JA4VNE ☆ Log Book

YG : 山口県 山口市





★PHOTO @沖縄県竹富島

IC-705 3週間目

2021年04月15日 | ICOM IC-705

ICOM IC-705 が当シャックにやってきて3週間が経ちます.このリグの導入目的は「移動運用」用ではなく「固定運用」用で、主にウォーターフォールを使って50MHz や 21MHz バンドを監視すること、7/21/50MHz 3バンド  トラップ・ダイポールにつないでいます.メインの50MHz はEスポ シーズン間近ですが、まだ発生をキャッチできていません.

かつての ICOM HF/50MHz エントリー固定&移動機 IC-7200 の上に鎮座した IC-705、変更申請許可後も ひたすらワッチオンリーの「固定運用」を続けています. ほとんど「送信」していませんし、144、430MHz バンドはアンテナすらつないだことがないので、各局の役に立つようなユーザーレポートはできません. ただ1つだけ気付いたことは、今まで使ったことのある「バッテリーパック運用」ができるポータブル/ハンディ機と違って、この IC-705 は外部電源で運用するときにも バッテリーパックは必ず必ず装着をしなければいけない ことです.(では、サードパーティから発売されているバッテリーケース型クーリングファンはどうなん?という疑問も・・・)

シャックでの「固定運用」終了時、5台の安定化電源を一斉にOFFすることでリグの電源も落としており、個々のリグの電源をOFFすることはなかったのですが、IC-705 だけは電源ボタンをOFFしない限り生きています.うっかりOFFするのを忘れてシャックを出ると、バッテリーパックの容量が無くなるまでバンドを監視し続けます・・・


 

▽ ICOM IC-705 取扱説明書から抜粋


 

ジャンルは「移動運用」用ポータブル機ですが、取扱説明書をいくら読んでも当局の頭には記憶できないくらい超・多機能です.144/430MHzバンドやDVモード、GPS、 Bluetooth などHF/50MHz 固定機にない機能がたくさんあるので、取説が暫く手放せません.こんな固定機並み、いや並みの固定機以上の機能を持つリグを「固定運用」用に活用しない手はありませんよね!

 

DE  JA4VNE

コメント   この記事についてブログを書く
« KCJ Top Band Contest 賞状 受領 | トップ | 50MHzバンド・Eスポ発生! »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ICOM IC-705」カテゴリの最新記事