JA4VNE ☆ Log Book

YG : 山口県 山口市





★PHOTO @沖縄県竹富島

オールJA5コンテスト

2021年07月18日 | コンテスト

7月17日(土) 21:00 ~ 7月18日(日) 21:00 まで 2021オールJA5コンテスト (JARL四国地方本部 主催)が24時間開催されました. 当局、土曜日の 20:00までに電通大コンテストに参加していたので、1時間後に始まる JA5 TEST は次の日のお楽しみにしてパス!

7月18日(日) 10:00よりのオールJA5コンテスト参戦となりました.好きなハイバンドが開け出したのは午後から.昨日に続いてFBなコンデションでした.ただし、50MHzバンドは聞こえても取ってもらえませんでした.5エリア各局のビームが東を向いているので、山口からは厳しいですね・・・



結果は上の通り.14MHzバンドは午後から5エリアが " ガッツリ " 開け、他エリアからのパイルに勝てました! コンデションはいいのですが、CWでは相手が居なくなり、SSBでも声を出しました. なので、今回は 四国外局14MHz 電信電話部門でログを提出しました.

QSOいただいた 5エリア各局、ありがとうございました.  たまには、西にビームを向けてもらえると有難いです・・・

 

DE  JA4VNE

コメント

電通大コンテスト

2021年07月18日 | コンテスト

第40回電通大コンテスト (電気通信大学無線部 主催)が 7月17日(土)17:00 ~ 20:00 JST に開催されました.CWモードのみの3時間ですが、概ね参加局のレベルが高いコンテストです.幸い土曜日は17時を過ぎてもハイバンドのコンデションがよく、 3.5,7,14,21,28,50MHz帯のすべてでQSOができました.

 



   


 

電通大コンテストのコンテストナンバーは上記(右)のように従事者コードも送付します. 当局のログで のべ  79 QSO's の内、UEC(電通大関係)局  7、H(1アマ)局  64 でした.UEC局も1アマと仮定すると、約90%の局が「1アマ」相当の資格を持つ局だったことになります.すごいコンテストですね~ 記事の冒頭で「概ね参加局のレベルが高いコンテスト」と書きました.資格とレベルが比例するとは限りませんが、DXコンテスト並みのスマートなQSOが多かったですね!   勉強になります. なお、当局は ” えっち ” ではありません ( ´艸`)

今年はQSOの多かった 28MHz と 50MHz でログを送りました.(シングルは2バンドまでログ提出OK!)QSOいただいた各局、ありがとうございました.

 

DE  JA4VNE

コメント

IC-705 Bluetooth ヘッドホン

2021年07月12日 | 周辺機器

ICOM IC-705には周辺機器とBluetooth 接続する機能があります.今回、オーディオ用 Bluetooth ヘッドホンを購入して705に接続して使ってみました.

 ▽  アルペックス社 WIRELESS HEADHONS 「INDUCAS」BTH-A4000 (家電量販の在庫処分で3.5K JPY!)

 ▽  Bluetooth の他、AUXコード(付属)で有線接続もできるので他のリグでも使える!

比較的安価な商品の割には軽いのにしっかりしており、気になる頭部にはクッションも丁寧に施されフィット感がとてもGoodです.(他社の同クラスのヘッドホンには頭部にはクッションが無いので、薄毛オヤジの長時間運用には辛い!) 

IC-705との Bluetooth 接続も簡単!  ペアリング後はヘッドホンの電源をONすると、705のスピーカーから切り替わります.音質も当局的にはとてもFBな聞き心地です.通信用マイクが左側ハウジングに埋め込まれており、送受信切り替えボタンもあるので緊急時には使えそうですが、あくまでスマホの電話用・・・ 無線で使うには高感度過ぎるし、送受信ボタンも押し辛いので、マイクは705付属のものを使うのが正解です.

