JA4VNE ☆ Log Book

YG : 山口県 山口市







PHOTO: 沖縄県竹富島 コンドイ浜

佐賀県唐津市天山 10MHz 運用

2022年08月30日 | 旅と無線

828日 日曜日 15時「オー ル佐賀コンテスト 」終了後、移動地の 佐賀県唐津市( JCC#4102) 県道天山公園線沿いの空き地で10MHzバンドの運用を行いました。


▽  JJ4DQY/6局 佐賀県唐津市 天山登山口 駐車場 移動

   


10MHz 運用前の 15時ころには、JJ4DQY/6局(天山 登山口駐車場 移動)を見学に来られた JA6UYE局が当移動地にも立ち寄られ、暫しのアイボールミーティング。 昨夜、DQYさんとUYEさんは50MHzでQSOされており、わざわざ長崎県佐世保市から車を飛ばして見学に来られたようです。

佐世保からわざわざ来らる局も凄いですが、来たくなるような移動運用をされる局も凄いですね( ^ω^)・・・

閑話休題。 ▽  こちらが JA4VNE/6  佐賀県唐津市 県道天山公園線沿い空き地 移動 の当局です。 今まで数々痛い目(?)に遭っているので、目立たぬ移動運用をモットーとしたステルス運用です(hi)



 

「オー ル佐賀コンテスト 」終了後 10MHzバンドCWでオンエアー、予想外の大パイルとなり 50分間で63局にコールをいただきました。 

佐賀県をはじめQSOいただいた各局、クラスターにアップいただいたJL1QQAさん、そしてこのFBな移動地を教えてくださったJJ4DQYさん、ありがとうございました。 

 

DE  JA4VNE/6 


「オー ル佐賀コンテスト 」佐賀県 乗り込み参戦

2022年08月29日 | コンテスト

828日 日曜日 早朝から「オー ル佐賀コンテスト 」へ参戦のため、佐賀県唐津市へ乗り込みました。 コンテストは、27日 土曜日 21時から28日 日曜日 15時JST(0時~06時は休憩)までなので、日曜日朝のハイバンドに期待です!


 

                                    天山 登山口駐車場の JJ4DQY/6 局 


移動場所は天山(1,046m)登山口 駐車場(佐賀県唐津市厳木町天川)から少し下った、県道天山公園線沿いの空き地です。上の駐車場では、同じく佐賀県 乗り込み組の JJ4DQY/6 局が土曜日から移動中(上の写真)でした。OMのアンテナ、リグとも移動用とは思えないすばらしいもので、このシステムの見学も兼ねて勝手にやってきました。

さて、当局のオール佐賀コンテスト参戦結果ですが、50MHzバンドまで爆発的ではないものの良好なコンデションで、佐賀県内局ということもあってランニングすれば結構コールをいただきました。 7MHz~50MHzまでアンテナはギボシ式ダイポール。やっぱりフルサイズはストレスがなくっていいですね!!


   

 

天気もお空のコンデションもFB。 標高が7、800mくらいある(正確に調べていない)当局の運用地は、8月末ながら秋風が吹き始め、少し肌寒かったです。 絶好のハイキング(登山?)日和のせいか、県道天山公園線は車がとても多く、車の終点・登山口 駐車場に移動中の JJ4DQY/6 局は大変だったようです。

主催県・佐賀各局、コールいただいたコンテスト参加各局、ありがとうございました。

 

DE  JA4VNE/6  佐賀県唐津市


QRPコンテスト結果が発表されています

2022年08月25日 | コンテスト

JARL QRP CLUB 2021年 QRPコンテスト および 第2回 IC-705ユーザーQSOパーティの発表 」が JARL QRP CLUB のサイトでアップされています。

11月3日開催の「 QRPコンテスト 」は昨年のことなので、記憶力が経年劣化した当局は出たような気もするし、出れなかったような気もする・・・(hi) サイトで確認してみると、3.5MHz バンドG35(メーカー製リグの種目)で10位/21局中でしたね~

