JA4VNE ◆ Log Book

アマチュア無線局 JA4VNE

山口県山口市

Elecraft KX2 (その7)

2017年02月26日 | Weblog

春よこい~早くこい~

★ TSSからのメール

『このたびは、保証をお申し込みいただき、誠にありがとうございます。
お申し込みいただきました保証は、2月24日付で実行し、その旨を、
所管の総合通信局へ通知いたします。』



1月29日TSSに依頼したKX2の保証認定が下り、中国総通に申請

ファイルとTSS発行の技術基準適合の保証書(変更)を送付しました。


この間TSSへは何度も電話やメールで催促をしましたが、実質1名で

作業をしているらしく(中国総通の話)、迅速さにおいてJARDと比べ

ものになりません。


また途中、申請ファイルの修正指示が2度ありました。

一箇所修正して出すと次は違う箇所の修正を求められるなど、申請

する側としては、全部チェックして一度に言ってよ!って感じ・・・・・。

まぁ今回無事の保証をもらったので、とりあえず感謝しておきましょう。


さて、変更許可を待つ KX2 ですが、こんな状態なのでいまだ出番なし!

ゆっくり移動用の周辺グッズでもそろえ、待つことにします・・・・。


そのグッズは、まずは、コレ!


 

Dowonsol ブースター変圧器

トランス自動車直流コンバータ密封防水 ナビゲーション電源

DC-DCコンバーター 変換器アルミニウム殻 (12V→13.8V 18A 248W)

参考価格: ¥ 4,700
価格: ¥ 2,900
セール品: ¥ 2,750


 


格安の中国製らしき?昇圧器を、アマゾンで ¥2,750 購入しました。

信頼の昇圧器、MFJ-4416B はモービルに積みっぱなしなので、KX2で移動して

出力10Wが出せるように、コレを買ってみました。

なんとMFJの 1/10 の価格なんですが、ちゃんと動いていますね!!



移動用バッテリーも新しくそろえました。

オートバックスで商品入れ替えのため、特価で売っていました。

 

パナソニック製(と思う) AQバッテリー 60B19R ・安心・長持ち(メンテナンスフリー)

お値段は、約8,000円でした。



後は、春(KX2に貼る総務省の免許票)を待つだけです!


春(貼る)よ来い 早くこい

あるきはじめた みー(Kx)ちゃんが

赤いはなおの じょじょはいて

おんもへ出たいと 待っている


春よ来い(原作詞:相馬御風)



(続く)

DE: JA4VNE




コメント

Elecraft KX2 (その6)

2017年02月13日 | Weblog

TSSはやっつけ仕事?

エレクトロデザインが作成した KX2の日本語マニュアルに、

変更申請の保証認定はTSSを前提に書いてあります。

JARDではダメなのかEDCに電話で確認したところ、

既に保証の実績があって融通も利く(?)ので

TSSの方がお勧め的な回答でした。

依頼から2週間・・・・

なんの音沙汰もないので、先週TSSへ電話すると、

郵貯振込みは確認に手間がかかるので・・・

(当局の送付したデータの受付番号を確認すると)

今、XX番台(の依頼)を やっつけてるから、

お宅はXX番台なので、もう少し時間がかかる・・・とか。

まだ見てくれてもないのかい? TSSさん!

DE: JA4VNE

コメント

Elecraft KX2 (その5)

2017年02月09日 | Weblog

”すったもんだ” の末、

KX2が、マイ・シャックに戻ってきました!

電源はこんな感じで、2つのボタンを同時押しー


今回、予算の関係でマイクを買わなかったのですが、

なんか、ヤエスのハンディのスピーカー・マイクが使えそう・・・

 

 

やっぱり使えました!

マイクのスピーカーと、PTTは無効となりますが、

なかなかいいモニター音です。

 

SSBを送信する時は、このキー(XMIT)を押せばよい。

※このリグには、音声モニター機能があります!

ハウリングを起こすので、送信時はモニターを切るほうがよい。


 

なお、オプションのリチュウム電池は通常の使用(?)で8時間もち、

しかも10Wが出せるとマニュアルに記載があります。

実際の運用では果たしてどうなのか、期待が高まります。

 

 

ちなみに、日本製リグなら電池を本体に内蔵したまま充電が

できるのが当たり前ですが、

KX2 は、このように本体から電池を取り出さないと

充電ができません。

オプションのKXI02(RTC)は電源が接続されていない場合、

最大2時間はバックアップ電池で保持されますが、

それを過ぎると、時計機能がリセットされます。

但し、時計以外の設定は保持されているようです。


私の場合、

夜間など ”ほったらかし充電” することが多いので、

オプションのリチュウム電池は2個は必要でした・・・・。


ちなみに電池が2個あれば、

移動で16時間運用が可能かも!!

 

(続く)


DE: JA4VNE

コメント

Elecraft KX2 (その4)

2017年02月09日 | Weblog

アンビリーバブルなエレクトロデザインの

対応に怒り心頭し、今回は 「 着払い 」

で送り返しました。

※前回は、早く修理してほしかったので元払い 

↑ 我ながら、いい客だと思うけど・・・・

 

2月7日 KX2 Again!

エレクトロデザインからお詫びのメールとともに、

再び KX2 が戻ってきました!

↑ このワッシャ類は、なんと! 

