その後は、19時ころまで7MHzと14MHzを行ったり来たりしていました。 19時から3.5/1.8MHzのコンデションが上がるのを待っていましたが、ノイズ が多くて大苦戦・・・ 1.8MHzバンドなど、6エリア1局のみのQSOでした。

また、いつも聞こえる県内局とQSO出来なかったのも残念!(山口県 33 はマルチ無しでした)

 

 


「 2022年QRPコンテスト 」でQSO頂いた各局、ありがとうございました!

 

DE  JA4VNE