 


 ★ 2021年度 JARL QRP CLUB 主催コンテスト > 結果 から抜粋

   当 局のQSO数(3.5MHzでエントリー)

 


経年劣化した記憶を呼び戻してみると、この「 QRPコンテスト 」開催時には7MHz CW周波数など、静かだけど賑やか(?)と不思議なバンド状況に変身していました。ちなみに7MHz バンドG7(メーカー製リグの種目)でのエントリー数は98局と、人気のコンテストですが入賞は各種目とも <1位のみ> です。

入賞するにはとてもハードルが高く、メーカー製( G部門)や自作機(H部門)での 移動も絡めたQRP運用を楽しむコンテストというところでしょうか。

きゅうあ~るぴぃ~コミュニティ 主催「  QRP Sprintコンテスト 」のように、各エリア別 1位表彰があればうれしいんですがねぇ~

 

DE  JA4VNE


QRP Sprintコンテスト 4エリア第1位 (Q14)

2022年08月22日 | コンテスト

5月1日 日曜日に開催された、きゅうあ~るぴぃ~コミュニティ 主催「 第13回 QRP Sprintコンテスト 」の結果が発表されました。

このコンテストの規約で、『 電信電話シングルバンド部門は、複数の種目に参加し申請できるが、同一バンド内においてはQRP/QRPp何れか一方に限る。 』ということなので、7MHz QRP(P7)と14MHz QRPp(Q14)でエントリーしました。

 


 第13回QRP Sprintコンテスト から抜粋

 

~70位までは省略させていただきました。

-------------------------------------------------------------------------------------


すべてCWモードでしたが、7MHz  (P7=出力5W) はさすがに強豪局が多くて、結果は 19位/70局中。エリア入賞もできませんでしたね・・・★昨年は7MHz(Q7)で4エリア1位でした。 一方、14MHz (Q14= 出力0.5W) では 3位/9局中で、4エリア1位をいただきました。ありがとうございます。

QRP Sprintコンテストは耳の良い局が多いので、QRPp でエントリーする方が入賞できる可能性が高いですね!

 

DE  JA4VNE


夕方の21MHz DX伝播テスト

2022年08月17日 | コンデション

まだお空のコンデションは夏枯れなのでしょうか? 前サイクルのツゥィンピーク時(2012~14年ころ)にはお盆が明けた辺りから秋のコンデションが始まり、21や28MHzが DXメインバンドになっていたのを思い出します。果たして今年はどうなんでしょうかねぇ・・・

今日、8月17日 夕方。 21MHzバンドをワッチしても、当 Poor-System ではDXがあまり聞こえてきません。実際のところはどうなのか? 最近ハマってる Revers Beacon Network を使って飛び具合を確認してみました。出力は200Wで、アンテナは11mH 7/21MHz用 2EL YAGI 。ビーム方向は 北西 330°です。5分間ほどCWでCQを出してみた結果です。



一応、ドイツやイングランド方面まで飛んで行ってはいるようですが、Snr 10db以下・・・ 信号はとても弱いようで、コールバックがまったくないのも仕方ありません。デジタルをやらない当局にとってDX=CW。秋のDXシーズンが待ち遠しいこの頃です。

 

DE  JA4VNE


「 真夏の祭典 」KCJコンテスト

2022年08月16日 | コンテスト

CWマン「 真夏の祭典 」KCJコンテスト(全国CW同好会 主催)が、8月13日(土) 21:00 ~ 14日(日) 21:00JST に開催されました。 

当局が一年の中で最も力を入れているコンテストのひとつですが、今年はお盆シーズンと重なり、6エリアからやってきた ” ちびっこオペレーター " たちが度々シャックに乱入してきて、 落ち着いて参加することが出来ませんでした。(hi)



12時間遅れの 14日 日曜日 朝9時からスタート。 出遅れたのでローバンドはパスし、ハイバンドで勝負することにしました。 結果は上のとおりで、一番QSO数の多い14MHzでエントリーしました。QSO頂いた各局、ありがとうございました。

毎回感じることですが、KCJコンテストに参加している各局はオペレートがとてもスムーズでFB!気持ちよくQSOができました。さすが名門CWクラブ主催のコンテストだけのことはあります。(ヨイショ!)

