JA4VNE ☆ Log Book

アマチュア無線局 JA4VNE

山口県山口市

NICT 宇宙天気予報センター

2019年05月29日 | コンデション

今年も本格的なEスポシーズンがやってきました.

NICT(情報通信研究機構) 宇宙天気予報センター のサイトは、黒点数を見て

HF(特に)ハイバンドのコンディション把握に大いに役立っていました.

しかしこの数年は、サイクル24が終わり25が始まったのか否か?諸説ある中

このような ↓ 状態が続いています.

 

 

黒点がほとんど見えず、宇宙天気を楽しく見ることがなくなっていたのですが、

どっこい、2018年6月にリニューアルをされたウェブサイトは結構楽しい内容と

なっていました!

最近、当シャックではいつも宇宙天気の現状/トレンドを常時ワッチしています.

データは5分おきに更新され、右にある 『スポラディックE層』をひと目見れば

HF~50MHzまでのコンディションが即把握できます.この画面で稚内でEスポ

観測をされていますので、アンテナのビーム方向を8エリアに向けてワッチしたり

しています.

 

 

C1ch(49.75MHz)中国TVの映像信号もアルインコDJ-06DXで音声を受信していま

すが、沖縄が ”Lv.3”になるとTVの信号も59オーバーになり、BやBY、JS6沖縄

八重山諸島の局もよく聞こえてきます.50MHzでのEスポQSOはもちろんですが、

各コンテストでのハイバンドの状況把握に大変役立っています.

 

 

DE JA4VNE

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 2019 CQ World-Wide WPX Cont... | トップ | CLUBLOG ~ 詳しいことはわか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

コンデション」カテゴリの最新記事