ファイナルのトランジスタを留めていたヤツらしく、

心配?した特殊なビスも箱の中から出てきたとか・・・

KXIO2(オプションのリアルタイム・クロック)を

修理する際、付け忘れた??ようで、

ちょっとありえんでしょー。

 

インターネット上での日本語情報が少なく、

KX2が気になる各局の参考になれば~と思っているのですが、

これでは、みんな引いてしまいそうで・・・・

(続く)

 

DE: JA4VNE

コメント

Elecraft KX2 (その3)

2017年02月09日 | Weblog

やっと手にしたKX2を、わずか3日で送り返すハメに・・・・

→(修理結果)KX2本体の抵抗が破損していました

・・・・・・・・・。

こんなことがあるから、

外国製品を個人輸入したりするとリスキーですね。

今回はもちろん、エレクトロデザインの保証対象ですので安心!

 

 申請時用に5MHz帯 が送信できない設定になっている旨の 

  「証明書」 も添付されている (申請には必須)

 

・・・と、安心してKX2の修理を待っていると、

アンビリーバブル!!

2月3日、エレクトロデザインから、

本体内部の抵抗の破損を修理した旨の伝票とともに、

KX2が戻ってきましたが、なんか がらがら いうので、

裏ふたを開けると、こんなものがでてきました! 

なんじゃこりゃー!(怒)

(続く)

 

DE: JA4VNE

 

コメント

Elecraft KX2 (その2)

2017年02月07日 | Weblog

2017年1月9日Webで注文 → 宅急便で 1月27日到着。

★ 現在、TSSへ保証認定を依頼し、変更申請中 ← なしのツブテ!

( ↑  画像 ) ELECRAFT社 WEBから

届いたKX2は、なんと初期不良だった!

オプションで、

アンテナ・チューナーとリアルタイム・クロックを同時注文しました。

しかし、納品書に明細があるものの 現物が見当たらない!

たぶん組み込んであるものと思い、KX2の日本語マニュアルを

参照にしながら作動を確認 ---------

アンテナ・チューナーは瞬時に作動するので、

たしかに本体に組み込んであるようです。 

購入時に組み込んであるのは、とてもありがたいが、

その旨が納品書にまったく記載がないのは不親切!

 

一方、リアルタイム・クロック(RTC)はまったく反応しない・・・?

といっても、デジタル時計を合わせる要領で設定するだけだから、

そんなに難しくはないんですけどね。

 

エレクトロデザインにメールで不具合を伝えると、通り一遍等な

設定の指示が返ってきて、それでもダメなら 「どこかおかしい」

ので送り返してくれとのこと・・・・

やっと手にしたKX2を、わずか3日で送り返すハメに・・・・

 

まぁ、変更申請もまだ下りそうにないし、まぁいいか! 

(続く)

 

DE: JA4VNE

 

コメント

Elecraft KX2 (その1)

2017年02月04日 | Weblog

Elecraft KX2が2016年5月発表されてから、

ずーっと気になっていました。


インターネット上でも日本語の情報は限られていますけど、

おおまかに言うと3.5MHz-28MHz、SSB CW、

電池・アンテナチューナー内蔵のハンディ型トランシーバー

というとこでしょうか。

本国(米国)では、キット販売もしているようです。



JAでの輸入代理店は エレクトロデザイン(株)で、

サポート付き(又は、なし)で輸入販売を行っています。


同社のWEBサイトを見てもドル建価格で、

またオプションの説明も十分でなく、大変分かりにくい内容。

いったいどれだけ予算が必要かなのか?不安を感じつつも、 

”ぽちっ” と購入をしてしまいました。



注文したのは、次のとおり。

■輸入代行依頼品
------------------------------------------------------------
ELC-550 KX2 80-10m Xcvr $749.95 × 1個 = $749.95
ELC-560 KXAT2 KX2 アンテナチューナー $179.95 × 1個 = $179.95
ELC-561 KXIO2 KX2 リアルタイムクロック + I/O $69.95 × 1個 = $69.95
ELC-562 KXBT2 KX2専用リチューム電池 $59.95 × 1個 = $59.95
ELC-563 KXBC2 KX2 チャージャー $24.95 × 1個 = $24.95
ELC-568 KX2GNDPULG KX2 アース専用プラグ $6.95 × 1個 = $6.95

----------------------------
合計        :  $1,091.70

(サポート 契約別途)


マイクや、専用キーは予算の関係で注文を見送りました。

なお、エレクトロデザインでは在庫を持っていないようで、

注文の都度輸入をしているようです。


そして入荷して初めてわかる、支払い金額は次のとおり。


KX2 80-10m Xcvr                        128,762円
KXAT2 KX2 アンテナチューナー            29,199円
KXIO2 KX2 リアルタイムクロック + I/O    11,698円
KXBT2 KX2専用リチューム電池              7,953円
KXBC2 KX2 チャージャー                    3,593円
KX2GNDPULG KX2 アース専用プラグ          1,350円
  梱包、送料                              1,000円
  消費税                                  14,684円
  合計                                  198,239円


サポート込みですが、結構なお値段になりました・・・・・。



 

2017年1月9日Webで注文 → 宅急便で 1月27日到着。

現在、TSSへ保証認定を依頼し、変更申請中。


もっとも今、手元に KX2はありません???

実は、この後 国産TRXではありえない

 ”すったもんだ” の連続中なんですが、

今日のところはこれまで~~



お陰でブログのネタがたくさん~ (続くよ)

 Inport From U.S.A    Viva トランプ!(アメリグ高すぎ)


DE: JA4VNE

コメント