DE JA4VNE


フィールドデーは中津市八面山に移動

2022年08月08日 | 旅と無線

 2022年8月6日(土)21:00から7日(日)15:00(JST)まで開催された 「 第65回 フィールドデーコンテスト 」は、大分県中津市にある八面山に移動しました。朝は気持ちの良い青空が広がっています。


 


 

移動は7日 日曜日の早朝。高速道路を使って山口から中津まで車を走らせて来ました。中津市の八面山は各局が移動される定番の場所ですが、当局は初めてなのでどこで運用すればよいのかわかりません・・・

地元テレビ局のアンテナが上がっている展望台近くに大きめの駐車場があったので、そこで50MHzバンド用ヘンテナを上げることにしました。ここは樹木が駐車スペースまで張り出していて、日陰になってよいのですが、アンテナを上げるのに少し邪魔です。HF用ダイポールも持参したのですが、ここで上げると他の車の邪魔になりそうなのでモービルホイップで対応します。

リグはモービルに設置しているIC-7000M。電力大食いトランシーバーなので、コンテストはHFバンド 10W、50から430MHzバンドは20W に設定して省エネ運用です。 『 59(9)44L 』のコンテストナンバーを出します。


 


 

結果です・・・・ 50MHzバンドは 和歌山、広島、山口、高知、愛媛、福岡、大分、宮崎 の 8県のみでした。他にも聞こえていましたが、ヘンテナに20Wではコールバックがないケースが多かったです。 Eスポが発生せず、結構暇なので、HFや144/430MHzにも出てみましたが、あまり飛びませんでした。 今日のコンデションでは、モービルホイップ+10WはCWでもきつかったですね~

八面山の移動場所としても、ここはちょっとよろしく無いかもしれません。次回までに研究しておきたいと思います。


 

     



QSO頂いた各局、ありがとうございました。

DE  JA4VNE/6


猛暑日、自動改札でやってしまった

2022年08月06日 | Weblog

無線と関係がないのですが、昨日(8月5日金曜日)自動改札機でやってしまったお話です。

下関市内での仕事を終え、JR下関駅から新山口駅まで山陽線と新幹線を乗り継いで帰ります。 いつものように胸のポケットには乗車券と特急券・・・ 今日は猛暑日  ι(´Д`υ)アツィー です!! 汗で切符が湿っていたのでしょうか? JR新下関駅で新幹線に乗り換える際、自動改札機に切符2枚を詰まらせてしまいました。 


     


新幹線の乗り換えまでには時間があり、駅員さんが詰まった切符を取り出すまで待っていました。 

ここは利用客の少ない新下関駅南口側の自動改札機で、かつ改札口にはもう1台機械があるので利用客にはまったく影響はありません。 ただ、機械が復旧するまで約10分間・・・ 駅員さんには大変迷惑をかけてしまいました。



JR用語で「便宜乗車」と言うようですが、こんな書類を発行してもらい、新幹線で下車した新山口駅で破れた乗車券(特急券は無事)を有人改札で渡し、会社のある山口市小郡に帰着しました。 暑い日、うっかり胸のポケットに切符を入れておくと、こんな目に遭うことになります・・・

教訓 ⇛  猛暑日、自動改札にもご注意を 

 

DE  JA4VNE


局免有効期限の1年前を超えた日? 