ヘッドホンの最大連続再生時間は約18時間、充電時間は約2時間です.AUXコードで有線接続すれば電源不要のフツーのヘッドホンとしても使えます. まだ買ったばかりなので、長所短所の発見はこれからですが、値段の割にはツカエルかな~?と思います.IC-705以外のリグにも有線接続して使い心地を試して行きます.

 

DE  JA4VNE

コメント

IARU HF World Championship Contest

2021年07月11日 | コンテスト

2021 IARU HF World Championship Contest が 7月10日(土)21時JST~11日(日)21時JST に開催されました. 当局は STAYHOME を決め込んで、CWオールバンドで参戦しました.

出力200W +2EL(7/21/28MHz) or DP(1.8/3.5/14MHz) ではメジャーなWorldWideコンテストでの入賞など全くもって無理な話しなので、自己目標として 300 QSO's を設定してがんばりました.このコンテストは国内外局ともQSOが得点になるので、バンドを選べば  ほぼ 一日中 STAYHOME が楽しめます. 

 


      


 

結果は    314 QSO's !  日曜日は各バンドとも比較的コンデションもよかったので、何とか目標300QSO'sをクリアできました.国内外局のQSO比率は ほぼ半々.ログは CWオールバンドHPでARRLへ送りました.

今回のQSOで 最北端局は ITU-Zone2 VE7CC(7MHz)、最南端局は -Zone55 VK4DX(14MHz)、最西端局は -Zone37 EF4HQ(14MHz)、そして最後のお願いCQを出していた終了8分前にコールをもらった Zone14 CX5FK(7MHz)が当局の最北端局でした.今回もアフリカはまったく聞こえませんでした・・・ 

★  ITU Zone Map はこちら <©EI8IC>  

各局、ありがとうございました.

 

DE  JA4VNE

コメント

6m AND DOWN コンテスト

2021年07月04日 | コンテスト

2021年7月3日(土)21:00~4日(日)15:00(JST) 第51回 6m AND DOWN コンテスト が開催されました.  頼みの6mバンド、なかなかコンデションが上昇せず苦戦・・・ コンテスト合間のローカル局とのラグチューで『このコンテストはEスポが出ないと田舎はきついよね~』とおっしゃってましたが、その通りです! おまけに、日曜日の午前中は地区の環境整備作業(草刈り)で 3時間のロスです.

 

     

-------------------------------------------------------------------------------------

6mの Eスポは、コンテスト終了直前の 4日(日)14時前にようやく発生! 8エリアのみでしたが、15局とQSOが出来ました.  ログは「50MHzバンド 電信電話部門(X50)」で提出. QSOいただいた各局、ありがとうございました.

 

DE  JA4VNE

コメント

幻の「IC-705 QSOパーティー」

2021年07月03日 | コンテスト

前記事のとおり「祝 IC-705販売 1周年記念 QSOパーティー」と題したQRPで運用する IC-705ユーザー対象の「QSOパーティ」が、明日 7月01日(木)~7月05日(月)<705>まで開催~ されているはずなんですが、HFでは参加局がまったく聞こえません・・・

一応、主催者の JARL QRP CLUB 会員なので各バンドで " CQ ICP " を出したりしてみたのですが、QSO出来たのは土曜朝、7MHzのCQに応答いただいた5エリア1局(7MHz)のみです.一番賑やかな朝夕に 7MHz CW/SSBをワッチ&CQするも参加局なし~

たしかに今日はデリンジャー現象が発生する等、コンデションもイマイチですけど、これでは「幻のQSOパーティ」になりそうです.規約を読み直しても、参加対象はIC-705のユーザーだけど、相手局はIC-705ユーザーでないといけないのか否か?  他のコンテストに便乗OK?とか書いてあるので、コンテストナンバーで当然リグは判別できないし・・・・ 申し訳ないけど、ちょっと分かりずらい規約ですね.

当局、一旦「IC-705 QSOパーティー」に見切りをつけて、6m  AND DOWN コンテスト・モードに切り替えます!!

 

DE  JA4VNE

コメント