2022年08月03日 | Weblog

6エリアのコールサイン「 JE6QYK 」(常置場所=福岡県北九州市小倉南区)の局免有効期限が、平成35年8月3日までとなっています。 つまり来年(平成35➡令和5年)の今日までなので、申請手続きを忘れないように<暇な>今日のうちに『 総務省 電波利用 電子申請・届出システム Lite 』で「 再免許申請 」をすることにしました。

無事申請ファイルをシステムに送信し ひと安心していると、次のような『 申請・届出の自動チェック結果 補正依頼のお知らせ』通知が届きました。



今日は局免有効期限の1年前を超えた日(つまり申請ができる日の1日前?)なので、まだ申請ができないということのようです。 この通知はシステムが自動で行った事前チェックのようですが、保留すると九州総通さんの手を煩わすことになる(催促が来る)ので、即「 取下げ願 」を電子申請で提出しました。

民間なら『 今日のところは保留にして、明日付けで受付をしておきますね~ 』で済みそうなところですが、やはりお役所は許してくれません・・・



明日以降で、再度「 再免許申請 」することになりますが、お国から免許を戴いている以上「 総務省令電波法施行規則 」を熟知し、規則内容に従った正しい申請を行わないといけませんでした。(反省・・・)

 

DE  JA4VNE


もっと コールサイン を出しましょう!

2022年08月03日 | Weblog

8月3日水曜日 朝10時台、北海道の記念局「8J8〇〇〇」がクラスターにアップされていました。書き込みのあった 50.185MHz CWをワッチすると、確かにそれらしき信号が599で入感しています。



しかし、いくら経ってもコールサインが出てきません・・・ 当地からはQSO相手局の信号がスキップして聞こえませんが、多分パイルをさばくのが忙しい(!)のでしょう。コールする側もクラスターだけ見て、コールサインを確認せずQSOしている局が多いのでは? 

「QRZ ?」と出しながらも自局のコールは出さないというパターン・・・ どうもこの記念局がコールサインを出すタイミングは、コールされなくなった時だけのようで、15分くらいワッチして2回ほど「8J8〇〇〇」と「JCC****」が出ました。


(総務省の指導)愛称やサフィックスのみの送出など、コールサインを省略しての通信は違法です。周囲のアマチュア局からも不法局と誤解されますので、少なくとも10分に1回はコールサインを送出しましょう。


上の総務省の指導内容からすると、15分に2回は出ていたのでよい方かもしれませんが、QSO相手も次々変わっているし、記念局という性格上、これは如何なものでしょうか? ワッチしててイライラしてしまい、体に良くないのでブログで訴えてみました!(hi)

 

DE  JA4VNE


IOTA Contest ちょっとだけ参加

2022年08月01日 | コンテスト

7月最終週末は RSGB Island On The Air (IOTA) Contest でしたね。 7月30日(土) 21:00 ~ 31日(日) 21:00 (JST) までの24時間開催でしたが、当局は用事があり残念ながらちょっとだけの参加となりました。

マイPoorシステムで、しかも日曜朝夕のスポット参加でなので「 あくまで個人的な感想 」ですが、 21MHzはAsiaなど近場が中心、14、28MHzは夏枯れ~ 状態でした。7、3.5MHzはワッチしていません。


     


 


ところで、IOTAコンテストは 

コンテストナンバー: RS(T)+001 から始まる連続番号+IOTA番号(大陸局はなし)

 なので、慣れないと少し手強いナンバーです。 相手局からハイスピードCWで送ってくる連番を何とか聞き取り(時に4桁で慌てる)、ほっとする間もなく畳かけてくる ITOT番号——

PCでCTESTWIN を動かしたQSOでも、まったく気が抜くことが出来ないコンテストです! もっとも、これが楽しいかも・・・ 当局は相手に分かりやすいように25-27WPMくらいに落として『 5NN␣001_AS7 』と、スペースを開けたコンテストナンバーを送っています。ちなみにマイコールサイン自体も分かりにくいので、『 JA4_VNE 』 とCTESTWINで設定しています。

IOTA  Contest は、集中力を求められるDXコンテストです。来年は何とかフル参加して「 滅び逝く マイ脳の復活!! 」を図りたいと思います。(hi)

 

DE  JA4VNE